料理酒として焼酎は使える?!

料理酒として焼酎は使える?!

お酒はそのまま飲むだけでなく、食材の臭みを消したり柔らかくしたり、コクや旨味を引き出すなど料理に欠かせない調味料としても活躍します。ワインや日本酒、ビールは料理によく使われていますが、焼酎はどうなのでしょうか?

  • 更新日:

料理酒にはどんなものがあるの?

NOBUHIRO ASADA/ Shutterstock.com

たとえば、日本酒には「清酒」表示ができない商品があります。「料理酒」と呼ばれるものは、ふつうに飲まれる日本酒と違って塩分が添加され、酒税が免除されているため、その分割安になっています。飲めないように塩分が入っているんですね。また、もっと安価な料理酒のなかには、水アメなどの甘味料や酸味料などで味を整えているものも。この場合、できあがった料理の味は少し落ちるかもしれませんが、安く購入できるので、大量に必要なときは助かります。

飲んでもおいしい日本酒やワインなどを使って調理をするレストランもありますが、お家で調理する場合は比較的安価なものでも大丈夫。使うと使わないでは、お料理の味わいに大きな差が出ますので、料理酒を上手に活用したいものです。

料理に焼酎をどう活かす?

kazoka/ Shutterstock.com

もし、手元に焼酎しかない場合は料理に使ってよいものでしょうか? 本格焼酎は日本酒やワイン、ビールに比べ、アルコール度数の高いお酒です。食材の臭みをとるにはいいかもしれませんが、クセがあるので使う料理を選んだほうがよさそうです。

もし焼酎を使う場合は、その味わいを考慮して、出汁やみりん、調味料などの量を少し多めに加えるとほどよく仕上がります。また、天ぷらの衣を作るときに水のかわりに焼酎を使うとサクサクの衣ができるといわれています。水と焼酎を半々で入れてください。また、から揚げを作るときに、片栗粉の上から霧吹きでふきかけるとカラッと仕上がります。

焼酎はこんな料理に!

Miyuki Satake/ Shutterstock.com

飲み切れない焼酎があったら、おつまみや調味料作りに利用してみてはいかがでしょう。

◆きゅうりの焼酎漬け(大人用)/
材料:
きゅうり 2~3本
焼酎 小さじ2
砂糖 大さじ1と2分の1
塩 小さじ2
鷹の爪 2分の1本

一口大に切ったキュウリをチャック付きの袋に入れます。焼酎、砂糖、塩、好みで鷹の爪を袋に入れ、封をして軽くもみ込みます。冷蔵庫に半日から1日ほど入れたらできあがります。ほのかな焼酎のコクと甘味、絶妙な塩加減でおつまみにぴったりです。

◆牛スジの焼酎味噌煮込み/
材料:
牛スジ 約300グラム
タマネギ 1個
こんにゃく 150グラム
豆腐 200グラム
味噌 大さじ4 
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1
コチュジャン 小さじ1
焼酎 200CC
水 20CC

下茹でした牛スジを水洗いした後、一口大に切ります。タマネギ、こんにゃく、豆腐も食べやすい大きさに切ります。すべての調味料をあわせた鍋に、牛スジなどを入れ30分ほど煮込みます。火を止め、1時間ほど放置して味を浸み込ませます。焼酎が牛スジの臭みを消してくれるので味わいのある煮込みになります。

◆焼酎唐辛子/
小瓶に唐辛子をつめ、そこに焼酎を注ぎます。1週間ほどすると辛味の利いた調味料に! 唐辛子を泡盛で漬け込んだ、沖縄の調味料「コーレーグース」のイメージです。

なかなか、料理酒としては馴染みのない焼酎ですが、手元に残った焼酎があったら一度試してみてください。

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識