失敗しない、 おうちで上手に作れるレシピを紹介「味付け半熟卵」

失敗しない、 おうちで上手に作れるレシピを紹介「味付け半熟卵」

ラーメンの具材としても、おつまみとしても人気の「味付け半熟卵」。おうちで作るのは難しいと思いがちですが、じつはコツを掴めばカンタンにおいしい半熟卵を作れちゃいます。卵をつけこむたれをアレンジするのもたのしいので、自分好みのゆで具合や味付けを見つけてみましょう!

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ハイボール

みんな大好きですよね、「味付け半熟卵」。今回は半熟ゆで卵の上手な作り方、そして、定番つけだれから少しアレンジした味付けだれまで紹介します。おうちで作れば、手軽に自分好みの味、卵の半熟具合で作れますよ。おつまみの定番、味付け半熟卵をぜひ作り置きしておきましょう!

【材料/作りやすい分量】
卵…4個 ※冷蔵庫から出したての卵を使いましょう。

<定番つけだれの材料>
醤油…大さじ3
みりん…大さじ2
砂糖…大さじ1
かつおぶし…2g
水…100ml

【失敗しない半熟ゆで卵の作り方】
1.卵の丸いほう(おしりのほう)に画びょうで穴を開ける。
2.たっぷりの沸騰したお湯におたまを使って、卵を静かに入れ、半熟ならタイマーを7分〜7分30秒にセットし、時折卵を転がしながらゆでる。

※以下を参考に、お好みのゆで具合で時間を調整してください。
◇超半熟:6分30秒〜6分45秒(あまり時間が短いと殻がむきづらくなるので注意を)
◇半熟:7分〜7分30秒
◇ほどほどのゆで具合:8分〜9分
◇固ゆで:10分ほど

3.ゆで上がったら、すぐに流水にかけて冷やし、殻全体にひびを入れてむく。そのとき流水に当てながらむいていくと、楽にきれいにむけますよ。

卵の丸みがある部分に穴を開けることで、「気室」という部位から炭酸ガスを逃して、加熱による膨張を抑え、殻がむきやすくなります。一般的なケース入りの卵は、丸いほうが上向き(卵の尖ったほうがケースの下側)になっています。

【定番つけだれの味付け半熟卵の作り方】
1.鍋に醤油、みりん、砂糖、かつおぶし、水を入れて混ぜ、中火にかける。沸騰したらそのまま30秒ほど加熱して火を止め、粗熱が取れるまでそのまま置く。
※市販のめんつゆを使用する場合は、麺のつけ汁程度に薄めためんつゆにつけてください。
2.保存容器やチャック付き保存袋などに卵を入れ、ザルでこした「1」を注ぎ入れる。数時間〜半日、冷蔵庫でつけ置いて出来上がり!

【アレンジだれの作り方】
<南蛮風半熟卵>
醤油…大さじ2、酢…大さじ4、砂糖…大さじ2、水…大さじ2を混ぜて、卵をつける。

<ソース半熟卵>
ウスターソース…大さじ4、醤油…大さじ2、砂糖…大さじ1、水…大さじ2、ローリエ…1枚を混ぜて、卵をつける。

<カレーコンソメ半熟卵> 
顆粒コンソメ…小さじ2、すし酢…大さじ4、水…大さじ3、カレー粉…小さじ1を混ぜて、卵をつける。

【コツ・ポイント】
●日本酒に合わせるなら、定番つけだれに唐辛子を加えてみましょう。ビールに合わせるなら、アレンジで紹介したカレーコンソメ半熟卵に黒胡椒をふってどうぞ。

ちょっとスパイシーな「カレーコンソメ半熟卵」もおすすめです。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事