日本酒のアルコール度数は世界のお酒と比べてどれくらい? 上手なたのしみ方とは

日本酒のアルコール度数は世界のお酒と比べてどれくらい? 上手なたのしみ方とは
出典 : Nishihama / Shutterstock.com

日本酒のアルコール度数は一般的に13~15度前後です。他のお酒と比べても決して高くはないですが、日本酒は酔いやすいというイメージをお持ちの方もいるのでは?今回は日本酒のアルコール度数に注目して、おいしい飲み方や低アルコールの日本酒などをご紹介していきます。

  • 更新日:

日本酒のアルコール度は高いもので20度!

masa44/ Shutterstock.com

日本酒(清酒)は、酒税法第3条第7号において「アルコール分が22度未満のもの」と定義されていますが、平均的な日本酒のアルコール度数はどのくらいなのでしょうか。世界のお酒と比較しつつ、醸造酒と蒸溜酒でのアルコール度数の違いも確認しましょう。

日本酒とほかのお酒のアルコール度数を比較

日本酒は原料となる米をアルコール発酵させて造る醸造酒です。醸造酒のなかではもっともアルコール度数の高いお酒で、醪を搾ったあとの「原酒」の状態では20度近くあります。

では、ほかのお酒よりも日本酒のアルコール度数は高いのでしょうか。おもなお酒の平均的なアルコール度数と比べて確認してみましょう。

◇日本酒:13~15度前後(※原酒は16~20度程度)
◇焼酎:25度前後
◇紹興酒:16度前後
◇ビール:5度前後
◇ワイン:13度前後
◇ウイスキー:40度以上
◇ブランデー:40度前後
◇ウォッカ:40~96度
◇ラム酒:40~75度
◇チューハイ:3~9度前後

世界のお酒と比較すると、醸造酒である日本酒のアルコール度数は、それほど高くないことがわかりますね。

日本酒などの醸造酒より蒸溜酒の度数のほうが高い理由

日本酒などの醸造酒より、焼酎やブランデーといった蒸溜酒のアルコール度数のほうが高い理由は、その製法にあります。

かんたんにいうと、蒸溜酒はアルコール発酵した醸造酒を加熱してアルコール分を濃縮させる「蒸溜」という工程を経て造られるため、アルコール度数が高くなります。一方、醸造酒では蒸溜を行いません。アルコール発酵だけで度数を高めるのは難しいため、蒸溜酒よりもアルコール度数が低くなっています。

しかし、日本酒と同じ醸造酒であるビールと比べると、日本酒のアルコール度数は10度ほど高めです。これには日本酒の造り方が関係していて、酵母の限界までじっくり発酵させて造るため、アルコール度数が高めに仕上がるのです。次の章で日本酒の製法をもう少し詳しく紹介しましょう。

高度な技から生まれる高アルコールのお酒

Pack-Shot/ Shutterstock.com

日本酒のアルコール度数の高さは、独特の技術によって実現しています。ここでは製法の特徴とともに、「酔やすい」といわれる理由についても見ていきましょう。

日本酒の高いアルコール度数は高度な技から生まれる

日本酒におけるアルコール発酵とは、酵母が糖分を食べてアルコールに変えることですが、米には糖分がないため、そのままでは発酵しません。そこで、まず米の炭水化物成分(デンプン質)を麹菌の酵素によって糖分に変え、さらに酵母を加えて発酵させるという、きわめて巧妙、複雑な仕組み(正確には高度な技術でこれらが時間差で同時進行する、ほかに例を見ない「並行複式発酵」という発酵方法)で造られているのです。よく聞く「一麹(いちこうじ)、二酛(にもと)、三造り(さんつくり)」は、そうした工程のことを指しています。

酵母が元気に最後までアルコール発酵を進められるよう、日本酒の造り手は長い時間をかけて工夫を重ね、アルコール度20度近くという、醸造酒のなかでは世界に類を見ないアルコール度数の高さを実現してきました。

一般的な日本酒は、製造工程の最後に味や香り、アルコール度数を整えるため、水を加えて約14~16度にします。加水せずに出荷するものを「原酒」と呼び、アルコール度数が16~20度程度と度数が高くなっています。水を加えていないため、より濃厚でしっかりした味わいが特徴です。

日本酒が二日酔いしやすいってホント?

「日本酒は酔いやすい」といわれますが、科学的な根拠はありません。ただ、口当たりがよくて飲みやすい日本酒を「水のようにスイスイ飲める」と表現することがありますが、そんな日本酒を飲み始めると、ついついブレーキが効かなくなることも。

アルコール度数が高くなくとも、たくさん飲めば当然、体内に取り込まれるアルコールの量は多くなります。悪酔いしたり、二日酔いしないためには、まずは自分の適量を知って、アルコールの摂取量を認識しながら飲む習慣を身につけることが大切です。

日本酒のアルコール度数と適量を知っておこう

kai keisuke/ Shutterstock.com

日本酒の適量は、性別や年齢、体格、体質などによって異なりますが、厚生労働省は「飲酒ガイドライン」のなかで、「節度ある適度な飲酒」を「1日平均純アルコールで20グラム程度」と定義しています。自分の適量がつかめるまでは、これをひとつの目安にするとよいでしょう。

純アルコール20グラムというと、日本酒1合程度。ビールなら中ビン1本(500ミリリットルロング缶1缶)、ウイスキーならダブルでグラス1杯。ワインならグラス2杯弱、アルコール度数7度のチューハイなら350ミリリットル缶1本分に相当します。

女性は男性に比べて身体が小さい場合が多いため、男性の1/2〜2/3程度を適量に定めるのが無難かもしれません。

【純アルコール量の計算式】
お酒の量(ミリリットル)×アルコール度数/100×アルコール比重(0.8)=純アルコール量(グラム)

日本酒のアルコール度数を踏まえてたのしむ秘訣

Chiristsumo/ Shutterstock.com

日本酒の摂取量は1日1合程度が適量です。ゆっくり味わうには料理と合わせて、たのしみながら飲むのがおすすめです。

日本酒は料理やおつまみと一緒にたのしむ

日本酒は一般的にはストレートで飲むため、ビールやハイボール、サワーなどと同じペースで飲み続けると、すぐに酔いが回ってしまいます。

日本酒をたのしむ秘訣は、料理やおつまみと一緒に、ゆっくり味わうこと。空腹の状態でお酒を飲むと内臓に負担がかかるだけでなく悪酔いの原因にもなるので、軽く食べてから飲み始めることをおすすめします。

日本酒を飲むときは「和らぎ水(やわらぎみず)」とセットで

日本酒をたのしむうえで、欠かせないのが「和らぎ水(やわらぎみず)」です。

ウイスキーなどアルコール度数の高い蒸溜酒をストレートやロックで飲むときは、「チェイサー」と呼ばれる水や低アルコール飲料を用意することがありますが、日本酒を飲むシーンでは、このチェイサーを「和らぎ水」と呼んでいます。

合間に水を飲むことで、体内に入るアルコール濃度が下がるため、悪酔いの防止につながります。また、「和らぎ水」を飲むタイミングで一呼吸おくので、ペースが落ち着き、飲みすぎを防ぐことにもつながります。

低アルコール日本酒も普及し始めている

Kazu Inoue/ Shutterstock.com

近年は低アルコールを謳う日本酒が増えています。その背景と、一般的な日本酒とのアルコール度数の違いを確認しましょう。

低アルコール日本酒が生まれた背景

低アルコール日本酒は、「日本酒初心者なので飲みやすいものがよい」「お酒は弱いけれど日本酒を飲んでみたい」といった低アルコール志向の需要に応え、日本酒好きの裾野を広げるために誕生しました。低アルコール日本酒が増えるにつれ、日本酒のたのしみ方も広がっています。

また海外でも日本酒人気が高まっていますが、飲み慣れていない人にとっては、どちらかというと通常の日本酒よりも飲みやすい低アルコール日本酒のほうを好む人が多いようです。

アルコール度数の低い日本酒と一般的な日本酒の度数の違い

低アルコール日本酒は、通常、アルコール度数13度以下で造られています。なかには7~10度前後と、より明確に低アルコールであることを謳う銘柄もあります。

それに対して、一般的な日本酒のアルコール度数は13~15度程度、原酒は16~20度程度のものが主流です。原酒とは、加水によるアルコール度数の調整を行っていない、そのままの状態で出荷される日本酒のことを指します。

なお、前述のとおり酒税法では、日本酒(清酒)のアルコール度数は22度未満であることと規定されていています。日本酒は21度以下に仕上げなければならないのが前提であることも、覚えておくとよいでしょう。

アルコール度数が低い日本酒の特徴

masa44/ Shutterstock.com

アルコール度数が低い日本酒の大きな特徴は口当たりの軽やかさ。甘味と酸味がさわやかで軽快なタイプが多く、口に含むとやわらかでやさしい印象を受けます。

低アルコール日本酒は、キリリと冷やしてそのまま飲むのもよいですが、氷を入れてロックで飲むのもおすすめです。よく冷やすことでキレが出て、爽快な味わいをたのしむことができます。また、ジュースなどで割ってカクテルにする飲み方も人気です。

低アルコールの日本酒には発泡タイプもあり、炭酸の刺激でさらに飲みやすくなっています。香りのよいものも多いのでワイングラスで飲むのもおすすめです。

アルコール度数が低い日本酒の造り方

Nishihama/ Shutterstock.com

アルコール度数の低い日本酒の造り方は、大きく2つに分類されます。

ひとつは加水してアルコール分を希釈する方法です。「加水希釈タイプ」は、割り水や汲み水、追い水の量を通常より増やすことで、アルコール度数を調節します。単にふつうのお酒を水で薄めるだけだと、味のバランスが悪くなってしまうため、香味や酸味、旨味などがが弱くならないよう、醸造段階で工夫しています。

もうひとつは途中でアルコール発酵を止めるという方法です。「発酵停止タイプ」では、アルコール度数が低い段階でもろみの発酵を止め、上槽を行う(搾る)ことで、低アルコールの日本酒を造ります。ただ、発酵管理が難しく高い醸造技術を要するため、蔵元ごとに新たな酵母の開発や製造方法の工夫が重ねられています。

かつては低アルコールでおいしい日本酒を造るのは難しいといわれていましたが、蔵元の努力や技術の発達によって味のよさと低アルコールを両立できるようになり、高品質の低アルコール日本酒が生み出されています。


日本酒のアルコール度数は、5~20度前後と幅広いのが魅力です。一般に、通常の日本酒では飲みごたえのある味わいが、低アルコール日本酒では軽やかな味わいがたのしめます。飲みすぎには注意して、それぞれの魅力を堪能してみてくださいね。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事