芋焼酎の変わり種? 焼芋焼酎って知っていますか?

芋焼酎の変わり種? 焼芋焼酎って知っていますか?
出典 : HikoPhotography/Shutterstock.com

焼芋焼酎は、焼いたサツマイモで造る芋焼酎。焼き芋独特の深い甘味とコク、香ばしい香りは、芋焼酎ファンはもちろん、甘いお酒が好きな人からも注目されています。ここでは、風味の特徴やおすすめの飲み方、人気の銘柄まで、焼芋焼酎(焼き芋焼酎/やきいも焼酎)の魅力を深掘りしていきます。

  • 更新日:

焼芋焼酎ってどんなもの?

Platoo Fotography/ Shutterstock.com

焼芋焼酎は、芋焼酎の一種です。まずは、ファンを魅了してやまない魅力的な味わいと、一般的な芋焼酎との違いから見ていきましょう。

焼芋焼酎の味わい

焼芋焼酎は、焼き芋で造る本格焼酎。焼いたサツマイモならではのコク深い甘味と香ばしい香りを特徴に持ち、原料の焼き加減によっては焦げた風味もたのしめる注目度上昇中のお酒です。

焼き芋を使って仕込むと雑味が多くなる印象がありますが、そこは造り手の腕の見せどころ。多くの蔵元では、焼き芋独特の甘味と香りを際立たせるべく手間暇を惜しまず雑味を取り除いて、焼酎初心者でも存分にたのしめる味わいに仕上げています。

芋焼酎との違いとは?

焼芋焼酎と芋焼酎の違いは、原料芋の加工方法にあります。

一般的な芋焼酎はサツマイモを蒸して仕込みますが、焼芋焼酎はその名のとおり、焼いたサツマイモを原料に使用します。ヘタを切り落とした原料芋を専用の蒸し機に入れ、蒸気で蒸し上げる芋蒸しと違い、芋焼きは表面が焦げやすく、内部にまで均等に熱をとおすのが難しいうえ、一度に大量のサツマイモを焼き上げることができません。

また、焼きすぎると雑味が出て、逆に焼きが足りないと焼き芋らしい風味を引き出せないため、焼き加減の調整にも高い技術が求められます。このように、原料芋の加工方法だけをとっても、焼芋焼酎が大量生産向きでないことがわかるでしょう。

原料となるサツマイモは、鳴門金時(なるときんとき)やベニアズマ、種子島紫芋、黄金千貫(コガネセンガン)など、甘味の強いものを使用することが多いようです。これらを炭火焼きや石焼きなどさまざまな焼き方で、焼き加減を調整しながら、より甘味と香りのある芋焼酎に仕上げていきます。

焼芋焼酎のおすすめの飲み方

jazz3311/ Shutterstock.com

焼芋焼酎は、ストレートやオン・ザ・ロック(ロック)、水割り、お湯割り、炭酸割りなど、さまざまな飲み方でたのしめますが、独特の味と香りを堪能するなら、お湯割りや水割り、通好みの前割りがおすすめです。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事