レモンを添えて! 近頃話題の日本酒で作るハイボールとは

レモンを添えて! 近頃話題の日本酒で作るハイボールとは

  • 更新日:

日本酒ハイボールの作り方

Nishihama/ Shutterstock.com

シュワッとした爽やかな飲み口で人気急上昇のハイボール。お酒の苦手な人や若い人にも飲みやすいお酒です。ハイボールというと、通常はウイスキーをソーダで割るのが定番で、ウイスキー対ソーダを1対3程度に割って、好みでレモンやライムを加えます。最近は、ウイスキーの代わりに焼酎とソーダーで割る焼酎ハイボールも全国区になりつつあります。ハイボールは、近年「まず一杯目はビール」を脅かすお酒として存在感が増しています。

ソーダで割ったお酒を「ハイボール」と呼ぶならば、日本酒をソーダで割ったものもハイボールです。最近この「日本酒ハイボール」が注目されているのを知っていますか? ハイボール人気は、日本酒の世界にも広がりつつあります。

日本酒ハイボールの作り方は簡単! グラスに氷を入れ、日本酒対ソーダを1対1、または1対2にして割ります。しっかり、日本酒の味を感じたい場合は1対1で割るとよいでしょう。レモンを添えたり、ミントやタイムなどハーブ類を加えたり、スライスきゅうりを入れたりすると、より爽やかな味わいになります。

家庭で作るハイボールも味わい深いですが、すでにソーダで割った商品も販売され、より手軽に飲めます。その草分け的存在が黄桜の「日本酒ハイボール」です。辛口の味わいの日本酒をソーダで割ったスッキリした味わいは、ゴクゴク飲めてしまう喉ごしです。一般的な日本酒のアルコール度数が14~17度に対して8度と低めなので、日本酒初心者にも飲みやすいでしょう。暑い日の一杯や寒い日の鍋などにも合いそうですね。

どんな日本酒で作るとおいしい?

sommart sombutwanitkul/ Shutterstock.com

日本酒を飲むときには、辛口や甘口といった味で選ぶ場合もあれば、本醸造酒、純米酒、吟醸などの名称で選ぶ場合もあります。日本酒ハイボールで飲むときはどんな日本酒で作るとおいしいのでしょうか?

ウイスキーや焼酎の場合も同様ですが、割ったときにソーダの味に負けない日本酒本来の味わいがたのしめるものがよいでしょう。

米の旨味をしっかり感じながら、クリアでバランスがよくキレのよい味わいの純米酒や本醸造酒がおすすめです。ソーダとのバランスが絶妙で杯の数が増えてしまうかもしれません。でも、必ずしもこれ!という決め事はありません。いろいろと試して、自分好みの日本酒ハイボールにあった日本酒を見つけましょう。

また、旅先などで地元の日本酒を手に入れたら、そのまま飲むのもよいですが、ご当地ハイボールとして飲むのもたのしさが膨らみます。日本酒の新しい飲み方として、ぜひ、一度試してみてください。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識