働くお父さんに聞いた!オトコの1人家飲みで何をする?その魅力とは?(家飲み編)

働くお父さんに聞いた!オトコの1人家飲みで何をする?その魅力とは?(家飲み編)

近頃は、働き方改革の一方で仕事が忙しくなり、じつはストレスがたまっているお父さんも多いとか。より充実した仕事をするためにも、ゆっくりと1人の時間を過ごしたいというビジネスマンも多いのではないでしょうか。今回は働くお父さんにアンケートを実施し、オトコの1人飲み(自宅飲み)とその魅力について調べてみました。

  • 更新日:

「何をしながら?」という質問に対しては「テレビを観ながら」「つまみを食べながら」「パソコンやスマホをいじりながら」等が上位になりました。帰宅後ゆっくりと落ち着けるタイミングに、自分だけの時間をたのしみながら1人飲みをしているようですね。


そんな「1人飲みは何が魅力なのでしょうか?」の問いには、「リラックス」「リフレッシュ」「ストレス発散」など、「せめて1人の時間くらいは周りから解放されたい!」という気持ちが表れているようです。

自宅での1人飲みの魅力(複数回答可)

自宅での1人飲みの魅力(複数回答可)

もうちょっと知りたくて、フリーアンサーで「1人飲みの贅沢な時間とは?」を聞いてみたところ、次のような意見がありました。
◇誰にも邪魔されずに好きなことができる時間
◇ゆっくりと過ごすリラックスタイム
◇一日の疲れを癒やしてのんびりと過ごすとき
◇非日常の世界を満喫するための時間
◇書斎のリクライニングシートに座り、ウイスキーかウォッカ、ブランデーを飲みながら音楽と小説をたのしむ時間
◇究極のリラックス
◇天国

特に最後の「究極のリラックス」「天国」には、思わず頷いてしまうお父さんと、「意味ワカンナイ」という若い世代とに分かれそう。

やはり、1人飲みは働くお父さんにとって「明日への英気を養う至福の時間」なんですね。

■調査概要
 Fastask調べ
 方法:インターネット調査
 サンプル数:730名
 対象:男性40代以上/会社員/既婚/子供あり/自宅で1人でウイスキー・ジン・ウォッカを飲む
 実施期間:2018年11月28日~

じっくり味わう1人飲みタイムにおすすめのお酒

サントリー メーカーズマーク 700ml

サントリー メーカーズマーク 700ml

バーボンに用いられるメインの原料「とうもろこし」に通常加える「ライ麦」の代りに、「上質の冬小麦」を用い、手間ひまを惜しまぬ独自製法によってまろやかな味わいに仕上げたクラフトバーボン。赤い封蝋(ふうろう)は、一つひとつが職人のハンドメイドなので、各蝋のたれ具合の違いもたのしめる、まさにクラフトウイスキーです。

カナディアンクラブ 700ml

カナディアンクラブ 700ml

いつまでも続くような、やわらかい味わいが特長のカナディアンウイスキーです。
香り高くすっきりと飲みやすいため、ハイボール、ロック、水割りはもちろん、カクテルベースとしても最適です。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事