芳醇な香りの日本酒の産地、広島の酒。個性豊かな人気の4銘柄

芳醇な香りの日本酒の産地、広島の酒。個性豊かな人気の4銘柄
出典 : Payless Images /shutterstock.com

  • 更新日:

雄町好きの間でも傑作として語られる「竹鶴」

Payless Images/ Shutterstock.com

広島県の日本酒は、軟水を生かした芳醇な香りと柔らかな口当たりで知られますが、それぞれの酒には個性があり、味わいも違います。そんな広島の酒を代表する銘柄をいくつか紹介しましょう。

ひとつめは、ニッカウヰスキーの創始者竹鶴政孝の生家として知られる竹鶴酒造の「竹鶴」です。封を開けた時は力強く、時間が経つとまろやかに変化していくのが特徴。米の旨味が濃く、燗映えする日本酒といわれます。中でも、「竹鶴 雄町純米」は、酒米の山田錦や五百万石のルーツといわれる「雄町」の旨味が凝縮した日本酒。竹鶴特有の酸が際立ちつつ、芳醇でまろやかな味わいがたのしめます。

辛口にこだわり続ける隠れた銘酒「亀齢」

hilight / Shutterstock.com

西条市にある江戸期創業の亀齢酒造は、甘口の日本酒が流行った時代も、ずっと変わらず辛口にこだわり続けてきた酒蔵です。伝統の技と吟味した素材を活かして、香りや後味のよい、濃醇で味わい深い酒を醸しています。「亀齢」は明治時代から造られており、大正6年の全国清酒品評会で、「月桂冠」や「賀茂鶴」とともに、日本初の名誉賞を受賞しました。
亀齢の詳細はこちら
https://kireikireikirei.jimdo.com

戦艦大和にも納品された「千福」

Nishihama/ Shutterstock.com

創業160年の三宅本店の「千福」。当時呉にあった海軍御用達のお酒として人気を集め、一時は日本一の生産量を誇るほどでした。毎日の晩酌にいただきたくなる飽きのこない味わいは、今も昔も多くの人に愛されています。手頃なパック酒から、2017年度「全国新酒鑑評会」で金賞受賞した「黒松 千福」まで、幅広いラインナップがたのしめます。
千福の詳細はこちら
http://www.sempuku.co.jp/

酒米の旨味を感じる淡い山吹色の「賀茂泉」

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識