アイランズモルト独特の個性とは? 【ウイスキー用語集】

アイランズモルト独特の個性とは? 【ウイスキー用語集】
出典 : YuriFineart/ Shutterstock.com

「アイランズモルト」は、その名のとおり「島生まれ」のモルトウイスキー。スコッチウイスキーの分類のひとつですが、どのような特徴を持つウイスキーでしょうか? ここでは、アイランズモルトの魅力や代表的な銘柄などを紹介します。

  • 更新日:

アイランズモルトを生む「アイランズ」はスコッチウイスキーの産地のひとつ

アイランズモルトを生む「アイランズ」はスコッチウイスキーの産地のひとつ

Maffi/ Shutterstock.com

アイランズモルトの「アイランズ」とは、スコットランド北西の島々のこと

「アイランズモルト」と呼ばれるのは、スコッチウイスキーのなかでも、スコットランドの北西から南西にかけて点在する島々を指す「アイランズ地方」で造られるモルトウイスキーのこと。
スコットランドの国土は、北海道と同じくらいの広さながら、地域ごとに自然環境が大きく異なり、その風土に違いがウイスキーの個性にも影響しています。
このため、「ハイランド」「ローランド」「スペイサイド」「キャンベルタウン」「アイラ」、そして「アイランズ」の6つの地域に分類されています。

アイランズは大小数百もの島々の総称

アイランズモルトを生むアイランズ地域には、大小数百もの島々が点在しています。
北から順に、オークニー諸島、ルイス島、マル島、スカイ島、ジュラ島、アラン島と並んでいて、それぞれ蒸溜所を有しています。
ちなみに、ジュラ島を含むヘブリディーズ諸島のなかでも、最南端に位置するアイラ島だけは、とくに「アイラ」として独立した位置づけとなっています。

「アイラ島」が“スコッチの聖地”と呼ばれる理由は?【ウイスキー用語集】

アイランズモルトは、スコッチ6大産地のなかでも個性派揃い

アイランズモルトは、スコッチウイスキーの6大産地のなかでも、とくに個性派のウイスキーが揃っていることで知られています。
その理由は、島特有の気候の厳しさにあります。いずれも高緯度のため寒冷な気候で、海からの強風や波にさらされる厳しい環境のなかで造られるウイスキーは、どの銘柄も独自の輝きを放っています。

アイランズモルトの個性を探る

アイランズモルトの個性を探る

Luca Quadrio/ Shutterstock.com

アイランズモルトは、島ごとに異なる個性を持つ

「アイランズ」と一括りされるものの、島ごとに蒸溜所を擁していて、それぞれが異なる環境のもとで特徴あるウイスキーを造っています。アイランズ各地の大まかな傾向を見ていきましょう。

【オークニー諸島】

遺跡と野生動物の宝庫で自然豊かなオークニー諸島では、ハイランドパーク蒸溜所とスキャパ蒸溜所が稼働。どちらの蒸溜所も強い風が吹く厳しい自然環境のもと、個性的なウイスキーを造っています。

【ルイス島】

スコッチウイスキーに特徴的なフレーバーをもたらすピート(泥炭)に覆われ、美しい水が流れる島。アビンジャラク蒸溜所という、まだ新しく小さな蒸溜所があり、その味わいも若々しいものです。

【マル島】

スコットランド西海岸にあり、入り組んだ海岸線が特徴的なマル島。ここに位置するトバモリー蒸溜所では、「トバモリー」と「レダイグ」という2つの銘柄を造っています。

【スカイ島】

スコットランド北西部の島で、天候が非常に変わりやすく頻繁に雨が降り、濃霧に覆われることも。多くのファンを持つタリスカー蒸溜所では、雨水から生まれる湧き水を仕込み水に使っています。

【ジュラ島】

アイラ島のすぐそばにあり、野生のアカシカがたくさんいる自然いっぱいの島。ここにあるアイル・オブ・ジュラ蒸溜所は200年もの歴史を持ち、ピートを用いるものと、用いないもの2種類のウイスキーを生産しています。

「ジュラ島」産スコッチの魅力を知っていますか?【ウイスキー用語集】

【アラン島】

スコットランド南西部の、クライド湾に浮かぶ島。アイランズのなかでは気候が穏やかで、雨量も安定している過ごしやすい島です。島内のアイル・オブ・アラン蒸溜所では、厳選された大麦麦芽を使い、独自の製法のもとで個性的なウイスキーを生み出しています。

アイランズモルトの代表銘柄

アイランズモルトの代表銘柄

kamnuan/Shutterstock.com

アイランズモルトの人気銘柄を紹介

アイランズモルトは、際立った個性を持つウイスキーが多く、世界中に熱狂的なファンを持つ銘柄も少なくありません。なかでも代表的な銘柄を紹介します。

【タリスカー】

アイランズモルトのなかでも、ひときわ高い人気を持つ銘柄が、スカイ島生まれの「タリスカー」。強烈な塩っぽさに加え、スモーキーな風味と黒コショウのようなスパイシー感を持つ、かなり個性の強い味わいです。その荒々しい魅力はストレートでこそ味わえるといわれますが、初めての人にはハイボールがオススメです。

タリスカー(talisker)スカイ島の自然が育むシングルモルトの魅力

【ハイランドパーク】

オークニー諸島のメインランド島にあるハイランドパーク蒸溜所で生まれるシングルモルト。ハチミツのようなまろやかな甘味にスモーキーフレーバーがほんのり香る、初心者にも飲みやすい口当たりです。

【スキャパ】

ハイランドパークと同じく、メインランド島生まれのシングルモルト。蒸溜所の樽貯蔵庫には海からの磯の香りが充満し、潮の風味を感じられる仕上がり。麦芽を乾燥させる際にピートを使用しないので、さわやかで軽やかな飲み口です。

ウイスキーの甘い誘惑⁈アイランズ・スコッチ「ハイランドパーク」と「スキャパ」

アイランズモルトは、島ごと、蒸溜所ごとに異なる個性があり、飲み比べてみることで、まるで“島巡り”をしているようなたのしみが味わえます。スコットランド北西の厳しい自然に思いをはせながら、味わってみてください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識