島根の日本酒【七冠馬(ななかんば):簸上(ひかみ)清酒】創業300年の老舗が醸す辛口の酒

島根の日本酒【七冠馬(ななかんば):簸上(ひかみ)清酒】創業300年の老舗が醸す辛口の酒
出典 : Olga_i/ Shutterstock.com

「七冠馬」は、創業300年の歴史を持つ奥出雲の老舗、簸上清酒の代表銘柄です。日本の競馬界で「七冠馬」と言えば「シンボリルドルフ号」ですが、「七冠馬」はこの名馬にちなんだ酒。競馬ファンからも地酒ファンからも愛される「七冠馬」の魅力を紹介します。

  • 更新日:

「七冠馬」の造り手、簸上清酒は江戸初期から続く老舗蔵

「七冠馬」の造り手、簸上清酒は江戸初期から続く老舗蔵

Toru Kimura/ Shutterstock.com

「七冠馬」を生んだ横田の地は“神話とたたらの里”

「七冠馬」の造り手、簸上(ひかみ)清酒は、江戸時代初期の正徳2年(1712年)の創業以来、300年以上にわたる歴史を持つ老舗です。
簸上清酒が蔵を構えるのは、島根県奥出雲町にある横田の地。神話の昔から砂鉄と木炭による「たたら製鉄」を受け継いできたことから「神話とたたらの里」と呼ばれています。

「七冠馬」の蔵元、簸上清酒は出雲杜氏の伝統を今に受け継ぐ

周囲を中国山地に囲まれた横田は、斐伊川を源流とする清水に恵まれた島根県屈指の米処。夏は涼しく、冬は雪深い気候も酒造りに適していて、古くから酒造りが盛んな土地でした。
その酒造りの歴史は、出雲神話にも語られているほど。大蛇を酒で酔わせて退治した「ヤマタノオロチ伝説」の舞台となったこの地で、簸上清酒は今も出雲杜氏の伝統を受け継ぐ老舗として、地元の風土に根ざした野太い酒造りを続けています。

「七冠馬」は20世紀最強の名馬「シンボリルドルフ号」にちなんだ酒

「七冠馬」は20世紀最強の名馬「シンボリルドルフ号」にちなんだ酒

Olga_i/ Shutterstock.com

「七冠馬」と並ぶ、簸上清酒の日本酒銘柄

「七冠馬」の蔵元、簸上清酒の屋号は、奥出雲一円がかつては「簸上三郡」と呼ばれていたことに由来。主力銘柄である「簸上正宗(ひかみまさむね)」とともに、明治43年(1910年)に、町内の蔵元を吸収合併して規模を拡大した際に命名したものです。
その後も、独特の個性を持った酒造りをめざし、数々の銘柄が誕生。「たたら製鉄」から命名した大吟醸「玉鋼(たまはがね)」や純米大吟醸「たたらの里」、山深い緑をイメージした純米吟醸「かたくりの花」、純米吟醸「深山の香」、純米「おまちどう」、出雲神話に由来した特別本醸造、本醸造「おろちの火祭り」など、多彩なラインナップです。

「七冠馬」は、シンボリルドルフ号の姿をイメージした酒

「七冠馬」は1996年に誕生した、簸上清酒の日本酒のなかでは比較的、新しい銘柄です。その特徴的な酒名の由来となったのが、“20世紀最強の名馬”と呼ばれた「シンボリルドルフ号」です。この名馬を育てたシンボリ牧場は、簸上清酒と親戚関係にあり、その縁から命名したものだとか。
「七冠馬」は、島根産「佐香錦(さかにしき)」をはじめ、厳選された酒造好適米を、奥出雲の清水と出雲杜氏の伝統の技で仕上げた日本酒。流星のごとく駆け抜けるシンボリルドルフ号をイメージして造られただけあって、辛口なのに口あたりがよく、ほのかな香りとキレのある旨味は、飲み手に鮮烈な印象を残します。

「七冠馬」の酒造りを支える「泡無酵母」

「七冠馬」の酒造りを支える「泡無酵母」

Iryna Makukha/ Shutterstock.com

「七冠馬」にも使われる「泡無酵母」とは?

「七冠馬」の蔵元、簸上清酒は、日本酒業界では「泡無酵母」の発祥蔵として知られています。
「泡無酵母」とは、その名の通り、発酵時に泡の立たない酵母のこと。通常の酒造りでは、発酵によって大量の泡が発生するため、泡が溢れないよう桶やタンク内に余地を残す必要があり、発酵後に泡を清掃する手間を要しました。
泡無酵母を用いることで、効率的な酒造りが可能になるため、近年は多くの蔵で泡無酵母が採用されています。

「泡無酵母」は簸上清酒の先代蔵元と杜氏が発見

「泡無酵母」が発見されたのは、今から半世紀以上前の昭和37年(1962年)のこと。
簸上清酒の先代当主と杜氏が、時折、泡の立たない酒樽があることを発見。これに興味を持った、当時の国税庁醸造試験場技官が研究・改良して泡無酵母を開発し、現在の協会泡無酵母となりました。
日本酒造りに革新をもたらすこの発見を記念して、1996年には当時の蔵があった場所に顕彰碑が建立されました。

「七冠馬」をはじめとした簸上清酒の酒造りは、全国的にも高く評価され、全国新酒鑑評会をはじめ、さまざまな品評会で入賞しています。名馬の颯爽とした走りを思わせる「七冠馬」の魅力をぜひ、一度味わってみてください。

製造元:簸上(ひかみ)清酒合名会社
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識