日本酒の味を表現するフレーズを知ろう!

日本酒の味を表現するフレーズを知ろう!
出典 : jazz3311/ Shutterstock.com

日本酒の味を表現できれば、愛好家同士で銘柄ごとの味のイメージを共有できて、日本酒のたのしみ方が広がります。日本酒の味を表現する基本的なフレーズや、直感的に感じた味をどう表現すればよいかなど、日本酒の味の表現について紹介していきましょう。

  • 更新日:

日本酒の味の基本表現

siro46/ Shutterstock.com

日本酒の味わいを分類する表現

日本酒の味わいを分類する代表的な表現としては、「淡麗(たんれい)」と「芳醇(ほうじゅん)」がよく知られています。
「淡麗」とはすっきりとした味わいのことで、「辛口」とセットで使われることが多く、水のようにさらりとして甘味の少ないドライな日本酒を指します。
一方、「芳醇」は味わいに深みがあり、濃厚な味わいに対して使われる表現で、米のふくよかな味わいが広がる日本酒を「芳醇旨口」と表現したりします。

日本酒の味を表現する単語を知ろう

次に、日本酒の味わいを表すのによく使われる形容詞を紹介しましょう。

【さっぱり】

口当たりがなめらかで淡い味、キレがよく後味をひかない日本酒を表現します。

【さわやか】

かんきつ類や青葉、竹などのような香りを持つ、酸味のある日本酒を表現します。

【コクがある】

落ち着いた豊かな味わいが調和のとれている日本酒を表現します。

【ふくよか】

口のなかで米の旨味がふくらむような日本酒を表現します。また、稲穂やつきたての餅、栗や落花生など香ばしい香りを表現する際にも使われます。

【熟成】

長期熟成された日本酒の重厚で深みのある味を表現しています。カラメルやシェリー酒のような甘苦い深みのある香りを表現する際にも使われます。

日本酒の味の表現、甘口と辛口について

日本酒の味について、よく「甘口」「辛口」という表現を耳にします。しかし、近年では「日本酒の複雑で繊細な味わいは、甘口、辛口と大括りにできるものではない」との意見もあるようです。
もともと日本酒の甘口・辛口は、「日本酒度」と呼ばれる数値で判断されていましたが、日本酒の味は他にも酸味や苦味などの総合的なバランスで決まるため、あくまで参考にするのがよいと言われています。ラベルに表示された情報だけでなく、自分の舌で「辛口」なのか「甘口」なのかを感じてみましょう。

日本酒の甘口、辛口を知るための目安である「日本酒度」とは

日本酒の味の表現をもっとわかりやすく!

日本酒の味の表現をもっとわかりやすく!

motorolka/ Shutterstock.com

舌と鼻で感じる日本酒の味の表現

日本酒の味は、「甘味」「苦味」「酸味」「旨味」の4つの味の組み合わせとバランスで成り立っています。「酸味と苦味がある」「酸味が強い」といったように、感じたままに表現してみましょう。
また、味だけでなく、香りも日本酒の味を表現するのに大事な要素です。日本酒のテイスティングでは、「果物」「花」「植物」「米」「ナッツ類」など、たとえをあげて表現します。あわせて表現すると「花のような香りがして、ほんのり甘味がある」といったように、こなれた印象になりますね。

日本酒の味を果物で表現する

日本酒の味を他のものに置き換えて表現することもよくあります。なかでも、たとえられる機会が多いのは果物で、生酒や吟醸系の日本酒を「果実味を感じる」などと表現します。
より具体的には、かんきつ系やバナナ、メロン、りんご、梨など、銘柄ごとにさまざまな果物にたとえられ、その銘柄の味わいのイメージを共有する助けとなっています。

日本酒の味を色で表現したラベル

日本酒の味を色で表現したラベル

Nutink/ Shutterstock.com

ひらがなの「たかちよ」シリーズ

日本酒の味を表現するのに、言葉ではなく「色」を用いているケースもあります。新潟県の蔵元、高千代酒造は、代表銘柄「高千代」で知られていますが、ひらがな表記の別銘柄「たかちよ」は、日本酒の味にあわせ、ラベルの色を変えています。
夏酒生原酒は「吟(銀)ラベル」、氷点貯蔵のおりがらみは「空ラベル」と、それぞれの味わいをイメージさせた色合いで、飲む人の想像力をかき立てます。
スペックは一切非公開で、直感で日本酒をたのしんでもらおうという遊び心と、飲み手にもわかりやすいラベルで話題となりました。

製造元:高千代酒造株式会社
公式サイトはこちら

日本酒の味の表現は難しいと思いがちですが、構えることはありません。実際に飲んでみたときに感じた印象を、今回紹介したポイントに当てはめて表現してみましょう。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識