「アベラワー」は、スコッチ最大の産地スペイサイドの華やかなシングルモルト

「アベラワー」は、スコッチ最大の産地スペイサイドの華やかなシングルモルト
出典 : JanTrautscholdPhotography/ Shutterstock.com

「アベラワー」は、アベラワー蒸溜所が製造するスコッチウイスキーの銘柄です。蒸溜所はハイランド地方の東部、スペイサイド地区の中央に位置します。この記事では、リッチな味わいが魅力のシングルモルト、「アベラワー」を紹介します。

  • 更新日:

「アベラワー」を印象付けるダブルカスクマチュレーションとは

「アベラワー」を印象付けるダブルカスクマチュレーションとは

Razoomanet/ Shutterstock.com

アベラワーは、ダブルカスクマチュレーション製法で造られるスコッチ

スコッチの一大産地、スペイサイドのアベラワー蒸溜所が造るシングルモルト「アベラワー」。アベラワーを特徴づけるのは、「ダブルカスクマチュレーション」という製法にあります。ダブルは2、カスクは樽、マチュレーションは熟成という意味で、直訳すると「2つの樽で熟成する製法」となります。
アベラワーを熟成させるときに使用する樽は、南スペインでワイン樽として使われていたシェリー樽とアメリカ産バーボン樽の2種類です。それぞれの樽で熟成のピークを迎えるまで寝かせた原酒を、バランスよく合わせて仕上げるため、エレガントで複雑、そして豊かな風味を持つシングルモルトが完成します。

アベラワーをはじめ、ウイスキーの個性を左右する熟成樽と熟成期間

ウイスキーの個性は、蒸溜後も熟成樽の材質や状態、過去にその樽に入っていたお酒の種類などによって変化します。スコッチの熟成に使われる樽は、おもにシェリー香や果実香を生みだすシェリー樽や、木香やバニラ香を生みだすバーボン樽など。古樽がほとんどで、新樽はあまり使われません。アベラワーでも、厳選した2種類の古樽を使って熟成させています。
また熟成樽を寝かせる年数も、ウイスキーの味や香りに大きく影響します。スコッチの熟成期間は最低3年間。一般的には10~20年ほどで熟成のピークを迎えます。アベラワーが瓶詰めされるのも、12~18年の熟成ピークを迎えてからです。

「アベラワー」を育む、スコットランド・スペイサイド地区の特色

「アベラワー」を育む、スコットランド・スペイサイド地区の特色

jean morrison/ Shutterstock.com

アベラワー蒸溜所のあるスペイサイドは、スコッチ最大の生産地

ハイランド地方北東部に位置するスペイサイド地区は、スコッチウイスキーの6大産地のひとつです。スコットランドの全蒸溜所のうち、約半数にあたる50近い蒸溜所が、スペイ川流域のスペイサイドにあります。アベラワーのほか、グレンフィディックやマッカランなどの有名蒸溜所があるのも、ここスペイサイドです。
スペイサイドは、冷涼な気候で、良質な湧き水が豊富にあり、大麦の収穫が盛んであるなど、ウイスキー造りに適した環境が整っています。自然環境に恵まれたスペイサイドで生まれるスペイサイドモルトは、世界中のファンを魅了しています。

「スペイサイド」がどこにあるか知っていますか? 【ウイスキー用語集】

洗練されたスペイサイドモルトは、スコッチブームの先駆者

スペイサイドで造られるモルトの特徴は、華やかな風味とバランスのよさにあります。フルーティーでフローラルな香りを持つスペイサイドモルトは、初心者でも親しみやすく、スコッチ愛好家を増やすきっかけを作りました。アベラワーも華やかな香りが印象的です。
また、バランスのよいスペイサイドモルトは、ブレンデッドウイスキーの軸となるキーモルトとしてもよく用いられます。たとえば、「カードゥ」は「ジョニーウォーカー」に、「ストラスアイラ」は「シーバスリーガル」に使われています。アベラワーも、「ホワイトヘザー」に使用されています。

アベラワー蒸溜所があるのは、ラワー川沿いのアベラワー村

スペイサイド地区のほぼ中心に位置するのが、アベラワー蒸溜所のあるアベラワー村です。アベラワーとはゲール語で「ラワー川の落ち合い」や「せせらぐ小川の川口」という意味。その名のとおり、アベラワー村はスペイ川に注ぐ美しい小川、ラワー川の流域にあります。
1879年にジェームス・フレミングが創業したアベラワー蒸溜所も、このラワー川沿いに建っています。見学ツアーに参加すれば、製造工程を見ることもできます。

「アベラワー」のラインナップは12年・16年・18年・アブーナの4種類

「アベラワー」のラインナップは12年・16年・18年・アブーナの4種類

blaskor/ Shutterstock.com

ダブルカスクマチュレーション製法で造る、12年・16年・18年

「アベラワー ダブル・カスク マチュアード」は、熟成期間によって香りや味、余韻が異なります。
12年は、円みのある香りやフルーティーなアロマ、甘くて微かにスパイシーな余韻などが特徴です。16年は、リッチでフローラルな香り、フルボディの濃厚な味わい、フルーティーでスパイシーな余韻が。18年はリッチさが増して、バタースコッチのような香り、蜂蜜のような味わいやクリーミーさ、バランスのとれた長く続く余韻などを贅沢にたのしめます。

カスクストレングスの「アブーナ」もアベラワーの銘柄

ゲール語で「起源」を意味する「アブーナ」。「アベラワー アブーナ」は、ダブルカスクマチュレーションではなく、創業当時の製法で造られているナチュラルスタイルのスコッチです。
熟成にはスパニッシュオークのオロロソ・シェリー樽を使用。冷却ろ過をしないノンチルフィルタードで、加水をせず樽出しそのままの原酒をボトリングしています。「カスクストレングス(樽そのままのアルコール度数)」のアブーナは、バッチナンバーごとに度数が異なるのも特徴です。


「カスクストレングス」という用語には2つの意味が ある【ウイスキー用語集】

アベラワーは、2種類の熟成樽で寝かせた原酒をバランスよく合わせたスコッチ。リッチなテイストなので、食後酒としてもおすすめです。熟成期間によって香りや味わいが異なるアベラワーを、飲み比べてみてはいかがでしょう。

国内販売元:ペルノ・リカール・ジャパン
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識