焼酎には賞味期限がある? 正しい保存方法は?

焼酎には賞味期限がある? 正しい保存方法は?
出典 : poomsak suwannasilp/ Shutterstock.com

「焼酎の賞味期限はどのくらい? 」「焼酎の購入後はどのような状態で保存するのが望ましい? 」など、焼酎の保存方法が気になるという人は少なくないでしょう。ここでは、焼酎の賞味期限や、おいしさを保つための正しい保存法について解説します。

  • 更新日:

焼酎のラベルに記載された日付は何?

焼酎のラベルに記載された日付は何?

Mattz90/ Shutterstock.com

焼酎の賞味期限は、どこに記載されているのでしょうか? ボトルや箱、包装紙などのどこを探しても「賞味期限」の文字は見当たりません。
でも、焼酎のラベルをよく見ると、日付を表す数字が明記されていることに気づくでしょう。この日付は必ず過去のものになっているため「賞味期限が過ぎている!? 」とあせる人もいるでしょう。
とはいえ、心配する必要はありません。焼酎のラベルに印字されている日付は、賞味期限ではなく、蔵元で瓶詰めが行われた年月日なのです。

なぜ焼酎のボトルやラベルには賞味期限が書かれてないのかというと、いその答えは単純。焼酎には賞味期限がないからです。それでは、一体なぜ、焼酎には賞味期限が存在しないのでしょう? ここからはその秘密を探っていきましょう。

焼酎に賞味期限がない理由

焼酎に賞味期限がない理由

Kishivan/ Shutterstock.com

焼酎に賞味期限がないのは、焼酎が蒸溜酒だからです。同じく蒸留酒であるウイスキーやブランデー、ウォッカなども、焼酎と同様に賞味期限がありません。

焼酎やウイスキーなどの蒸溜酒は、蒸溜の過程で不純物が取り除かれます。細菌のエサになる不純物がなければ、腐る心配はないということです。また、蒸溜によってアルコール分を抽出しているため、当然ながらアルコール度数が高くなりますが、アルコールには殺菌作用もあるため、雑菌が繁殖する心配も無用です。
焼酎をはじめとした蒸留酒に賞味期限が必要ないのは、こうした理由からです。

とはいえ、造り手が想定し得ない環境で保管した場合は、品質が劣化してしまうおそれもあります。とくに開栓後は香味が損なわれやすくなるので、正しい方法で保存しておく必要があります。

焼酎の開封前と開封後で異なる保存方法

焼酎の開封前と開封後で異なる保存方法

NOBUHIRO ASADA/ Shutterstock.com

焼酎の品質を劣化させる一番の要因は、日光と温度。開栓前の焼酎は、直射日光に当たらない冷暗所で保管することが重要です。
ただし、温度が低すぎる冷蔵庫での保管はおすすめできません。なぜなら、冷やしすぎてしまうと焼酎の旨味成分が凝固して、オリが発生するおそれがあるからです。できれば10度前後の温度が保てる場所を探して、一定の温度で保管するとよいでしょう。

焼酎は空気に触れると、どうしても風味が落ちてしまいます。ですから、開栓後は早めに飲んでしまうのがベスト。開栓後に保管する場合はしっかり栓をして、冷暗所で保存するようにしましょう。また、匂いの強いものと一緒に置かないのも重要なポイントです。

焼酎には賞味期限がないぶん、保存方法がおいしくいただく上での重要なカギ。正しく保存して、ベストな状態で味わいたいものです。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識