「トワイスアップ」はウイスキーの香りを引き立てる飲み方【ウイスキー用語集】

「トワイスアップ」はウイスキーの香りを引き立てる飲み方【ウイスキー用語集】
出典 : Eco Pim Studio/ Shutterstock.com

「トワイスアップ(トゥワイスアップ)」というウイスキーの飲み方を知っていますか? トワイスアップは、ウイスキーに常温の水を同量加えるだけ。作り方は超簡単ながら、ウイスキーの香りや味を存分に引き出す、トワイスアップの魅力を紹介します

  • 更新日:

トワイスアップでウイスキーを飲むメリットとは?

トワイスアップでウイスキーを飲むメリットとは?

Boldyshev/ Shutterstock.com

トワイスアップでアルコール度数を下げる

「トワイスアップ(「トゥワイスアップ」とも)」は、ウイスキーに常温の水を加えるとだけの、いたってシンプルな飲み方です。
ウイスキーが苦手という人は、その理由としてアルコール度数の高さをあげる場合が多々あります。そこで人気を集めるのが、水割りや炭酸で割るハイボールなどの飲み方です。
アルコール度数とは、飲み物全体に占めるアルコールの割合のことなので、単純に同量の水で割るだけでも、40度のウイスキーなら20度に下がり、それだけ飲みやすくなります。

トワイスアップで味がわかりやすくなる

アルコール度数が高いままのウイスキーを飲み続けていると、舌への刺激が強くなり、味がよくわからなくなることがあります。
トワイスアップは単純に水で割るだけなので、ウイスキーの味を邪魔することがありません。温度は下げずにアルコール度数を下げ、舌への刺激を抑えてウイスキーの味わいをしっかりとたのしむことができます。

トワイスアップは水割りやロックとどう違う?

トワイスアップは水割りやロックとどう違う?

Alexey Lysenko/ Shutterstock.com

トワイスアップと水割り、ロックの一番の違いは氷の有無

トワイスアップは、グラスにウイスキーを注いだあと、同量の水だけを注ぐという超簡単な飲み方です。ロックや水割りのように氷を使わず、水も常温のものを使うので、温度を下げすぎたり、氷が溶けて味が変化することがありません。
水割りの場合は、ウイスキー1に対し水2〜2.5の比率が一番おいしいとされています。また、水割りは氷を用いるので、全体が氷で冷えるまで時間をおいたほうが、味が馴染むと言われています。

トワイスアップがプロに好まれる理由は?

トワイスアップは、ウイスキーの愛好家や専門家が、好んで実践する飲み方です。
その理由は大きく2つあります。ひとつは、前述のように、ウイスキーの味を正確に捉えやすいことと。もうひとつは、ウイスキーの香りが一番引き立つアルコール度数は20〜30度とされていて、ちょうどトワイスアップによる度数だからです。
ストレートで飲むよりも、同量程度の水を加えることで、ウイスキーの香りと味を、より感じ取りやすくするのが特徴です。

トワイスアップのおいしい作り方

トワイスアップのおいしい作り方

Oleksandra Naumenko/ Shutterstock.com

トワイスアップをたのしむために必要な材料は?

トワイスアップでウイスキーをたのしむなら、グラスにもこだわりたいもの。引き立つ香りを十分にたのしむためには、飲み口が狭くなったテイスティンググラスが最適です。
もうひとつ、こだわりたいのは、やはり「水」。オススメは軟水のミネラルウォーターで、水道水はカルキ臭が気になるかもしれません。
最後にウイスキー。基本的には、どんな銘柄でも問題ありませんが、「グレンモーレンジィ」や「イチローズモルト」「フロム・ザ・バレル」など、加水してもバランスが崩れず、香りが膨らむと言われる銘柄がオススメです。

トワイスアップのおいしい作り方

トワイスアップの作り方で大切なのは、注ぐ順番です。
グラスを用意したら、最初にウイスキーを注ぎましょう。初めは少なめに入れて、水を加える前の香りを確かめておくとよいでしょう。
次に水を加えます。ウイスキーと水の比率は1:1が基本。飲み慣れてきたら、割合を少しずつ変えて、好みの割合を見つけるというのもたのしいですね。

トワイスアップは、ウイスキーに同量の常温の水を加えるだけというシンプルな飲み方ですが、ウイスキーの香りや味を存分にたのしみたいという人にもオススメの飲み方です。この飲み方を実践しつつ、好みのウイスキーが見つけられれば最高ですね。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識