リキュールのおいしい飲み方【グランマルニエ編】

リキュールのおいしい飲み方【グランマルニエ編】
出典 : DeymosHR/ Shutterstock.com

「グランマルニエ」は、フランス生まれのオレジンリキュール。気品漂うコニャックの風味と、ビターオレンジのトロピカルな香りが特徴です。“オレンジリキュールの最高峰”とも呼ばれる、グランマルニエの人気の秘密とたのしみ方を紹介します。

  • 更新日:

グランマルニエはオレンジリキュールの代表格

グランマルニエはオレンジリキュールの代表格

RUKSUTAKARN studio/ Shutterstock.com

「グランマルニエ」は、高級ブランデーのコニャックをベースに、ビターオレンジの果皮から抽出したエキスを加えて、オーク樽で熟成させた果実系リキュール。オレンジ・キュラソーの代表的な銘柄で、オレンジの酸味と苦味がみごとに調和した味わいから、“オレンジリキュールの最高峰”と称えられています。

グランマルニエが誕生したのは、今から約140年前の1880年のこと。フランスのリキュールメーカー、マルニエ・ラポストール社の創業家によって開発されました。
その誕生以来、受け継がれているこだわりのレシピでは、材料となるオレンジの品種は、自社農園で栽培される「シトラス・ビガラディア」のみ。ベースとなるコニャックも、グランマルニエのために造られるもので、厳選された原酒をブレンドして、オレンジの芳香との調和を実現しています。

こうして生み出されるグランマルニエは、フランス語で「偉大な」を意味する「グラン」の名にふさわしい、リキュールの有名ブランドとして、広く世界各国で親しまれています。
また、お菓子作りの材料としてもおなじみで、各国のパティシエに愛用されています。

グランマルニエはオレンジジュースと好相性

グランマルニエはオレンジジュースと好相性

Andrei Mayatnik/ Shutterstock.com

「グランマルニエ」は、オレンジの風味を特徴とするだけに、オレンジジュースとの相性が抜群です。そこで、オレンジジュースを使った、作りやすい3種類のカクテルを紹介しましょう。

【レッドライオン】

赤いライオンは、ヨーロッパの紋章にあしらわれることが多く、それが名の由来だとか。ただし、このカクテルの色は、2種類のジュースの色が相まったイエロー系です。
作り方は、ドライジン25ミリリットルとグランマルニエ15ミリリットル、オレンジジュースとレモンジュース各10ミリリットルをシェークして、砂糖をグラスの縁につけたカクテルグラスに注ぎます。

【グラン オー】

グランマルニエとオレンジジュースにソーダを加えた、さわやかさが際立つカクテルです。作り方は、氷を入れたグラスにグランマルニエ、オレンジジュース、ソーダの順で材料を注ぎ、小さくカットしたレモンを絞り、そのまま加えます。材料の割合は、2対3対3がおすすめです。

おすすめ情報

関連情報

リキュールの基礎知識