日本酒の水割りってアリ? 自分好みにアレンジできる水割りのススメ

日本酒の水割りってアリ? 自分好みにアレンジできる水割りのススメ
出典 : taka1022/ Shutterstock.com

日本酒を水割りにする飲み方を試したことはあるでしょうか。日本酒といえば燗や冷やでそのまま飲むのが基本ですが、ストレートだとアルコール度数が高くて少し飲みにくいという人にはとくにおすすめです。日本酒を水割りでおいしく飲む方法を紹介します。

  • 更新日:

日本酒を水割りするなら軟水で

日本酒を水割りするなら軟水で

ThamKC / Shutterstock.com

日本酒の水割りと聞くと、日本酒好きの人には抵抗があるかもしれません。とはいえ、もともと多くの日本酒造りには「加水」という工程があり、原酒に水を加えてアルコール度数を調整してから瓶詰めしています。好みに合わせて水割りでたのしむのは、必ずしも間違ったこととは言えないのでは。

日本酒の水割りは、日本酒を飲み慣れてない人や、日本酒の味や香りは好きだけどアルコールに強くないという人にとっては、試してみる価値のある飲み方です。日本酒好きの人でも、アルコール度数が高めの原酒を飲む際や、時間をかけてゆったりと日本酒を飲みたいとき、飲みすぎたくない日にもおすすめです。

日本酒を水割りでたのしむ際には、割り水にもこだわりたいものです。日本酒と相性がよいとされるのは、ミネラルの含有量が低い「軟水」。軟水で水割りにすると、酒の風味がまろやかに緩和されて、スルスルと飲みやすくなります。

ただし、軟水でなければダメというわけではありません。硬水で水割りを作ると、引き締まった味わいになり、酒の個性が際立って感じられます。肉料理との相性がよく、日本酒好きのなかにはこの味が好みという人もいるでしょう。飲みながら少しずつ割り水を足していき、好みの味わいを探るのもたのしいものです。

日本酒の水割りは「酒:水=8:2」が基本

日本酒の水割りは「酒:水=8:2」が基本

PaeJar/ Shutterstock.com

日本酒の水割りの黄金比率と言われるのが、酒と水が8:2という割合です。「原酒」で提供される銘柄など、アルコール度数が高めの日本酒は、ほかのアルコール飲料と比べても、飲みにくさを感じることがあります。そういった場合に8:2で割ると、甘めの白ワインやスパークリングワイン程度の度数になるのです。

日本酒のなかでも原酒の度数は、20度近くのものが一般的。甘口の白ワインならおよそ12度です。80ミリリットルの日本酒に20ミリリットルの水を加えると、ちょうどワインくらいの度数まで下げてあげることができます。
「日本酒は酔いやすいから」と敬遠していた人も、水割りにすればほどよいアルコール度数で日本酒をたのしめそうですね。

日本酒の水割りは、水の温度も重要

日本酒の水割りは、水の温度も重要

Phat1978/ Shutterstock.com

日本酒の水割りを作るときは、水の温度にも気を付けたいところです。日本酒は「燗」や「冷や(常温)」などさまざまな温度でたのしめますが、それは温度によって異なる顔を見せてくれるため。水割りにする際も、温度に気を付ければ、飲みやすさや味わいがさらにアップします。

日本酒を割るのに適した水の温度は、およそ5~8度。ちょうど冷蔵庫で冷やしたペットボトルくらいの温度で、日本酒の「冷酒」も同じくらいの温度です。もし、外出先で日本酒の水割りを飲むなら、ペットボトルの水を購入するか、飲食店なら飲み水と氷をもらいましょう。自宅で飲むなら、冷蔵庫で日本酒と一緒に水を冷やしておくのがおすすめです。

日本酒の水割りは、ストレートで飲むのとはまた違った趣があります。水で割ることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、アルコール度数の高さが気になるときに一度試してみるとよいでしょう。アレンジの選択肢として知っておくと、日本酒のたのしみ方がまたひとつ増えるのでは?

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識