「角打ち」は何と読む? その由来や歴史を知ろう【日本酒用語集】

「角打ち」は何と読む? その由来や歴史を知ろう【日本酒用語集】
出典 : mariyaermolaeva/ Shutterstock.com

「角打ち(かくうち)」というお酒のたのしみ方を知っていますか? 「角打ち」は、酒屋さんの店頭に設けられた「角打ち」スペースで、立ち飲みでお酒をたのしむこと。古きよき時代の風習と思いきや、近年、その魅力が改めて見直されているのだとか。そんな「角打ち」について紹介します。

  • 更新日:

「角打ち」は「かくうち」「かどうち」? 語源と合わせて覚えよう

「角打ち」は「かくうち」「かどうち」? 語源と合わせて覚えよう

taa22/ Shutterstock.com

「角打ち」は「かくうち」と呼ぶのが正解

「角打ち」と書いて何と読むか、即答できる人はかなりの日本酒通か呑ん兵衛でしょう(笑)。「かくうち」か「かどうち」かで迷われるでしょうが、正解は「かくうち」ですね。
「角打ち」とは、酒屋さんの店頭に設けられた立ち飲みスペースでお酒をたのしむこと。なぜ、そう呼ばれるようにったのかについては諸説があります。
酒屋さんの一角(いっかく)で飲むから「角打ち」と言うのも覚えやすいですが、それはあくまで後づけで、もともとは「酒を升から飲むこと」だったと言われています。

「角打ち」はもともと「四角い升で、そのまま酒を飲むこと」

「角打ち」は、もともと升の四隅の「角」に口を付けて飲むことを意味していましたが、それが現在の意味に転じた理由は、日本酒の流通形態にあります。
その昔、日本酒は瓶や紙パックではなく樽で流通し、酒屋さんの店頭で、升で量って「量り売り」するのが一般的でした。ところが、自宅まで待てない飲ん兵衛たちも少なくなく、その場で飲みたいというニーズに応えるべく、店頭に立ち飲みスペースが設けられ、升で量った酒をそのまま飲むように。
こうした販売方法が定着するなかで、「升から日本酒を飲むこと」を意味していた「角打ち」が、「酒屋さんの店頭で日本酒を飲むこと」を意味するようになったのだとか。

「角打ち」の魅力とたのしみ方

「角打ち」の魅力とたのしみ方

takasu/ Shutterstock.com

角打ちの魅力は、手軽に日本酒をたのしめること

「角打ち」は、その語源からもわかるように、購入したその場でたのしめる“手軽さ”が魅力ですが、ほかにも多くのメリットがあります。
その1つがリーズナブルさ。店頭でそのまま飲むため、持ち帰るための容器が不要で、その場で飲みたい量だけ飲んで支払うため、大量に買って帰るよりも、その場の支払い額は安く抑えることができます。
店頭の限られたスペースのため、おつまみも低価格な場合が多いので、お財布にやさしい飲み方と言えるでしょう。

「角打ち」でさまざまな日本酒を飲み比べ

「角打ち」のもう1つのメリットが、さまざまなお酒を少量ずつたのしめること。基本的には1杯ごとの支払いなので、1杯ごとにお酒の種類や銘柄を変えたり、同じ銘柄でも飲み方を変えたりしながら、自分の好みの日本酒を探すことができます。
日本全国のさまざまな銘柄を備えた、酒屋さんならではのたのしみと言えるでしょう。

「角打ち」は酒好きたちのコミュニケーションの場

「角打ち」の最大の魅力と言えるのが、酒好き同士のコミュニケーションでしょう。「角打ち」に訪れるのは、近所に住む酒好きだけではありません。仕事帰りの人もいれば、旅行中の人もいて、その地の銘酒を求めて遠くから訪れる人もいます。
見知らぬ人同士でも、狭い空間で一緒に酒をたのしむことで、自然に会話が弾むもの。もともと日本酒はすぐれたコミュニケーションツールですが、「角打ち」という飲み方は、その魅力をさらに高めてくれるでしょう。

「角打ち」にも新時代が到来! 「ネオ角打ち」とは?

「角打ち」にも新時代が到来! 「ネオ角打ち」とは?

taka1022/ Shutterstock.com

「角打ち」が都会のオシャレなスポットでもたのしめる!

「角打ち」は、下町などの古くから地域に親しまれてきた酒屋さんで行われるのが一般的ですが、最近では、日本酒の魅力をより広く発信しようと、若者たちが集まる都心のスポットでもたのしめるようになり、「ネオ角打ち」として注目されています。
都内で角打ちをたのしめるオススメのスポットをいくつか紹介しましょう。

【伊勢五本店(中目黒)】

伊勢五本店は、宝永3年(1706年)創業という歴史を持つ老舗の酒屋さん。「造り手と飲み手の架け橋となるのが酒屋の仕事」とのポリシーのもと、2015年にオープンした中目黒店の一角に「角打ちスペース」を設け、季節ごとのおすすめ銘柄や、そのお酒と相性の良い手造りおつまみを提供しています。

株式会社伊勢五本店
公式サイトはこちら

創業300年の老舗酒店が仕掛ける、角打ちスペースの魅力を探る

【住吉酒販(日比谷)】

住吉酒販は、福岡県博多が本拠ですが、「正しい食文化を追求し、自然との豊かな調和をめざす」との理念を表現したフラッグシップ店舗として「東京ミッドタウン日比谷店」を設けています。店内ではお酒だけでなく食品や食品雑貨も揃っていて、「角打ちコーナー」では、その最適な組み合わせが提案されています。

住吉酒販
公式サイトはこちら

お酒好きの女性に“ひとり贅沢ハシゴ酒”のススメ ~銀座・日本酒編~

「角打ち」は、今も昔も、おもに日本酒の魅力を広めるコミュニケーションの発信地として、日本酒好きの人々にとって欠かせないスペースとなっています。まだ「角打ち」を体験したことがないという人も、一度は試してみませんか?

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識