ワインをランクアップさせる便利グッズ「エアレーター」とは?

ワインをランクアップさせる便利グッズ「エアレーター」とは?
出典 : Africa Studio/ Shutterstock.com

「エアレーター」は、ワインをグラスに注ぐ際に空気に触れさせ、香りや味わいを高めることができるアイテム。赤ワインの風味を手軽にランクアップできるので、ワイン好きの間で人気です。ここでは、「エアレーター」の効果や選び方のポイント、おすすめ商品について紹介します。

  • 更新日:

ワインがおいしくなる!? 「エアレーター」とは

Audrius Merfeldas/ Shutterstock.com

まずはワイン用のアイテム「エアレーター」の効果などを確認しましょう。

「エアレーター」はワインを空気に触れさせて味わいをまろやかにする

「エアレーター」は、ワインをグラスに注ぐ際に「エアレーション」を行うことができるアイテムです。手軽に「デキャンタージュ」の効果が得られるため、ワイン愛好家の間で人気を集めています。

エアレーションやデキャンタージュには以下のような効果があり、ワインの味わいをより高めるのに役立ちます。

【エアレーションの効果】
エアレーションとは、ワインを空気に触れさせ、馴染ませることを指します。熟成が進んでいない若いワインなどは、香りが十分に広がっていない「閉じた」状態であることもよくあります。そのようなワインはエアレーションを行うことで熟成を促すことができ、香りを引き出すことができます。渋味の強いワインの場合などは、タンニンの渋味をまろやかにする効果も期待できるでしょう。

【デキャンタージュ(デカンタージュ)の効果】
エアレーションによってワインをよりおいしくするための方法が、「デキャンタージュ」。デキャンタージュとは、ワインをデキャンタと呼ばれるガラスの器に移し替えることで、効率的にワインを空気に触れさせる手法です。レストランなどでソムリエがデキャンタージュをする様子を見たことがある人もいるのではないでしょうか。
デキャンタージュは、若いワインを空気に触れさせて香りを「開かせる」という目的のほか、ヴィンテージワインなどに沈殿している澱(おり)を取り除くという目的でも行われます。
熟成が不十分なワインや澱の出ているワインをおいしくたのしむために、デキャンタージュは有効な方法といえるでしょう。とはいえ、デキャンタージュはコツを押さえて正しい手順で行う必要があり、少々手間と時間がかかります。


デカンタ(デキャンタ)でワインの魅力はどう変わる? デカンタージュの目的や効果を知ろう


デキャンタ(デカンタ)の目的や効果は? デキャンタージュの秘密に迫る《シニアソムリエ監修》

「エアレーター」にはさまざまな種類がある

「エアレーター」のなかでも多く見られるのが、ボトルの口元に注ぎ口として装着するタイプのもので、これらは「ポアラー」とも呼ばれます。この「ポアラー」をとおしてワインを注ぐと、側面にある小さな穴から酸素が取り込まれて泡立ちが発生し、効率的にワインを空気と触れさせることができる仕組みになっています。

「ポアラー」タイプのほかにも、ボトルに直接ノズルを差し込んで装着し、ボタンひとつで「エアレーション」されたワインがグラスに注がれる電動タイプのものや、「エアレーター」内部でワインをシャワー状に流して一気に酸化させるものなど、「エアレーター」にはさまざまな構造のものがあります。

「エアレーター」はどんなワインに使う?

Africa Studio/ Shutterstock.com

「エアレーター」は渋味の強い赤ワインなどにおすすめ

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事