鳥取の日本酒【辨天娘(べんてんむすめ)】愛情を込めて醸される“燗映え”する酒

鳥取の日本酒【辨天娘(べんてんむすめ)】愛情を込めて醸される“燗映え”する酒
出典 : Naoki Kim / Shutterstock.com

「辨天娘」は、現在、鳥取県若桜町(わかさちょう)で唯一の蔵元となる太田酒造場が造る日本酒です。明治後期の創業以来、地元産の米にこだわり、米の個性を活かした酒造りを続ける太田酒造場と、その代表銘柄である「辨天娘」の魅力を紹介します。

  • 更新日:

「辨天娘」の蔵元、太田酒造場の酒造り

「辨天娘」の蔵元、太田酒造場の酒造り

mTaira / Shutterstock.com

「辨天娘」は、若桜町で唯一の蔵元が醸す“若桜の地酒”

「辨天娘」の造り手は、明治42年(1909年)創業の歴史を持つ太田酒造場です。
蔵を構える若桜(わかさ)町は、鳥取県の最東端、兵庫県や岡山県との県境に位置します。かつては因幡街道沿いの宿場町として栄え、緑と清流に恵まれたこの地で、太田酒造場は現在、唯一の蔵元として、地域に根づく“若桜の地酒”を造り続けています。

「辨天娘」の蔵元の、小規模ながら愛情込めた酒造り

「辨天娘」の蔵元、太田酒造場の経営方針は、ただ日本酒を造るだけでなく、その背景にある文化を伝え、残していくこと。昭和の終わりに、一度はその歴史が途絶えかけましたが、こうした理念を守り続けるべく、家族や親類だけで、小規模な酒造りを再開しました。
酒質を第一に考え、蒸し米は自然放冷、醪(もろみ)は「袋搾り」と、手間のかかる伝統製法にこだわるその姿勢が、地元はもちろん、全国の地酒ファンからの支持を集めています。

「辨天娘」の蔵元は「なら漬け」も人気

「辨天娘」と並ぶ、太田酒造場の名物が、蔵仕込みの「なら漬け」。地元・若桜町で採れた大根ときゅうりを、長期熟成させた酒粕で漬け上げたもので、もともとは蔵人のまかない食が始まりだったとか。
太田酒造場のなら漬けは、塩漬けを3度、酒粕漬けを7~9度と、2~3年かけて何度も漬け替えられます。手間ひまかけて生み出された、まろやかでコクのある味わいが、日本酒にも、ご飯にもよく合います。

「辨天娘」は蔵近くの若桜弁財天にあやかった酒

「辨天娘」は蔵近くの若桜弁財天にあやかった酒

Japantreasuretrove / Shutterstock.com

「辨天娘」は「べんてんさん」にちなんで命名

「辨天娘」の酒名は、蔵近くにある「若桜弁財天(わかさべんざいてん)」の徳にあやかれるよう、その名にちなんでつけられました。
「若桜弁財天」は、福岡県の宗像(むなかた)大社を総本山として日本全国に祀られている「宗像三女神」の一柱、「市杵島姫命(いちきしまひめ)」を祀る神社。古くから「べんてんさん」と呼ばれ、商売繁盛や縁結びの神様として親しまれてきました。
現在では“縁結びのパワースポット”として、その名を冠した「辨天娘」と同様、密かな人気を集めています。

「辨天娘」はお燗でたのしみたい食中酒

「辨天娘」はお燗でたのしみたい食中酒

jazz3311 / Shutterstock.com

「辨天娘」は、どのお酒も燗酒で飲むのがオススメ

「辨天娘」は、すべてのラベルに「お燗をして、食中酒としてお楽 しみください」と書かれているように、燗酒(かんざけ)として造られた日本酒です。
一般的に、燗酒が合うとされる「純米酒」はもちろん、常温や冷やして飲むことが多い「生にごり酒」や「純米大吟醸」も、燗酒が推奨されるのが「辨天娘」というお酒。飲むほどに食欲がわいてくる、食事との相性のよさを、ぜひ、実感してみてください。

「辨天娘」は、原料米ごとの個性を活かした酒

「辨天娘」に用いられる原料米は、すべて契約栽培や自家栽培で育てた地元産米。「山田錦」「玉栄」「五百万石」など全国区の知名度を持つ酒造好適米に加えて、「強力(ごうりき)」も用いています。「強力」は、栽培の難しさから栽培が途絶えていましたが、地元の農家や蔵元が協力して復活させた、鳥取の酒造りを象徴する酒造好適米です。
太田酒造場では、これら原料米それぞれの個性を活かすため、育った田んぼごとに異なるタンクで仕込む設備を2009年に導入。仕込んだ順に「◯番娘」と番号をつけ、一切ブレンドせずに出荷しています。このため、「辨天娘」という名のもとに、その都度、異なる味わいを持った日本酒が生まれ、飲み手を飽きることなくたのしませているのです。

「辨天娘」は、鳥取県若桜町の小さな蔵元、太田酒造場が、愛情を込めてていねいに醸す酒。年ごと、タンクごとに異なる「辨天娘」の味わいを、ぜひ熱燗で堪能してください。

製造元:有限会社太田酒造場
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識