名前入り日本酒を贈ろう!

名前入り日本酒を贈ろう!
出典 : shutterpix/ Shutterstock.com

名前入りの日本酒が、贈り物として注目されているのを知っていますか? 世界にひとつだけのスペシャル感が、日本酒好きに喜ばれています。ボトルに直接彫刻できるものや、メッセージを入れられるものなど選択肢も豊富。大切な人に、贈ってみませんか?

  • 更新日:

名前入りの日本酒がプレゼントに人気

名前入りの日本酒がプレゼントに人気

rumo777/ Shutterstock.com

名前入りの日本酒(名入れ日本酒)が人気のワケ

名前入りの日本酒が、贈り物として人気を呼んでいます。名前入りの日本酒とは、日本酒のラベルやボトルに、名前のほか、イラストやメッセージなどが入った日本酒のこと。こういったサービスのことを「名入れ(サービス)」ともいいます。名入れの魅力は、なんといっても、世界にひとつだけのオリジナル日本酒を作れるというスペシャル感でしょう。

感謝を伝える父の日や母の日、誕生日祝いなど、比較的カジュアルなお祝いごとや、お世話になった人への退職祝いや結婚祝い、還暦祝いなど、人生の節目を祝うときにも重宝され、日本酒好きの人などに喜ばれています。

また、ビジネスシーンでも、昇進祝いや開業祝い、企業の周年記念など、さまざまなシーンで利用されています。

静かなブーム。焼酎を「名前入り」にして贈ろう!

贈答用の日本酒の、用途に合わせた選び方

プレゼント用に名前入りの日本酒を作る前に、用途に応じてどんな日本酒を贈るとよいのか知っておきたいもの。ここでは、日本酒の選び方のコツを3つ紹介します。

【人生の節目にはハイクラスのものを】

退職祝いや還暦祝いなど、ここぞというときには、ハイクラスの大吟醸酒がオススメです。ある程度、値段が張るものが多いですが、香り高く、クリアな味わいの大吟醸酒は、特別なお祝いごとに向いています。

【万人受けするのは有名ブランドの日本酒】

有名銘柄にも、名入れできるものがあります。「久保田」(朝日酒造・新潟県)をはじめ、安心感のあるブランド銘柄は万人に喜ばれるので、昇進祝いなどビジネスシーンでの贈答用にもオススメです。

【慶びごとを祝うなら銘柄名にこだわる】

結婚祝いや出産祝いなどには、縁起のよい銘柄名の日本酒を選ぶとよいでしょう。幸運を祈願して「開運」(土井酒造場・静岡県)や、慶事を祝う気持ちを込めて「満寿泉(ますいずみ)」(枡田酒造店・富山県)など、めでたい名前の日本酒は、いっそう贈る相手への想いが伝わります。

名前入り日本酒の豊富なバリエーション

名前入り日本酒の豊富なバリエーション

kathayut kongmanee / Shutterstock.com

名前入り日本酒の主流はラベルタイプ

名前入り日本酒でいちばんポピュラーなものは、ラベルに名前を入れるタイプです。名前のほか、メッセージや写真を入れられるものもあり、バリエーションやデザインも豊富。カジュアルなシーンから、かしこまった場面まで、幅広く利用できます。なかには、書道師範が1枚ずつていねいに書いたラベルもあり、まさに1点ものの日本酒として心のこもった贈り物になるでしょう。

名前入り日本酒がグレードアップした彫刻タイプ

名前入りの日本酒のなかでも、ワンランク上の高級感を求めるなら、瓶に彫刻を施したタイプがよいでしょう。名前やメッセージとともに繊細な飾りがあしらわれたボトルなら、受け取った人もきっと喜ぶはず。なかには、飲んだあとにも飾っておきたくなるような、芸術品のように仕上がるものもあります。桐箱入りなどを選べば、さらに特別な贈り物になります。

名前入り日本酒の進化形とは?

名前入りの日本酒で話題になっているのが、似顔絵入りのもの。写真をもとにプロが描いてデザインした似顔絵を、そのままラベルにしたり、ボトルに彫ったりできるサービスで、写真とは違った温かみのある仕上がりが魅力です。

また、日本酒と一緒に名前入りの酒器をセットにできる商品も登場しています。枡や、徳利とお猪口のセット、ペアグラスなどを一緒にプレゼントすれば、相手の日本酒ライフを充実させてくれることでしょう。日本酒は飲んでしまうと終わりですが、セットの酒器はくり返し使えるので、使うたびに贈られた日のことを思い返してもらえそうですね。

日本酒を名前入りで贈るならこの銘柄!

日本酒を名前入りで贈るならこの銘柄!

rumo777/ Shutterstock.com

名前入りにオススメの日本酒~老子の言葉が由来「上善如水」

名前入りできる日本酒でまずオススメしたいのは、新潟県・白瀧酒造の代表銘柄「上善如水(じょうぜんみずのごとし)」です。1855年創業の歴史ある蔵元が醸す「上善如水」は、その名のとおり水のようにピュアな日本酒で、銘柄名は古代中国の思想家、老子の言葉に由来しています。

「上善如水」のラインナップのなかでも、純米大吟醸酒は華やかさを秘めた上品な香りとキレのよい酸味が特徴。純米吟醸酒は飲み手を選ばない、清み切った雪解け水のような味わいが魅力です。相手の好みに合わせて選んでみてください。

蔵元が公式に提携している名入れサービスは、ボトルに直接名前を彫刻できるタイプ。繊細で豪奢なデザインとスワロフスキーが高級感を演出しています。


製造元:白瀧酒造株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら

名前入りにオススメの日本酒~勝利と栄光のシンボル「月桂冠」

次に紹介したいのが、京都伏見に本社を置く月桂冠の大吟醸酒です。名入れできる大吟醸酒は、フルーティな香りとすっきりとした味わいが特徴の生詰めタイプ。名入れのサービス内容は提携先によって異なり、似顔絵とメッセージを彫刻できるものや、ボトルにゴールドやシルバーの彫刻を施したうえで、焼印を入れたオリジナルの木箱をオプションでつけられるものなどがあります。

月桂冠といえば、大衆向けの日本酒のイメージを持つ人もいるかもしれませんが、1637年(寛永14年)に伏見で創業して以来、革新と創造性でチャレンジを続け、全国新酒鑑評会で金賞を受賞するなど、非常に高い技術力に定評があります。なにより社名の「月桂冠」は勝利と栄光のシンボルです。人生の新しい門出の祝いにふさわしい日本酒を、名前入りで贈ってみてはいかがでしょう。

製造元:月桂冠株式会社
公式サイトはこちら
購入はこちら

名前入りの日本酒の、贈り物としての魅力が伝わったでしょうか? 素敵なものが多いので、贈られた相手が唯一困るのは、飲んでしまうのがもったいなくて、いつ開けるか悩んでしまうことかもしれませんね。お祝いごとにはぜひ、心を込めた名前入りの日本酒を贈ってみてください。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識