初の快挙となる世界No.1 W受賞!「IWC 2020」SAKE部門最優秀賞を平和酒造の日本酒が獲得

初の快挙となる世界No.1 W受賞!「IWC 2020」SAKE部門最優秀賞を平和酒造の日本酒が獲得

2020年12月に発表された世最大級のワイン品評会「IWC2020」SAKE部門の最優秀評価である「チャンピオン・サケ」に平和酒造の「紀土 無量山 純米吟醸」が選ばれ、世界No.1を獲得。また同時に世界No.1の日本酒酒蔵の称号「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」を、2年連続で受賞する快挙を達成

  • 更新日:

平和酒造が、IWC 2020で世界No.1 W受賞という快挙を達成!

2020年12月7日(日本時間)ロンドンにて発表された世界最大級のワイン品評会「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2020」SAKE部門の最優秀評価である1銘柄「チャンピオン・サケ」に、平和酒造(和歌山県海南市)の「紀土 無量山 純米吟醸」が選ばれ、世界No.1を獲得しました。

また同時に、同品評会にて選出される世界No.1の日本酒酒蔵の称号「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」を、2019年の受賞に続いて2年連続で受賞をする初快挙を達成。

IWCは、世界で数あるコンテストの中で最も権威があり、2020年は総計1,401銘柄がエントリー。日本酒部門は9つのカテゴリーに分かれ、それぞれの部でブラインドテイスティングによる審査が行われ、各カテゴリーのトロフィー受賞銘柄から、最優秀の1銘柄だけにチャンピオン・サケの称号が与えられます。

平和酒造 代表 山本典正氏の受賞コメント

この度、国外最大の日本酒コンテスト「International Wine Challenge 2020」にて、「トロフィー」受賞出品酒のなかから、9カテゴリーの最高賞として、「紀土 無量山 純米吟醸」が「Champion Sake」に選ばれました。また、同時に1社から複数エントリーされたお酒の全てにわたって、高評価を得たメーカーが選ばれる、「Sake Brewer of the year」にも選ばれ2冠を達成いたしました。これもひとえに、皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。本当にありがとうございます!これを励みに一層良いお酒を造れるよう頑張って参ります。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

出典 https://www.atpress.ne.jp/news/239039

IWCのコメント

「この日本酒は、メロン、柿、ハーブの香りエレガントでパイナップルやスピリッツのようなフレーバー。最後にキリっとしたフィニッシュを楽しめます。素晴らしい日本酒です!」

出典 https://www.atpress.ne.jp/news/239039

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)について

世界最大級で最も大きな影響力をもつと言われているワイン品評会。2007年よりSAKE部門が設定され、2020年は9つのカテゴリー「普通酒」「純米酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」「本醸造酒」「吟醸酒」「大吟醸酒」「スパークリング」「古酒」に分かれ、ブラインドテイスティングによる審査が行われます。各カテゴリーのトロフィー賞を選出後、9つのカテゴリーの出品酒の中から最優秀賞「Champion Sake(チャンピオン・サケ)」を決定。同時に1社から複数エントリーされたお酒の全てにわたって、高評価を得たメーカーが選ばれる「Sake Brewer of the year(サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー)」の選考も行われます。

授賞銘柄【紀土(きっど) 無量山(むりょうざん) 純米吟醸】のテーマは「日本一美味しい日本酒」

平和酒造の蔵元である山本家は、1928年に酒造りを始め、その前は無量山超願寺という寺だったそうです。紀土ブランド最高峰のシリーズとしてリリースされた「紀土 無量山」。その歴史的な名前が冠されているのは単なる懐古主義ではなく、誕生以来、想像できない程多くの人達が受け継ぎ、発展させてきた日本酒という文化や歴史について、ただそれに固執し留まるのではなくさらに発展させ、未来へと繋いでいくという決意が「無量山」には込められているといいます。

そんな「紀土 無量山 純米吟醸」の味わいのテーマは「日本一美味しい日本酒」。米は全て特A地区の最高峰の山田錦と、紀土の原点である紀州の柔らかできれいな水を用い、紀州の風土の至高の味わいを追求しています。このような信念と取り組みを極めたことが、今回の世界No.1ダブル受賞という快挙につながったといえるでしょう。

商品名    :紀土 無量山 純米吟醸
使用米    :特A山田錦
精米歩合   :50%
アルコール度数:15%
参考小売価格 :720ml 2,300円(税別)
発売地域   :全国

※完売で購入できない可能性があります

モノづくりの理想郷を目指す平和酒造

和歌山県海南市の自然豊かな場所に蔵が位置し、代表銘柄は日本酒「紀土(きっど)」、「無量山(むりょうざん)」、リキュール「鶴梅(つるうめ)」、クラフトビール「平和クラフト」を製造。「紀土」は首都圏での人気から近年全国的にも好評をいただき、国内外の多くの賞を受賞しています。最高の品質にこだわりを持った酒造りを行い、この蔵をモノづくりの理想郷とするべく、若い蔵人たちのチームワークにより、日々良質な酒造りに情熱を注いでいるそうです。

■会社概要
屋号    :平和酒造株式会社
所在地   :和歌山県海南市溝ノ口119番地
代表者   :代表取締役社長 山本 典正
創業    :昭和3年(1928年)
ホームページ:http://www.heiwashuzou.co.jp/

【関連記事】
和歌山の日本酒【紀土(きっど):平和酒造】和歌山から世界へと飛翔する酒

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識