ビールにレモンを加えた「レモンビール」を自宅で手軽にたのしもう!

ビールにレモンを加えた「レモンビール」を自宅で手軽にたのしもう!
出典 : oizostudio / Shutterstock.com

レモンビールはビールにレモンを加えたアルコール飲料。レモンのさわやかさで苦味が抑えられるため、「ビールの苦味が得意ではない」という人にはおすすめの、飲みやすいドリンクです。今回はレモンビールの味わいの特徴や、作り方などを詳しく紹介していきます。

  • 更新日:

レモンビールとは?

レモンビールとは?

Wollertz/ Shutterstock.com

レモンビールとは、その名の通り、レモン風味のビールです。
レモン果汁などでビールを割って造られるため、本来のビールにくらべて麦芽の量は減ります。そのため、「ビール」という名称はついているものの、「発泡酒」に分類されるアルコール飲料です。

レモンビールは、レモンで割ることでビールの苦味が抑えられ、アルコール度数も低めのものが多いため、すっきりとした味わいが特徴的。ビールの苦味が得意ではない人も飲みやすく、料理にも合うお酒としてもおすすめです。

レモンビールのおいしい飲み方

レモンビールのおいしい飲み方

Istvan Balogh/ Shutterstock.com

レモンビールは、苦味を抑えたフルーティな味わいがたのしめます。ビールの魅力のひとつは、キンキンに冷やして飲む際のキレやのどごしですが、レモンビールでは、そこにさわやかな柑橘系の味わいが加わります。酸味の利いたレモン果汁とビールののどごしの相乗効果で、暑い時期にこそたのしめるお酒のひとつといえます。

おいしい飲み方としては、通常のビールと同様に、十分に冷やした状態で飲むのがおすすめ。また、クセが少ないため、料理と一緒にたのしむにも最適です。
レモンビールのさわやかな味わいは、濃い味付けの料理にもマッチします。真夏の屋外でバーベキューをしながら、キンキンに冷やしたレモンビールをたのしんではいかがでしょう。

レモンビールの作り方

レモンビールの作り方

Larisa Blinova/ Shutterstock.com

レモンビールの作り方は非常に簡単で、自宅でも手軽に自作できます。基本的な作り方は、ビールをレモン果汁やレモネード、レモンスカッシュなどで割る方法が一般的ですが、どれと合わせるのがおすすめかは、お好みによって異なります。

ビールの風味をなるべく損ねることなく、すっきりとした味わいに仕上げたい場合は、ジュース類よりもレモン果汁がおすすめです。ビールに数滴のレモン果汁を加えるだけで、さわやかな味わいに変化し、これまでのビールのイメージが大きく変わるはずです。

ビールの苦味が得意ではないという人は、レモネードやレモンスカッシュなどで割ってみましょう。甘さやアルコール度数などを調整しやすく、お酒そのものが苦手な人でも飲みやすく、ビールの風味も感じられます。

レモンビールの醍醐味は、さわやかな味わいと飲みやすさにあります。通常のビールよりもすっきりとした飲み口は、ビールが苦手な人でもおいしく感じられるはず。レモンビールは自宅でも手軽に作れるので、自分にとって最適なバランスを探してみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識