ワインをランクアップさせる便利グッズ「エアレーター」とは?

ワインをランクアップさせる便利グッズ「エアレーター」とは?
出典 : Africa Studio/ Shutterstock.com

「エアレーター」は、ワインをグラスに注ぐ際に空気に触れさせ、香りや味わいを高めることができるアイテム。赤ワインの風味を手軽にランクアップできるので、ワイン好きの間で人気です。ここでは、「エアレーター」の効果や選び方のポイント、おすすめ商品について紹介します。

  • 更新日:

ワインがおいしくなる!? 「エアレーター」とは

Audrius Merfeldas/ Shutterstock.com

まずはワイン用のアイテム「エアレーター」の効果などを確認しましょう。

「エアレーター」はワインを空気に触れさせて味わいをまろやかにする

「エアレーター」は、ワインをグラスに注ぐ際に「エアレーション」を行うことができるアイテムです。手軽に「デキャンタージュ」の効果が得られるため、ワイン愛好家の間で人気を集めています。

エアレーションやデキャンタージュには以下のような効果があり、ワインの味わいをより高めるのに役立ちます。

【エアレーションの効果】
エアレーションとは、ワインを空気に触れさせ、馴染ませることを指します。熟成が進んでいない若いワインなどは、香りが十分に広がっていない「閉じた」状態であることもよくあります。そのようなワインはエアレーションを行うことで熟成を促すことができ、香りを引き出すことができます。渋味の強いワインの場合などは、タンニンの渋味をまろやかにする効果も期待できるでしょう。

【デキャンタージュ(デカンタージュ)の効果】
エアレーションによってワインをよりおいしくするための方法が、「デキャンタージュ」。デキャンタージュとは、ワインをデキャンタと呼ばれるガラスの器に移し替えることで、効率的にワインを空気に触れさせる手法です。レストランなどでソムリエがデキャンタージュをする様子を見たことがある人もいるのではないでしょうか。
デキャンタージュは、若いワインを空気に触れさせて香りを「開かせる」という目的のほか、ヴィンテージワインなどに沈殿している澱(おり)を取り除くという目的でも行われます。
熟成が不十分なワインや澱の出ているワインをおいしくたのしむために、デキャンタージュは有効な方法といえるでしょう。とはいえ、デキャンタージュはコツを押さえて正しい手順で行う必要があり、少々手間と時間がかかります。


デカンタ(デキャンタ)でワインの魅力はどう変わる? デカンタージュの目的や効果を知ろう


デキャンタ(デカンタ)の目的や効果は? デキャンタージュの秘密に迫る《シニアソムリエ監修》

「エアレーター」にはさまざまな種類がある

「エアレーター」のなかでも多く見られるのが、ボトルの口元に注ぎ口として装着するタイプのもので、これらは「ポアラー」とも呼ばれます。この「ポアラー」をとおしてワインを注ぐと、側面にある小さな穴から酸素が取り込まれて泡立ちが発生し、効率的にワインを空気と触れさせることができる仕組みになっています。

「ポアラー」タイプのほかにも、ボトルに直接ノズルを差し込んで装着し、ボタンひとつで「エアレーション」されたワインがグラスに注がれる電動タイプのものや、「エアレーター」内部でワインをシャワー状に流して一気に酸化させるものなど、「エアレーター」にはさまざまな構造のものがあります。

「エアレーター」はどんなワインに使う?

Africa Studio/ Shutterstock.com

「エアレーター」は渋味の強い赤ワインなどにおすすめ

「エアレーター」がワインの味わいをアップさせるといっても、すべてのワインに適しているわけではありません。「デキャンタージュ」でよい効果が得られるワインと、そうでないワインがあるのと同様です。

「デキャンタージュ」や「エアレーション」でよりおいしくなることを期待できるのは、酸味や渋味がやや強く感じられたり、香りが十分に感じられなかったりする赤ワインです。このようなワインに「エアレーター」を使用すれば、味わいや香りの変化を感じられることでしょう。

「エアレーター」はスパークリングワインや白ワインには適さない

一方、「エアレーター」でよい効果が得られないばかりか、味わいを損ねてしまうワインもあります。

その代表的なものが、スパークリングワインです。スパークリングワインに「エアレーター」を使用すると、せっかくの泡が消えてしまい、魅力が損なわれてしまいます。

また、白ワインについても、空気に触れることで酸味が強まってしまうため、基本的に「エアレーター」の使用はおすすめしません。ただし、本来の香りが引き出されていないと感じられる場合などに限り、使用してみてもよいでしょう。

「エアレーター」を選ぶポイント

il21/ Shutterstock.com

「エアレーション」「デキャンティング」機能があることを確認する

「エアレーター」のなかには注ぎ口として付ける「ポアラー」タイプのものがありますが、「ポアラー」と呼ばれるものすべてに「エアレーター」としての機能があるわけではありません。注ぎやすさを向上させることのみを目的とした「ポアラー」もあります。そのため、「ポアラー」タイプの「エアレーター」を購入しようとする場合は、「エアレーション」あるいは「デキャンティング」の機能があることを商品説明やパッケージ等で確認するようにしましょう。

「ポアラー」は接着部分に密閉性があるものを選ぶ

「ポアラー」タイプの「エアレーター」でもう一点注意したいのが、ボトルとの接着部分がしっかり密閉されるものを選ぶということです。ボトルにぴったりとフィットするものでないと、液だれをしたり、ボトルから抜けてしまったりする恐れがあります。接着部分がシリコンゴム製のものは、比較的隙間ができにくく密閉性が高いといえます。

手入れのしやすい構造のものを選ぶ

「エアレーター」は繰り返し使うものなので、こまめに手入れをし、清潔に保つことが大切です。洗浄に特殊な道具が必要であったり、手間がかかったりするものではなく、水洗い可能なものや分解して洗浄できるものなど、手軽に洗浄できる構造のものを選ぶとよいでしょう。

ただし、自動食器洗い機などは使用できないことが多いので注意しましょう。

おすすめの「エアレーター」

Bessyy/ Shutterstock.com

ここでは、ポアラータイプのエアレーターなどおすすめ商品を紹介します。

ワインボトルに装着するポアラー

エアレーターの多くは、注ぎ口として装着する「ポアラー」タイプとなっています。ここでは、人気の高い4つのアイテムを紹介します。

【menu デキャンティング ポアラー VIGNON(ヴィニョン)】
デンマークのデザイン会社「menu(メニュ)」の「デキャンティング ポアラー ヴィニョン」は、シンプルで使いやすいエアレーターです。イタリアの物理学者ベンチュリによる理論を応用していて、ポアラー内のくびれた部分にワインが流れると流速が上がり、真空状態になることで空気穴から空気が取り込まれて、エアレーションができる仕組みになっています。
ワインボトルに取りつけるだけで手軽にデキャンティング効果が得られ、香りや味わいを高めることができます。お手入れは水ですすぐだけでよく、コンパクトサイズのため収納場所を取らないのも便利な点です。

商品名:menu デキャンティング ポアラー ヴィニョン
参考価格:5,610円(税込)
販売元:ギフトモール(株式会社ギフトモール)
購入先はこちら


【貝印 KaiHouse SELECTワイン エアレーティング ポアラー】
キッチン用品メーカー貝印の「ワイン エアレーティング ポアラー」は、1,000円ほどで購入できるリーズナブルな商品ながら、おしゃれでスタイリッシュな見た目が魅力。ボトルに装着してワインを注ぐだけでデキャンティング効果が得られます。渋味のある赤ワインなども、手軽に変化させることができるでしょう。
商品名:KaiHouse SELECT ワインエアレーティングポワラー
価格:1,100円(税込)
販売元:貝印株式会社
オンラインストアはこちら


【OXO ワインストッパー&ポワラー】
「OXO(オクソー)」はニューヨークに本社を持ち、数々のデザイン賞を受賞するなど世界的に知名度の高いメーカーです。「ワインストッパー&ポワラー」はシンプルかつスタイリッシュなデザインで、ストッパーとポアラーの役割を果たしてくれます。やわらかいグリップつきのレバーを倒すと栓が閉じ、上げると開く構造です。
ワインを注ぐ際に空気が取り込まれる仕組みとなっているため、自然なデキャンティング効果が期待できます。栓部分はギザギザがありボトルに差し込みやすくなっていて、ほぼすべてのサイズのボトルに対応可能。高さがあまりないため、冷蔵庫に入れやすいのもうれしいポイントでしょう。

商品名:ワインストッパー&ポワラー
価格:1,980円(税込)
販売元:オクソージャパン
公式サイトはこちら

【BeingON デキャンティングポアラー 真空式】
「BeingON」の真空式ポアラーは、ノズル(注ぎ口)が長い形状をしているのが特徴的です。ノズルが長いので、ポアラーに空いた穴から取り込まれた空気をしっかりとワインに触れさせることができます。酸味が強めのワインやアルコール度数が高いワインの場合は、一度ポアラーをとおしてデキャンタに移してからグラスに注ぐのがおすすめです。
サイズはやや大きめで保管に困りそうですが、付属のスタンドにセットすればスタイリッシュなインテリアにもなり、使用するときもさっと取り出せて便利です。

商品名:デキャンティング ワイン エアレーター エアーブレンド & 真空式 ボトルキャップBeingON
参考価格:600円(税込)
販売元:koolehall
販売サイトはこちら(Amazon)

ワインがシャワーのように注がれる「ルーシャズ」のエアレーター

エアレーターには、「ポアラー」タイプ以外にも、手で持って使用するものやスタンドに置いて使用するものもあります。「ヴィンチュリ」「デキャンタス コニサー」「エパーレ ポケットワインエアレーター」などさまざまな種類がありますが、なかでも「ルーシャズ」のエアレーターが人気です。

「ルーシャズ」の「シャワーエアレーター」は、グラスを付属のスタンドに設置してワインを注ぐと、ワインがシャワーのように注がれ一瞬で開花できるというアイテムです。効率的に一気に大量の空気を取り込むことで、デキャンタージュのように時間をおくことなく、1秒で同様の効果を得ることができるのだとか。

「シャワーエアレーター」は手軽にワインの香りや味わいを高められるだけでなく、見た目もインパクトのあるアイテムのため、パーティーなどでもたのしめるでしょう。なお、お手入れの際には、分解して洗うことが可能です。

商品名:ルーシャズ(Lisciouz)シャワーエアレーター
参考価格:6,930円(税込)・送料無料
販売元:ルーシャズ(Lisciouz)
公式サイトはこちら

エアレーターがない場合は

Daria Minaeva/ Shutterstock.com

エアレーターがない場合に同様の効果を得るためには、先述のデキャンタージュを行う必要があるでしょう。

デキャンタージュを行う手順としては、まずワインを開栓し、ボトルの口を清潔な布で拭きます。利き手にワインボトル、もう一方の手にデキャンタを持ったら、ボトルの首の辺りをライトで照らして澱が入らないよう確認しながら、ワインがデキャンタの側面を流れ落ちるようにゆっくりと注いでいきます。

デキャンタージュ後はすぐに飲まずに、熟成期間が長いワインで30分~1時間程度、短いワインで2~3時間程度おきましょう。

なお、エアレーターもデキャンタもない場合は、ボウルなどのキッチン用品や空いたワインボトルなどをデキャンタの代わりにするのも一案です。これらの代用品を使ってデキャンタージュの手順でワインを空気に触れさせることで、近い効果が得られるでしょう。



「エアレーター」は、香りが感じられにくかったり、やや酸味や渋味が強かったりする赤ワインをまろやかにしてくれる便利なアイテムです。自宅のワインを手軽にランクアップさせてくれる「エアレーター」をおうち飲みに取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識