富山のウイスキー「MOON GLOW」が、3年連続ベストウイスキーに選出。この春の限定品も登場!

富山のウイスキー「MOON GLOW」が、3年連続ベストウイスキーに選出。この春の限定品も登場!

若鶴酒造株式会社(富山県砺波市)のブレンデッドウイスキー「MOON GLOW Half Moon 2019」が、世界的なコンテスト「ワールド・ウイスキー・アワード(以下WWA)2020」において、が「ジャパニーズ ブレンデッド リミテッドリリース」の12年以下の部にてベストウイスキーに選出されました。

  • 更新日:

砺波平野の豊かな自然の中、酒造りを続けてきた「若鶴酒造」

砺波平野の豊かな自然の中、酒造りを続けてきた「若鶴酒造」

屋敷林に囲まれた家が点在する、砺波平野に特有の散居村(さんきょそん)の風景。

「名水百選」に選ばれた瓜裂生水(うりわりしょうず)があり、市内の中心部を庄川が流れる富山県砺波市。若鶴酒造はこの地にて文久2年(1862年)に創業し、「若鶴」をはじめとする清酒を造り続けています。

北陸唯一の蒸留所「三郎丸蒸留所」

そんな若鶴酒造がウイスキー造りを行っているのが、1952年に設立された、北陸で唯一の蒸留所でもある「三郎丸蒸留所」。年間の生産量は25樽ほどですが、砺波特有の気候と庄川の伏流水を生かし、こだわりのウイスキーが産み出されています。

今回、若鶴酒造「MOON GLOW Half Moon 2019」が、イギリスのウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」が主催する世界的なコンテスト「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2020」の日本地区「ジャパニーズ ブレンデッド≪リミテッドリリース≫」12年以下の部にてベストウイスキーに選出されました。

2018年の「MOON GLOW First Release」、2019年の「MOON GLOW Crescent 2018」に続き、これで3年連続受賞の快挙となります。

<三郎丸蒸留所 公式URL>
https://www.wakatsuru.co.jp/saburomaru/

ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2020

2007年より毎年開催されており、今年で15回目を数えます。世界各国からエントリーされたウイスキーの中から、「シングルモルト」「ブレンデッドウイスキー」「グレーンウイスキー」などの15部門があり、部門ごとに最高賞「ワールドベスト」1品が選ばれます。

<受賞結果(PDF、英語)>
http://www.worldwhiskiesawards.com/shares/WWA_Booklet_2020-v3.pdf

前回「MOON GLOW Crescent 2018」での受賞時の記事はこちら。フラッグシップ日本酒「若鶴 純米大吟醸 瑤雫40」についても解説。
富山県「若鶴酒造」の日本酒&ウイスキーが、世界的なコンテストでダブル受賞の快挙!

「MOON GLOW Half Moon 2019」 商品概要

「MOON GLOW Half Moon 2019」 商品概要

<容量>
700ml

<希望小売価格>
¥14,000(税抜)

<原材料>
モルト、グレーン

<アルコール分>
43度

<商品特徴>
1960年蒸留の三郎丸蒸留所モルトをはじめ、熟成年数が10年以上の原酒のみを吟味。PX(Pedro Ximenez)カスクでマリッジし、芳醇で滑らかな味わいへと導かれました。長い年月が生み出す重層的な味わいと複雑な余韻が、調和を奏でながら永く続きます。

数量限定「MOON GLOW Limited Edition 2020」

「MOON GLOW Limited Edition 2020」

「MOON GLOW」シリーズより、この春新たに「MOON GLOW Limited Edition 2020」が発売となりました。3月14日から数量限定での発売です。

<容量>
700ml

<希望小売価格>
¥9,200(消費税抜)

<原材料>
モルト、グレーン

<アルコール分>
43度

<発売日>
2020年3月14日(土)

<販売本数>
9,455本

<販売エリア>
全国

<商品特徴>
1990年蒸留の三郎丸蒸留所モルトをキーモルトに、熟成年数が10年以上の原酒のみを吟味。赤ワイン樽でフィニッシュした芳醇なグレーンと、甘味を引き出すシェリー樽モルトが絶妙に溶け合い、優しく滑らかな味わいへと導かれています。

長い年月が生み出す重層的な味わいと複雑な余韻が、調和を奏でながら永く続きます。

<若鶴酒造オンラインショップ 公式URL>
https://www.shop-wakatsuru.jp/SHOP/w127.html

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識