テレビで紹介した「モンブラン」厳選5種とシャンパーニュでホームパーティー

テレビで紹介した「モンブラン」厳選5種とシャンパーニュでホームパーティー

先日、テレビ「モンブランの世界」に出演させていただき、モンブランについて2020年新作「春モンブラン」をご紹介しました。おかげさまで視聴率もよく、各店での売り上げも上々とのこと。改めて各店をお礼とご挨拶を兼ねて買い周りし、お友達とお家でモンブランパーティーを開催しました。

  • 更新日:

フードジャーナリスト里井真由美「モンブランの世界」

春モンブランとは、いわゆる定番の栗のモンブランから、春の食材を活かし、シェフたちが新進化させたもの。季節ごとに変化させるシェフもいらっしゃるので総称として「衣替えモンブラン」と命名させていただいています。

番組内で召し上がっていただいたモンブランや、VTRで紹介した春モンブランなど5種をご紹介しますね。合わせたお酒はシャンパーニュ。「フローラン ベルジュロノー マリオン ブリュットトラディション」です。

「ベルジュロノー マリオン」は、フランス モンターニュ・ド・ランス地区にあり、ムニエ主体のクロ(clos=石垣に囲まれた特別の畑)を持っていることでも知られています。日本でも女性が好きなシャンパーニュで、パッケージの華やかさもパーティーにぴったり。

フードジャーナリスト里井真由美「モンブランの世界」

柑橘系の華やかな香りは飲みやすくフルーティーです。

フードジャーナリスト里井真由美「モンブランの世界」

今回紹介するのは、5店のモンブラン

モンブランはこちらの5店です
1「デリーモ」/ほうじ茶マロン
2「スイーツ&ベーカリー 粋」(ロイヤルパークホテル東京)/モンブラン
3「アサコイワヤナギ」/峠・桜モンブラン
4「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」/春モンブラン
5「パティスリーカメリア銀座」/モンブランピスターシュ

1「デリーモ」/ほうじ茶マロン

1「デリーモ」/ほうじ茶マロン

ほうじ茶モンブラン

1「デリーモ」/ほうじ茶マロン

ほうじ茶モンブランの断面

定番のモンブランから進化させた「ほうじ茶マロン」は断面が美しい! 収録スタジオでは「どうやって作ってるの?」という言葉が出たほど。ショコラティエでもあり、パフェの達人でもある江口シェフならではの技!(と、エロス。笑)です。ムースはブロンズチョコレートとほうじ茶で、中にカシスが入っていますが、クリームと土台が栗なので「モンブラン食べてる」感もあります。シャンパンとよく合いました。赤、白のワインとも相性がよさそうです。

2「スイーツ&ベーカリー 粋」(ロイヤルパークホテル東京)/モンブラン

番組では定番モンブランをご紹介しました。和栗と洋栗両方のおいしさがたのしめ、トップに栗、中にも栗!とお宝発見系のモンブラン。

クリームはマスカルポーネチーズ入り。ラズベリーもほんのり入っていて、シャンパンにも合います。

放送前は1日に平均10個ほどの売れ行きだったモンブランが、放送後日は220個完売。その後も連日200個前後、1週間で1500個以上売れ、今でも100個ペースで売れているそうです。

2「スイーツ&ベーカリー 粋」(ロイヤルパークホテル東京)/モンブラン

スイーツ&ベーカリー 粋・モンブランの断面

あまりの人気で特注の特大サイズも新登場! 普段は店頭にはありませんが、7日前までに予約すれば、お買い求めいただけます。

2「スイーツ&ベーカリー 粋」(ロイヤルパークホテル東京)/モンブラン

3「アサコイワヤナギ」/峠・桜モンブラン

自転車やサイクリング、ロードバイクがお好きという岩柳シェフのスペシャリテのひとつが「峠モンブラン」。山ではなく峠を表現したフォルムは、冬は安納芋、春は桜にと変化します。今年は、桜や苺もトッピングされ一層華やかでおいしいです。春モンブランのほうがシャンパーニュに合うと思いましたが、和栗や桜、黒糖、よもぎなど和の要素が強めのモンブランなので、日本酒やスパークリングの日本酒も合うと思います。

3「アサコイワヤナギ」/峠・桜モンブラン

峠・桜モンブランの断面

4「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」/春モンブラン

日本が誇る、グランメゾンのフレンチ「ジョエル・ロブション」から、2020年はモンブランの新作が登場しました。

フランスマロンのモンブラン、あまおう苺を合わせた春モンブランは、ともにシャンパーニュが一番合うと思いました。

4「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」/春モンブラン

とくに、春モンブランは中央にライチ、土台はピスタチオとマロンが入っていて、シャンパーニュの泡が弾けると同時に華やかさが一層広がります。

定番のモンブランにもほのかにお酒が入っているので、両方ともお酒にぴったりです。テイクアウトのみの商品なので、ぜひお家でお好きなお酒とマリアージュをおたのしみくださいね。

4「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」/春モンブラン

春モンブランの断面

6「パティスリーカメリア銀座」/モンブランピスターシュ

ピスタチオマカロンの上にピスタチオクリームがのって、中には栗の甘露煮が入っています。トップのラズベリー、マカロンの中にもラズベリージュレが入っているのでシャンパーニュと相性よし! 香りのよさがグンとアップ! モンブランはフランスマロンと渋皮にコクがあり、赤・白ワインやウィスキー、バーボンも合いそう。こちらもテイクアウトのみのお品なので、ぜひいろいろおためしください。平日は夜中の1時まで開いているので、お仕事後にもお立ち寄りいただきやすいお店です(2020年3月時点)。

6「パティスリーカメリア銀座」/モンブランピスターシュ

パティスリーカメリア銀座のモンブラン

今年の春は、ご時世的にも「家呑み」がさらに人気ですね。
モンブランは、珈琲や紅茶、ティータイムにもぴったりですが、お酒にもよく合うと思います。今回は3人女子会だったのでシャンパーニュ1本ですべてのモンブランと合わせましたが、今度はお酒の種類もいろいろ変えてたのしみたいな〜。みなさまも「モンブラン×お好きなお酒のマリアージュ」おたのしみいただけると嬉しいです。

6「パティスリーカメリア銀座」/モンブランピスターシュ

監修者

里井真由美

里井真由美

フードジャーナリスト。
1級フードアナリストや米・食味鑑定士・きき酒師など多くの食資格を持つ。
世界の高級レストランから和食・デパ地下グルメスイーツなど幅広い分野で情報発信し、テレビ出演も多数。
現在、農林水産省 食料・農業・農村政策審議会委員、フードアクション・ニッポンアンバサダー。
農水省の甘味資源(お砂糖)の委員として国産砂糖やスイーツを応援する「ありが糖運動」も発足、活動中

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識