新潟の日本酒【八海山(はっかいさん)】質と量をともに追求した酒

新潟の日本酒【八海山(はっかいさん)】質と量をともに追求した酒
出典 : 八海醸造サイト

「八海山」は、国内有数の米の産地である新潟県魚沼の地酒。越後三山のひとつを銘柄に冠するだけあって、新潟を代表する地酒として、地元はもとより、広く全国で愛されています。八海山の魅力と、その背後にあるこだわりを紹介します。

  • 更新日:

「八海山」の造り手が麹造りにこだわる理由

「八海山」の造り手が麹造りにこだわる理由

出典:八海醸造サイト

「八海山」の蔵元である八海醸造は、大正11年(1922年)に新潟県南部にある魚沼の地に創業しました。
八海醸造が造る日本酒の麹は、すべて手造り。大吟醸酒や純米吟醸酒だけでなく、普通酒まで、すべての酒造りにそれだけの手間暇をかけているというから驚きです。
そうしたこだわりの背景には、「最高品質の日本酒を造るには、手造りの麹が必要不可欠」という蔵元の信念があります。

自分たちが理想とする酒質を実現するためには、酒質を左右する麹の質を、しっかりとコントロールしなければなりません。そのため、八海醸造では米を洗い、水に浸し、蒸し、揉みほぐし、種麹を撒いてさらに揉み、麹の育ち具合を五感で感じ取りながら手入れする・・・手間暇をかけて、じっくりと育てた麹が、八海山の上品な味わいを生み出しているのです。

「八海山」は魚沼の豊かな自然を活かした酒

「八海山」は魚沼の豊かな自然を活かした酒

出典:八海醸造サイト

「八海山」をはじめ、八海醸造の日本酒に使われている水は、八海山の表面から染み出る湧き水。地元では「雷電様の清水」として親しまれており、1986年には新潟県の名水に指定されました。

酒造りにおいて、水はとても重要な要素。このため八海醸造では、仕込みから設備や道具の洗浄まで、すべての水に雷電様の清水を使用しています。

八海醸造では、この名水を「酒造りの神様からの贈り物」と大切にするとともに、名水を育む魚沼の地を大切に守り続けています。その一環として、
銘柄の由来となった八海山のふもとに、酒蔵や店舗、食堂、資料館などが点在するテーマパーク「魚沼の里」を運営。魚沼の豊かな自然と、その恵みのすばらしさを、多くの人に伝えています。

「八海山」は料理の味を引き立てる淡麗辛口

「八海山」は料理の味を引き立てる淡麗辛口

出典:八海醸造サイト

「八海山」に使用する魚沼の湧き水は、ミネラル分が少ない硬度2程度の軟水。そのまま飲んでもおいしいですが、酒造りに使用する場合は、発酵までの時間が緩やかという特徴があります。

時間をかけて発酵された日本酒は、スッキリとした飲み口で、クセの少ない“淡麗辛口”になります。
八海醸造がめざしてきたのも、まさに料理の味を引き立てる淡麗辛口な酒造り。その理想をカタチにした「八海山」は、さまざまな料理と一緒にたのしめる食中酒として人気です。

夏はキンキンに冷やした冷酒、冬は常温、または熱燗がおすすめの飲み方。飲み方を変えるだけで、別の味わいが見つけられるのも八海山の魅力です。

八海山は、魚沼の自然が与えてくれる恵みを、職人たちが精魂を込めて醸した結晶ともいえる日本酒です。造られた背景やこだわりを知れば、また違った味わいを感じられるかもしれません。

製造元:八海醸造株式会社
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識