「にごり酒」とは? 今さら聞きづらい、日本酒の基礎知識

「にごり酒」とは? 今さら聞きづらい、日本酒の基礎知識
出典 : Shaiith/ Shutterstock.com

「にごり酒」は、居酒屋さんなどでもよく見かける、白く濁ったお酒のこと。とはいえ、名前は知っていて、どんなお酒なのかは詳しく知らない人もいるかもしれません。ここでは、そもそも「にごり酒」とは何か、味の特徴やおいしく飲むための工夫などを紹介します。

  • 更新日:

「にごり酒」とは、どんな日本酒のこと?

「にごり酒」とは、どんな日本酒のこと?

mujijoa79/ Shutterstock.com

にごり酒を知るには、まず、日本酒の製造工程を理解する必要があります。
日本酒は、米をアルコール発酵させた醪(もろみ)を酒袋などに入れ、これに圧力をかけて搾り、酒粕と液体を分離させて造ります。このとき抽出した液体をろ過することで、透明感のある色に仕上がります。
にごり酒は、酒袋から液体を搾り出す際、あえて目の粗い袋(またはフィルター)を使うことで、液体中に澱(おり)を残します。この酒中に沈む澱によって、白濁した色のにごり酒ができあがるのです。

にごり酒は「どぶろく」と混同されがちですが、両者にははっきりとした違いがあります。にごり酒は粗ごししたお酒ですが、どぶろくはこさずに造るお酒です。酒税法上の扱いも異なり、にごり酒は「清酒」の区分になりますが、どぶろくは「その他醸造酒」の区分となり、税率も若干低くなります。

「にごり酒」と一般的な日本酒の味の違い

「にごり酒」と一般的な日本酒の味の違い

marcin jucha/ Shutterstock.com

にごり酒と一般的な日本酒と比較すると、まず白く濁った色合いと、透明感のあるクリアな色合いという、見た目の違いは明らかです。飲みくらべてみると、日本酒は銘柄によって甘口、辛口とありますが、全般的にみればスッキリとした味わいが特徴です。一方、にごり酒は、濃厚でどっしりとした飲み口が特徴。澱を多く含むことから、米本来の芳醇な香りと味わいを、より深く感じられます。

また、一般的な日本酒の製造工程では、保存期間を長くするため、酵母の働きをストップさせるべく、「火入れ」と呼ばれる加熱処理を行います。火入れをせず、酵母が生きたままの状態で瓶詰めしたにごり酒を「活性にごり酒」といい、酵母が瓶内に生きたまま詰められているため、その発酵による発泡感がたのしめるのも特徴です。
日本酒でありながら、シュワシュワした口当たりをたのしめますが、冷蔵が必須で、開封後は味が変わりやすいため、早めに飲み切るのがおすすめです。

「にごり酒」のおすすめの飲み方

「にごり酒」のおすすめの飲み方

Nishihama/ Shutterstock.com

にごり酒の魅力は、澱に凝縮された濃厚な米の香りや旨味をたのしめること。その飲み方には「澱ごと飲む」「澱と上澄み部分を別で飲む」という2通りがあります。
澱ごと飲めば、クリーミーな口当たりがたのしめます。一方、別に飲めば、上澄み部分のスッキリした味わいと、にごり部分のトロっとした味わいの両方をたのしめるよさがあります。

にごり酒は、冷酒で飲むのが基本ですが、とくに冬場は燗で飲んでみるのもおすすめ。35~40度程度ならマイルドな甘味をたのしめ、50度まで熱するととろみが増し、味わいも大きく変化します。

そのまま飲むのもよいですが、炭酸や柑橘類のジュースで割ってカクテル風にしたり、ロックのにごり酒にレモンやライムを添えたりするのも、また違った味わいがたのしめます。
にごり酒のいろいろな飲み方を試してみてください。

にごり酒と聞いて、ばくぜんと「トロっとした飲み口のお酒」と思っていた人も多いかもしれません。しかし、にごり酒には、お酒の魅力をより深く、広く、たのしむための工夫が詰まっています。普通の日本酒しか飲まないという人も、いつもとは違ったにごり酒の魅力を味わってみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識