強炭酸で甘くないチューハイ「ウィルキンソン・ハードナイン」3月新発売

強炭酸で甘くないチューハイ「ウィルキンソン・ハードナイン」3月新発売

アルコール度数9%の「ウィルキンソン・ハード」シリーズを刷新した、炭酸強めで甘くない味わいの「ウィルキンソン・ハードナイン」の3フレーバー、計6アイテムが新登場。3月5日(火)より全国で発売されました。

  • 更新日:

過去最高のガス圧が生み出した、強炭酸の爽快な缶チューハイ

過去最高のガス圧が生み出した、強炭酸の爽快な缶チューハイ

ウィルキンソン・ハードナイン 無糖レモン350ml缶

「ウィルキンソン タンサン」を使用した「ウィルキンソン・ハード」シリーズは、アルコール度数9%の糖類と甘味料を一切使用しないRTDです。RTDとは「Ready to Drink」の略。本来は、購入後そのまま飲める缶やペットボトルなどの飲料という意味ですが、日本では、缶チューハイや缶カクテルなどビール以外の低アルコールの飲料を指すことが多いようです。

今回のリニューアルでは、「炭酸感が少ない」「お酒の味が強く、飲みづらい」という愛飲者の声をもとに、従来品よりも炭酸ガス圧を約1割アップ。アサヒビール株式会社のRTD史上最高のガス圧を実現し、炭酸の爽快さがいっそう強化されました。

また、従来のジン、フルーツスピリッツ(果実の甘さを残さず、柑橘の香りのみを抽出した蒸溜酒)に加えて、新たにウォッカも使用した独自の「トリプルスピリッツ製法」を採用。かつてないクリアでスッキリとした後味をたのしめます。

無糖ドライ、無糖レモン、無糖ジンジャの3フレーバー

無糖ドライ、無糖レモン、無糖ジンジャの3フレーバー

ウィルキンソン・ハード 無糖ジンジャ350ml缶

今回新発売したのは「ウィルキンソン・ハードナイン 無糖ドライ」、「ウィルキンソン・ハードナイン 無糖レモン」、「ウィルキンソン・ハードナイン 無糖ジンジャ」の3つのフレーバーで、それぞれ350ml缶と500ml缶の2種類で展開されます。

10年連続で過去最大の売り上げを更新し続けているRTDのマーケット。この炭酸強めで甘くない味わいの「ウィルキンソン・ハードナイン」シリーズが登場したことにより、RTD派がますます増えるかもしれませんね。

スカッとしたい時、くつろぎたい時、手軽にゴクゴク飲めるのはうれしいもの。冷蔵庫にストックしておいてはいかがでしょう。

商品情報

「ウィルキンソン・ハードナイン 無糖ドライ」
「ウィルキンソン・ハードナイン 無糖レモン」
「ウィルキンソン・ハード 無糖ジンジャ」

アルコール分:9%
希望小売価格: 350ml缶/141円(税抜)、500ml缶/191円(税抜)
URL:https://www.asahibeer.co.jp/wilkinson_hard/

おすすめ情報

関連情報