話題のクラフトジンを飲むなら専用のグラスも揃えてみよう

話題のクラフトジンを飲むなら専用のグラスも揃えてみよう
出典 : jose m feito/ Shutterstock.com

世界的なブームとなっている「クラフトジン」は、通常のジンよりも個性が強く、銘柄ごとに多彩な風味をたのしめるのが魅力。ジン専用グラスで飲めば、独特の香りと個性を存分に堪能できます。今回は、クラフトジンの特徴やおすすめのグラス、注目の銘柄などを見ていきましょう。

  • 更新日:

目次

  • そもそも「クラフトジン」ってどんなお酒?
  • クラフトジンを飲むのにおすすめのグラスと、クラフトジンのたのしみ方
  • 日本と世界のクラフトジン銘柄をジン専用グラスでたのしもう

そもそも「クラフトジン」ってどんなお酒?

そもそも「クラフトジン」ってどんなお酒?

Mariella McNeany/ Shutterstock.com

クラフトジンとは?

クラフトジンは「世界4大スピリッツ」のひとつに数えられる「ジン」の一種。そもそもジンとは、「ボタニカル」と呼ばれる香草や薬草で風味づけしたクリアな味わいのお酒で、カクテルベースとしても人気があります。

ジンの定義はEUで明確に定められていて、たとえば「タンカレー」や「ゴードン」といった定番のジンは、ジンの種類のひとつである「ロンドンジン(ロンドンドライジン)」の規格に従って造られています。

一方、クラフトジンに統一された明確な規定はありません。そのため、各地の蒸溜所で独自の素材を取り入れた、個性あふれるジンが誕生しています。

ジンとはどんなお酒? ジンの起源と魅力を知ろう

クラフトジンを飲むのにおすすめのグラスと、クラフトジンのたのしみ方

クラフトジンを飲むのにおすすめのグラスと、クラフトジンのたのしみ方

popcorner/ Shutterstock.com

クラフトジンに使われる素材

一般的にジンは、「ジュニパーベリー(セイヨウネズ)」をベースに、さまざまなボタニカルを組み合わせて造られます。ジュニパーベリーはジンを象徴する素材で、クラフトジンにも使われています。とはいえアメリカのクラフトジンのなかには、あえて使わずに造られているものもあるようです。

またクラフトジンの魅力のひとつは、ご当地素材を活かした銘柄をたのしめること。たとえば日本では、桜や柚子、緑茶、山椒など、和素材を使用したクラフトジンが登場しています。ローカルなボタニカルをレシピに加えることで、個性的な風味が生まれるのが魅力。

ボタニカル以外にも、ブドウや梨、バラなどのエキスやハチミツといった多彩な素材が用いられているので、気になる素材が使われているクラフトジンを見つけたら挑戦してみてはいかがでしょう。

クラフトジンに適したグラスの特徴

香りの豊かさから「飲む香水」と評されるクラフトジン。せっかく飲むなら、繊維なアロマを存分にたのしめるグラスを選びたいものです。

■クラフトジンにおすすめのグラス

クラフトジンを飲む際におすすめのグラスを2つ紹介します。

【シュピゲラウ】
ドイツのバイエルン地方で誕生した名門グラスウェアブランド「SPIEGELAU(シュピゲラウ)」が手掛けるジントニック用のグラス。丈夫で美しい輝きを放つ「シュピゲラウ」は、世界の五つ星ホテルやレストランのプロフェッショナルにも愛されています。

シュピゲラウ   ジン&トニック


【リッツェンホフ ジントニック】
ドイツを代表するグラスメーカー「RITZENHOFF (リッツェンホフ)」の、スタイリッシュなジントニックグラス。メタリックな見た目で一見シルバー素材に見えますが、じつはガラス製です。ジントニックにはもちろん、他のロングカクテルや水割りなどさまざまな飲み方で活躍します。

RITZENHOFF ジントニックグラス リッツェンホフ 公式通販サイト

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事