福岡の焼酎【吟香露(ぎんこうろ)】新感覚の粕取り焼酎(かすとりしょうちゅう)

福岡の焼酎【吟香露(ぎんこうろ)】新感覚の粕取り焼酎(かすとりしょうちゅう)
出典 : NOBUHIRO ASADA/ Shutterstock.com

「吟香露」は、粕取り焼酎(酒粕焼酎)に独特のヘビーな風味を抑えることで生まれた、淡麗でフルーティな焼酎として、幅広い世代の人気を集めています。粕取り焼酎の専門蔵として創業した蔵元の情熱が結晶した、新感覚の粕取り焼酎「吟香露」の秘密を紹介します。

  • 更新日:

「吟香露」は、粕取り専門蔵の伝統が生んだ、新時代の粕取り焼酎

「吟香露」は、粕取り専門蔵の伝統が生んだ、新時代の粕取り焼酎

KPG_Playless/ Shutterstock.com

「吟香露」を造るのは、明治31年(1898年)創業の「株式会社杜の蔵(もりのくら)」。粕取り焼酎専門の蔵元として誕生しましたが、その後、日本酒の製造も手がけるようになり、現在は社名を冠した「杜の蔵」や「独楽蔵(こまぐら)」などの銘柄で知られています。

「粕取り焼酎」とは、日本酒の製造過程でできる酒粕を原料にした焼酎です。福岡県では昔から、蒸溜してアルコール分を抜いた酒粕を肥料にするとともに、アルコール分を集めて焼酎を造るという、農業と密着した粕取り焼酎文化がありました。
しかし、戦後になると粕取り焼酎に独特の個性的な風味が敬遠されがちになり、次第に製造する蔵元も少なくなっていきました。

杜の蔵では「自社の原点であり、郷土の文化でもある粕取り焼酎の伝統を絶えさせてはならない」と、粕取り焼酎の再生を決意。試行錯誤を重ねた末に生まれたのが、若者にも受け入れられる淡麗でフルーティな粕取り焼酎「吟香露」でした。

日本酒の香りを残した酒粕焼酎(粕取り焼酎)

「吟香露」の上質な吟醸香(ぎんじょうか)を生む独自の蒸溜法

「吟香露」の上質な吟醸香(ぎんじょうか)を生む独自の蒸溜法

VIKTORIA NOVOKHATSKA/ Shutterstock.com

「吟香露」という銘柄名は、焼酎というよりも吟醸酒を思わせますが、それもそのはず、「吟醸露」が原料とするのは、酒粕のなかでも吟醸酒に使われた酒粕です。この上質な酒粕を再発酵させることで、風味や味わいに深みを加えています。

加えて、「吟香露」が新時代の粕取り焼酎と呼ばれるゆえんが、杜の蔵独自の蒸溜技術です。
焼酎の蒸溜法には、原料の香りを十分に残すことができる「常圧蒸溜」と、クセを抑えて飲みやすくできる「減圧蒸溜」があります。杜の蔵では、前半は常圧、後半は減圧という、2つの蒸溜法を組み合わせた蒸溜ラインを開発。これにより、高級な日本酒に独特の「吟醸香(ぎんじょうか)」と、粕取り焼酎ならではの風味を両立させています。

この並外れた技術から生み出された「吟香露」は、フルーティな香りとさわやかな甘みを特徴とし、アルコール度数も20度に抑えて、女性でも安心してたのしめる粕取り焼酎に仕上がっています。

「吟香露」のラインナップと、もうひとつのブランド「弥久」

「吟香露」のラインナップと、もうひとつのブランド「弥久」

Sylv1rob1/ Shutterstock.com

「吟香露」は、従来の粕取り焼酎のイメージを一新するような斬新さで、地元・福岡だけでなく、全国的な人気を博しています。また、日本酒を思わせる吟醸香ゆえに、焼酎ファンだけでなく日本酒ファン、さらには若者や女性からも支持されています。

この「吟香露」を約3年貯蔵し、香りや味わいが落ち着いたところで瓶詰めしたのが、「吟香露」を造り上げた三代目焼酎杜氏・片平健治朗氏の名を冠した「吟香露 健治朗(けんじろう)」です。
スッキリとした味わいと、程よい熟成から生まれた香りから、吟醸粕取り焼酎の創造にかけた情熱が伝わってくるようです。

また、「吟香露」と並ぶ、杜の蔵の粕取り焼酎の銘柄が「弥久(やく)」。蔵の奥から発見された銅製の兜釜(かぶとがま)と木製の蒸籠(せいろ)を用いて、伝統の古式蒸溜法を再現して完成させた粕取り焼酎で、「吟香露」とは正反対に、粕取り焼酎本来の強烈な個性を満喫できます。両ブランドを飲みくらべてみることで、粕取り焼酎への理解がさらに深まることでしょう。

「吟香露」という名前には、戦後に出回った粗悪な密造焼酎「カストリ」のイメージを払拭し、伝統ある粕取り焼酎の復権を願った、蔵元の情熱が込められています。吟醸香に包まれた焼酎の飲み心地を、ぜひ自身の舌で体感してみてください。

製造元:株式会社杜の蔵
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識