「知多(ちた)」は多彩な原酒の魅力を融合したグレーンウイスキー

「知多(ちた)」は多彩な原酒の魅力を融合したグレーンウイスキー
出典 : サントリーサイト

「知多」は、サントリーが所有する知多蒸溜所で造られる、個性豊かなグレーン原酒をブレンドした「シングルグレーンウイスキー」。サントリーのブレンデッドウイスキーを支えてきた穏やかな味わいを結晶した革新性や、そのたのしみ方を紹介します。

  • 更新日:

知多蒸溜所はサントリーウイスキーの陰の立役者

知多蒸溜所はサントリーウイスキーの陰の立役者

出典:サントリーサイト

「知多」を生んだサントリー知多蒸溜所は、昭和47年(1972年)に愛知県知多市に誕生しました。
同じサントリーの山崎蒸溜所、白州蒸溜所と大きく異なるのは、これらが大麦の麦芽を原料としたモルトウイスキーの蒸溜所であるのに対し、知多蒸溜所はトウモロコシなどの穀類を原料としたグレーンウイスキーの蒸溜所であることです。

モルトウイスキーは個性の強い、複雑で豊かな味わいを特徴としますが、グレーンウイスキーの特徴は穏やかなクセのない味わい。サントリーの歴代のブレンダーは、この両者の特性を見定め、モルト原酒とグレーン原酒の最適な組み合わせを追求することで、「角瓶」「オールド」「響」といったブレンデッドウイスキーを開発してきました。

知多蒸溜所のグレーンウイスキーは、その穏やかさを活かして、モルト原酒の個性を引き立てながら、飲みやすい軽やかな口当たりを支えてきました。前面に出ることなく、サントリーウイスキーの味わいの基調となっている知多蒸溜所のグレーンウイスキーは、まさに陰の立役者といえるでしょう。

「知多」の原酒がもつ多彩な個性

「知多」の原酒がもつ多彩な個性

出典:サントリーサイト

知多蒸溜所の名を冠したウイスキー「知多」は、サントリーのブレンデッドウイスキーを支え続けてきた、グレーンウイスキーの魅力を結晶させ、2015年9月に誕生しました。
地元・知多の人々を喜ばせただけでなく、全国のウイスキーファンを驚かせたのは、穏やかでクセのない、シンプルな味わいのグレーンウイスキーだけで構成されたとは思えない、豊かな飲み応えでした。

その背景には、知多蒸溜所ならではの、多彩なグレーン原酒の造り分けがありました。知多蒸溜所では、原料の配合や蒸溜方法に変化を加えることで、穀物の香りが高い「ヘビータイプ」、マイルドな口当たりの「ミディアムタイプ」、ピュアな味わいの「クリーンタイプ」という3種類のグレーン原酒を造り分けているのです。

さらに、樽熟成の段階でも、バニラのような甘い香りが特徴の「ホワイトオーク樽」、フルーティで濃厚な味わいをもたらす「スパニッシュオーク樽」、いちごを思わせる甘い香りとやわらかな口当たりを生む「ワイン樽」を使い分けます。

複数のタイプ、複数の樽熟成による多彩なグレーン原酒を組み合わせることで、穏やかさのなかに複雑さ、豊かさを感じさせる画期的なシングルグレーンウイスキー「知多」が誕生したのです。

「知多」の新しいたのしみ方、風薫るハイボール

「知多」の新しいたのしみ方、風薫るハイボール

出典:サントリーサイト

「知多」の味わいは、シングルグレーンウイスキーならではの、穏やかでスムースな口当たりに、余韻としてほのかな甘さが残ります。色は明るい黄金色で、穀物由来のピュアでストレートな香りと、樽由来の甘い香りがたのしめます。

水割りやお湯割りなど、飲み方を選ばずにたのしめるのも知多の魅力ですが、とくにおすすめがハイボール。サントリー公式サイトでは、風のように軽やかな飲みごこちから「風薫るハイボール」と名づけて、そのおいしい飲み方を紹介しています。

グラスにたっぷりの氷を入れたうえに、知多を適量注いでかき混ぜ、冷えたソーダを氷に当てないように注ぎます。割合はお好み次第ですが、おすすめは知多1に対してソーダ3.5程度だとか。
ソーダの炭酸がぬけないよう、マドラーで縦に一度だけかき混ぜれば、風が吹き抜けるようなすがすがしい飲みごこちをたのしめます。

サントリーサイト:知多 風薫るハイボール

「知多」の特徴である軽やかさのなかに気品のある味わいは、和紙ラベルや、そこに記された書家・荻野丹雪氏による揮毫、さらには風を表現した濃い藍色のキャップなどの意匠にも表れています。ぜひ、一度手にとって、その魅力を確かめてください。

製造元:サントリースピリッツ株式会社
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識