「三々九度」は日本酒で交わす契(ちぎ)りの儀式【日本酒用語集】

「三々九度」は日本酒で交わす契(ちぎ)りの儀式【日本酒用語集】
出典 : Aya2018/ Shutterstock.com

「三々九度」は、日本風の結婚式、いわゆる「神前式」に欠かせない儀式ですが、新郎と新婦が日本酒を飲み交わすことや、その回数には、どんな意味があるのでしょうか? 三々九度を正しく理解することで、古来、日本人が日本酒にどんな意識を持っていたのかがわかるでしょう。

  • 更新日:

「三々九度」で日本酒が使われる理由は?

「三々九度」は神前で夫婦の契りを交わす儀式

「三々九度」は、日本古来の伝統的な挙式スタイルである「神前式」に欠かせない儀式。とはいえ、聞いたことはあっても、具体的な儀式の内容や、どんな意味があるのかを、即座に答えられる人は少ないかもしれません。まずは、その定義をおさらいしておきましょう。
「三々九度」は、「三献(さんこん)の儀」や「夫婦固めの盃」などとも呼ばれ、新郎と新婦が神前で日本酒を飲み交わす儀式のこと。同じ盃に注がれた酒を飲むことで、夫婦の契りを交わすと言う意味があります。また、新郎と新婦が繰り返し盃を重ねることによって、縁を結ぶという意味もあるのだとか。

「三々九度」で飲み交わす日本酒は神聖な「お神酒(おみき)」

「三々九度」に使われる日本酒は、神前に捧げられた「お神酒」。神前に捧げられる飲食物を総称して「神饌(しんせん)」と呼びますが、なかでも「お神酒」はもっとも尊いものとされます。
日本酒は今でこそ一般的ですが、かつては大切な食糧である米を、手間と時間をかけて醸した貴重なもの。結婚式など特別な祝いの席でしか飲むことのできない、特別な飲み物でした。
加えて、日本酒には、出雲神話の「ヤマタノオロチ退治」に象徴されるように、邪気を払う意味があると言われています。また、お酒に酔うことで神様に近づくと考えられていたとの説もあります。
こうした意味を持つ日本酒を神様にお供えし、神聖な力を宿したものが「お神酒」。これを飲み交わすことで、新郎・新婦の、さらには両家の繁栄を祈るのが「三々九度」という儀式なのです。

「三々九度」の回数に込められた意味

「三々九度」の回数に込められた意味

makieni/ Shutterstock.com

「三々九度」とは日本酒を飲み交わす回数を示したもの

「三々九度」の儀式は、室町時代に武家の礼儀作法によって原型が定まったと考えられています。当初は結婚式だけでなく、元服や出陣などの儀式でも行われていましたが、江戸時代になって庶民にも広がり、婚礼の儀式として定着したようです。
なぜ「三々九度」と呼ぶかと言うと、大中小3つの盃で、1盃につき三度ずつ日本酒を注ぐため。「3×3=9」で「三々九度」と考えれば、わかりやすいですね。

「三々九度」の数字に込められた、さまざまな意味

「三々九度」の数字にも、やはり意味があります。「三」や「九」など奇数は2つに割り切れないことから、古来、縁起のよい数字とされてきました。「三々九度」だけでなく「七五三詣」など、おめでたい儀式に奇数がつきものなのは、こうした理由によるものです。
また、「三々九度」で交わされる3つの盃にも、それぞれ意味があります。よく知られているのが、次のようなものです。

一盃(小):過去を意味し、ご先祖への感謝を表す
二盃(中):現在を意味し、夫婦の誓いを示す
三盃(大):未来を意味し、両家の安泰と子孫繁栄を願う

このほか、「天、地、人」を意味するといった説もありますが、いずれにしても、二人の末永い幸福を願う儀式であることがわかります。

「三々九度」の日本酒は飲み干さないとダメ?

「三々九度」の日本酒は飲み干さないとダメ?

kzyn/ Shutterstock.com

「三々九度」で日本酒を飲む際の作法

「三々九度」の儀式は、神官が盃を新郎・新婦に渡し、そこに巫女がお神酒を三回に分けて注ぐという流れで進みます。
新郎や新婦は、この盃を三度にわたって傾けて飲みますが、一度目と二度目は口をつけるだけ、三度目で飲み干すのが通例です。
小さな盃とはいえ、三度も飲むのは大変という人は、無理に飲み干す必要はありません。少し口に含んだり、口をつけるだけでも問題はありません。

「三々九度」は、古くから行われてきた伝統ある儀式。そのしきたりの一つひとつに、人々の幸福を願う気持ちが込められています。そこで使われるお神酒にも、日常的にたのしむ日本酒とは、また違った価値があるのですね。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識