ウイスキー検定の過去問に挑戦!vol.3 (解答と解説)

ウイスキー検定の過去問に挑戦!vol.3 (解答と解説)

2018年9月16日に実施される「第7回 ウイスキー検定」。受験する皆さんやウイスキーがお好きな方はぜひ問題に挑戦してみてください!

  • 更新日:

ウイスキー検定 3級問題 解答と解説

問題1
スコッチには原料と製法の違いでモルトウイスキーとグレーンウイスキーの2つがあるが、個性が強いモルトウイスキーは何と呼ばれているか。

①サイレントスピリッツ  ②ホワイトスピリッツ  ③ラウドスピリッツ ④ピュアスピリッツ

【解答】


【解説】
ラウドスピリッツの反対に、穏やかでクリーンな酒質のグレーンウイスキーのことは、”サイレントスピリッツ”と呼ばれます。このモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜると、まろやかで飲みやすいブレンデッドウイスキーとなります。

問題2
次の中でアイラモルトに分類されない蒸留所はどれか。

①トバモリー   ②ブナハーブン   ③ブルックラディ   ④キルホーマン

【解答】


【解説】
トバモリーは、マル島のトバモリー漁港に面して建てられているので、アイラモルトではなくアイランズモルトになります。

ウイスキー検定 2級問題 解答と解説

問題3
アイリッシュの蒸留所で創業1608年と、世界最古をうたっているのはどれか。

①クーリー   ②ブッシュミルズ   ③ジェムソン   ④キルベガン

【解答】


【解説】
ブッシュミルズのボトルには、それを主張するように「1608」と刻印がされています。ただし、当時ブッシュミルズという名称の蒸留所が存在した記録は見つかっていませんので、厳密には”世界最古の蒸留免許が与えられた土地にある蒸留所”となります。

問題4
バーボンウイスキーはトウモロコシを何%以上使わないといけないと定められているか。

①31%   ②41%   ③51%   ④71%

【解答】


【解説】
バーボンウイスキーはアメリカンウイスキーの一つの種類ですが、それらの定義は「連邦アルコール法」で、細分して規定されています。

ウイスキー検定 1級問題 解答と解説

問題5
容量約15万リットルと、かつて世界最大を誇ったポットスチルが稼働していたアイルランドの蒸留所はどこか。その名称をカタカナで答えよ。

【解答】
ミドルトン

【解説】
ミドルトン蒸留所の施設は1975年に更新されており巨大プラントとなっています。旧ミドルトンはウイスキーの博物館として公開されていて、世界最大のポットスチルを見ることができます。

ウイスキー検定 シングルモルト級問題

問題6
次の中でアイリッシュのシングルモルトはどれか。

①ブラックブッシュ  ②パディ  ③ジェムソン  ④ミドルトン・ベリーレア ⑤ターコネル

【解答】


【解説】
⑤以外のウイスキーはブレンデッドウイスキーになります。


ウイスキー検定の過去問に挑戦 vol.1はこちら
https://tanoshiiosake.jp/3891

ウイスキー検定の過去問に挑戦 vol.2はこちら
https://tanoshiiosake.jp/3952


ウイスキー検定実施日 
2018年9月16日(日)

主催
一般社団法人 ウイスキー検定実行委員会
https://whiskykentei.com/

運営
ウイスキー文化研究所
http://scotchclub.org/


たのしいお酒.jp関連記事
「ウイスキー検定を受けて奥深いウイスキーの世界をより楽しもう!」
https://tanoshiiosake.jp/3496

*当記事は、ウイスキー文化研究所の協力を得て作成しています。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識