デキャンタ(デカンタ)の目的や効果は? デキャンタージュの秘密に迫る

デキャンタ(デカンタ)の目的や効果は? デキャンタージュの秘密に迫る
出典 : Olena Yakobchuk/;Shutterstock .com

デキャンタ(デカンタ)とは、ワインをさらにおいしくする魔法のアイテム。ホームパーティーなどでデキャンタージュ(デカンタージュ)すれば、おおいに盛り上がります。具体的にはどんな効果があるのか、デキャンタの秘密と魅力に迫ります。

  • 更新日:

デキャンタージュ(デカンタージュ)の2つの目的

デキャンタージュ(デカンタージュ)の2つの目的

Antonshutterstock / Shutterstock.com

デキャンタージュ(デカンタージュ)とは、多くのワイン用語と同様にフランス語です。その意味は、ワインをボトルから「デキャンタ(デカンタ)」と呼ばれる専用のガラス容器に移し替えること。では、なぜデキャンタージュするかというと、その目的は、大きく2つあります。

デキャンタージュする第一の目的は、ワインを「開かせる」こと。熟成が進んでいない、いわゆる“若い”ワインを空気に触れさせることで酸化を促進させ、豊かな香りを引き出します。
まだ熟成が不充分で、香りが十分に広がっていないワインの状態を「閉じている」と表現しますが、この閉じたワインをデキャンタージュすることで、ワインを目覚めさせ、その味わいや香りを「開かせる」というわけです。

デキャンタージュの第二の目的は、ボトルの底に沈殿している澱(おり)を取り除くこと。ボトルの底に沈んでいた澱までグラスに注ぐと、せっかくのワインが台無しです。
このため、ワインをデキャンタに注ぐときは、ボトル内で澱が舞わないよう、ゆっくりと上澄みを注ぐのがポイントです。これにより、澱が舞ってデキャンタに入るのを防ぐとともに、ワインが空気に触れることで本来の味わいを引き出し、たのしもうというのが目的です。

デキャンタージュは、とくに赤ワインをよりおいしくベストなコンディションでいただくための、大切なひと手間といえるでしょう。

デキャンタージュの正しいやり方を知っておこう

デキャンタージュの正しいやり方を知っておこう

Africa Studio/ Shutterstock.com

デキャンタージュの意味や目的がわかったところで、具体的なデキャンタージュの方法や、注意すべきポイントを見ていきましょう。

ワインボトルの栓を抜いたら、まずは清潔な布でボトルの口の汚れを拭います。次に、ボトル内の澱がよく見えるよう、ライトなどでボトルの肩あたりを照らします。ボトルの注ぎ口は、デキャンタ内側の口に近い部分に近づけます。このとき、ボトルをデキャンタにあてないようにするのがポイント。クリスタル製など、繊細なデキャンタは欠ける恐れがあり、エレガントさも大切です。

こうしてワインを、ボトルの側面を沿うよう静かにデキャンタへゆっくりと注ぎ込むことで、より長時間、ワインを空気に触れさせることになり、ワイン本来の豊かな香りや味わいを開かせることができるのです。

もうひとつ、注意したいのが、ボトルの底や肩にたまった澱がデキャンタに入らないようにすること。コルクを抜く前から、抜栓、デキャンタージュまでを通して、ボトルを動かしすぎると、ボトル内で澱が舞ってしまい、デキャンタに入りやすくなります。ゆっくりと、静かに、上澄みだけを注ぎ入れるようにすると、見た目にも上品なデキャンタージュになります。

デキャンタージュの時間はどのくらいかベスト?

デキャンタージュの時間はどのくらいかベスト?

stockfour / Shutterstock.com

デキャンタージュをやってみようとした際に、まず考えるのが「デキャンタに移し替えてから、どのくらい時間をかければよいの」ということでしょう。これがなかなかの難問です。
というのも、どの程度、空気に触れれば飲み頃になるかは、ワインの熟成具合はもちろん、原料となるブドウの種類や産地、造り手の考え方、醸造過程などによっても異なるからです。

本来、ワインは栓を抜いてからしばらく時間をおくことで、自然に空気に触れて飲み頃になるといわれています。そのために要する時間は、一般的に、ラベルに印字されている年代が新しいものほど長め(おおむね2~3時間程度)、古いものほど短かめ(30分~1時間程度)とされており、かなり幅があることがわかります。

デキャンタージュは、この抜栓してから飲み頃になるまでの時間を短くするために行うものですが、やはりワインごとの個性もあるので、一概にはいえないようです。明確なルールなどは存在しないので、デキャンタージュしたら、香りの変化を確かめ、飲み頃を見極め、探ることが大切です。

同じワインでも、抜栓後に時間をおかずにボトルから直接グラスに注いだもの、1時間前、2時間前など、デキャンタージュしてからの時間を変えたもの、またグラスの大きさやカタチ、注ぐ量によってもワインの印象は大きく違って感じられるもの。いろいろと変えてみることで、味の変化を試してみるのもワインのたのしみのひとつです。

デキャンタが必要なワインと不要なワイン

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識