秋田の焼酎【五年蔵(ごねんぐら):両関酒造】秋田の老舗蔵が清酒粕で造る焼酎

秋田の焼酎【五年蔵(ごねんぐら):両関酒造】秋田の老舗蔵が清酒粕で造る焼酎
出典 : 出典:両関酒造サイト 

「五年蔵」は「花邑(はなむら)」「翠玉(すいぎょく)」などの日本酒銘柄で知られる秋田の老舗蔵、両関酒造が、日本酒造りの過程で得られる酒粕を原料に造る粕取り焼酎です。その名のとおり、蔵で5年間熟成されたまろやかな味わいをたのしめる「五年蔵」について紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 焼酎「五年蔵」の造り手は、秋田の老舗蔵、両関酒造
  • 「五年蔵」は、清酒粕から造られる粕取り焼酎(酒粕焼酎)
  • 焼酎「五年蔵」の魅力は、5年熟成ならではのまろやかな味わい

焼酎「五年蔵」の造り手は、秋田の老舗蔵、両関酒造

焼酎「五年蔵」の造り手は、秋田の老舗蔵、両関酒造

Hahipon/Shutterstock.com

焼酎「五年蔵」を生んだ両関酒造の歴史

焼酎「五年蔵」を造るのは、「東北の灘」とも呼ばれる酒処、秋田湯沢市に蔵を構える両関酒造です。

秋田県南部に位置する湯沢市は、豊かな自然と良質な水、そして冷涼な気候風土に恵まれ、古くから酒造りが盛んな土地です。

この地で両関酒造が酒造りを始めたのは1874年(明治7年)のこと。以来、約150年にわたって酒造りを続けてきた老舗です。

かつては創業者の名を取って「伊藤仁右衛門商店」を名乗っていましたが、1986年(昭和61年)に両関酒造株式会社に改組。「両関」という名には「東西にまたがり君臨するような酒造りを」との想いが込められているのだとか。

両関酒造の酒造りのこだわり

両関酒造の酒造りのポリシーは「人の和によって生まれ、人の和を醸す」と「品質第一主義」。これら創業以来の信念を守り続ける姿勢に、多くのファンが信頼を寄せます。

そのこだわりは米と水、そして酒造りの技法にも貫かれています。米処・秋田のなかでも酒造好適米の約8割までを育てる湯沢の米を厳選して使用。雪国の厳しい自然に磨かれた仕込み水は、「力水」として名水百選にも数えられています。

独自に開発した「低温長期醸造法」を広く公開

両関酒造の酒造りを語るうえで、忘れてはならないのが、雪国ならではの厳しい寒さを活かした「低温長期醸造法」を生み出したことです。

きめ細かな味わいを生み出すこの独自技術によって、同社は全国清酒品評会において、秋田県初の優等賞に輝きました。

さらに、この技術を自社のみにとどめることなく、近隣の蔵元にも公開。東北の酒造りの品質向上に大きな貢献を果たしてきたのです。

「五年蔵」は、清酒粕から造られる粕取り焼酎(酒粕焼酎)

「五年蔵」は、清酒粕から造られる粕取り焼酎(酒粕焼酎)

出典:両関酒造サイト

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事