新ジャンルが10月から値上がりに! 2020年10月に酒税改正実施

新ジャンルが10月から値上がりに! 2020年10月に酒税改正実施

日本では、アルコールを含んだビール類は、ビール・発泡酒・新ジャンル(通称)という3つに分類され、家庭用では、とくに「新ジャンル(第3のビール)」が売れています。そのビール類は今後、2026年までの6年の間に3回の酒税の改正が実施され、第一段階として2020年10月から酒税税額の変更に伴い店頭での販売価格が変わります。

  • 更新日:

2020年10月から新ジャンル(第3のビール)が値上げに

2020年10月から新ジャンル(第3のビール)が値上げに

2026年10月までの3段階で実施される酒税改正については、2017年4月に国税局から発表されています。

今回は、2020年10月に実施される第一段階の酒税改正を中心に説明していきます。

第一段階として、実施される2020年10月の酒税改正では、ビールは1缶(350ml)あたり7円税額が下がり、新ジャンルや「第3のビール」と呼ばれているものは、1缶(350ml)あたり9.8円税額が上がります。今回、発泡酒は、税額の変更はありません。

ビールの愛飲者にとっては、うれしい値下げになりますが、新ジャンルを愛飲している人には、価格値上げに伴ってお財布にひびく酒税改正となります。

新ジャンルは、350ml缶あたり1本9.8円の酒税の増加になるので、単純計算で350mlの6缶パックは、1パックあたり58.8円のプラス、1ケース24缶入りでは、235.2円の酒税の増額になります。
10月以降の店頭価格は、酒類取扱い店舗の判断に委ねられますが、酒税の増加分に近い価格が9月までの店頭価格に上乗せされて販売されることになると思われます。

一方、「キリン一番搾り」や「アサヒスーパードライ」などの大手ビールメーカーの“ビール”は、10月以降、酒税が下がるので、少しお財布に優しくなる見込みです。

10月以降、酒税が下がるので、少しお財布に優しくなる見込み

“新ジャンルの価格が上がる前に、少しまとめ買いを“と考えている人も多いかと思います。
ちなみに、ビール類の賞味期限は、キリンビール・アサヒビール・サントリーは製造から9ヶ月、サッポロビールは12ヶ月となっています。

とはいえ、一般的なビールは新鮮なほうが美味しいといわれています。
購入の際には、美味しいうちに飲み切れる量の購入をおすすめします。

酒税法等の改正のあらまし

2020年10月の酒税改正では、日本酒やワインも対象に

2020年10月の酒税改正では、ビール類だけでなく、日本酒やワインも酒税額が変更されます。
日本酒は1.8リットルあたり18円酒税額が下がります。一方、ワインは720mlあたり7.2円酒税額が増加します。

10月以降の小売業の店頭で、どのように価格が変わるかは、日本酒やワインの製造メーカーや取扱い企業によって対応がまちまちのようなので、10月以降の価格がどのように変更になるかは、残念ながら明確に伝えることができません。

いずれにしても、お酒は適量を守って健康的にたのしみたいですね。

おすすめ情報

関連情報