大阪に行って飲んでみたい! おすすめのビール【関西編】

大阪に行って飲んでみたい! おすすめのビール【関西編】
出典 : somchaij/Shutterstock.com

大阪のビール好きのあいだで、ますます人気上昇中のクラフトビール。大阪は、「日本人によるビール造り発祥の地」としても知られ、数の多さこそ東京に及ばないものの、個性的なブルワリーが多く集まり、大阪ならではの独自のビール文化を築いています。

  • 更新日:

大阪には「国産ビール発祥の地」の記念碑が

大阪には「国産ビール発祥の地」の記念碑が

Sean Pavone/Shutterstock.com

大阪のビール好きのあいだでも、あまり知られていませんが、大阪は「日本人によるビール造り発祥の地」といわれています。

そもそも日本におけるビール醸造は、明治3年(1870年)、米国人のウィリアム・コープランド氏によって横浜・山手にビール醸造所が設立されたのが始まりとされています。このことから、しばしば「横浜が日本のビール発祥の地」といわれるようになりました。

しかし、これはあくまで「外国人の手によるビール造り」で、日本人の手によるビール造りは、明治5年(1872年)、大阪商人の渋谷庄三郎氏が、堂島に醸造所を設けたのが始まりとされています。犬のマークが付いたラベルの「渋谷(しぶたに)ビール」という銘柄として製造され、おもに外国人を相手に販売されていたそうです。

こうした事実にちなんで、大阪の堂島にある堂島薬師堂のすぐ近くに、「国産ビール発祥の地」と書かれた記念碑が建てられています。機会があれば現地におもむいて、遠い昔における大阪を舞台にしたビール造りのルーツに思いを馳せてみてはいかがですか。

食にうるさい関西人を唸らせる個性派ブルワリーが続々と誕生

食にうるさい関西人を唸らせる個性派ブルワリーが続々と誕生

Avigator Thailand/Shutterstock.com

大阪のビール事情は、東京や名古屋などの主要都市と同じく、1994年の酒税法改正により、それまで大手のメーカー(メガブルワリー)による独占が続いてきた状況から大きく変化。年間の最低製造数量が2,000キロリットルから60キロリットルまで引き下げられたことで、数多くの小規模な醸造所(ナノブルワリー)が続々と誕生し、手造りのクラフトビールが大きな注目を集めるようになりました。

その後、ブームの停滞期もあったなか、クラフトビールはビール愛好家のあいだに定着し、ビールの醸造技術もかつてとは比較にならないほど向上。それぞれのブルワリーで造りだされるクラフトビールのスタイルや味わいもますます多様化しています。

とくに近年では、香りが強く、フルーティな「エール」や、強い苦味が特徴の「インディア・ペールエール」など、個性的な味わいのクラフトビールが若者から支持されています。こうしたクラフトビールを提供する醸造所を備えた飲食店「ブルーパブ」も増えつつあるなか、ブルワリー間の競争もいちだんと激しくなっています。

とくに食い倒れの街として知られる大阪は、味にも値段にもうるさい関西人を相手にしているだけに、個性豊かなブルワリーがしのぎを削るエリア。大阪から世界へと羽ばたくクラフトビールの代表格として知られる「箕面ビール」のような有名なブランドから、温泉に入れる一風変わった「市岡ビール工房」のような知る人ぞ知る工房まで、さまざまなスタイルの個性派ブルワリーが集まっています。

大阪の人気ブルワリー

大阪の人気ブルワリー

IntoTheWorld/Shutterstock.com

大阪のビール好きのあいだで、ますます人気が高まりつつあるクラフトビール。ここでは食のまち・大阪で独自のクラフトビールを提供している注目のブルワリーを紹介します。

全国的な知名度をもつ関西を代表するクラフトビール【箕面ビール】

「箕面ビール」は、日本でもっとも人気のクラフトビールのひとつとして全国的な知名度を誇るブルワリーです。豊かな自然に恵まれた箕面市で造られるクラフトビールは、世界各国のビール品評会で数々の賞を獲得。「箕面ビール」の代表を務め、日本有数の女性ブルワーとしても有名な大下香緒里氏の指揮のもと、数多くのスタッフが日本にクラフトビールの文化を根づかせるべく、さまざまなスタイルのクラフトビールを生み出しています。そのどれもが、厳しい目で品質を見定められた「今、表現できる箕面ビールらしい味」を追求したものばかりです。

大阪のビール【箕面ビール】 丹精込めた大阪発のクラフトビールを世界へ

異色の経歴を持つ女性ブルワーが造るクラフトビール【MARCA(マルカ)】

「MARCA(マルカ)」は、オシャレな街として若者に人気の北堀江エリアの一角に、2015年5月にオープンした人気のブルーパブです。オーナー兼ヘッドブルワーを務めるのは、元カーデザイナーから転身した女性で、「自分ひとりでゼロからすべて手掛けることができるビール造り」に魅せられ、クラフトビール造りへのチャレンジを決意したのだとか。まるで最先端工場のようにスタイリッシュな店内では、ペールエールやコーヒーアンバーなど、ここでしか飲めない個性的なクラフトビールがたのしめます。

大阪のビール【MARCA(マルカ)】 女性ブルワーの手による個性派クラフトビール

クラフトビールと多彩な料理がたのしめる【テタールヴァレ】

「テタールヴァレ」は、「クラフトビールを気軽にたのしめるブルーパブをもっと広めたい」と、2016年4月に大阪・谷町にオープンした本格派ブルーパブです。クラフトビールを手頃な値段で提供することをコンセプトに、日替わりでさまざまなスタイルの自家製ビールを提供しています。
そのほとんどはIBU(国際苦味単位)を30程度に抑え、クラフトビール初心者も飲みやすいビールです。クラフトビールはもちろん、フレンチのシェフによる多彩な料理や、コーヒーもたのしめ、ランチタイムやコーヒータイムなどにも気軽に使えるお店です。

大阪のビール【テタールヴァレ】 大阪にはまだ数少ない本格派ブルーパブ

食い倒れの街ならではの地ビール【道頓堀地ビール】

「道頓堀地ビール」は、1996年10月、食のメッカとして知られる道頓堀の大阪松竹座(地下2階)に設立されたブルワリーです(正式名称は「道頓堀麦酒」)。「食い倒れのまち大阪」にふさわしく、「麦芽100パーセントの和食と相性のよいビール」を基本コンセプトに、のどごしがやさしいビールを提供しています。
まろやかな飲みごこちとスッキリとした苦味が特徴の「大阪アルト」、スッキリとした味わいで、和食本来の旨みを引き立ててくれる「大阪ケルシュ」の2つの定番ビールが人気です。

大阪のビール【道頓堀地ビール】和食に合うビールがコンセプト

大阪のそのほかのブルワリー

大阪のそのほかのブルワリー

Natalya Okorokova/Shutterstock.com

大阪でビールをたのしめるブルワリーは、まだまだたくさんあります。ここでは、今後大きく注目されると思われる個性派ブルワリーをピックアップして紹介します。

大阪港から眺める夕日が原点【天保山ビール】

「天保山ビール」は、大阪の人気スポットとして知られる天保山に店を構える築港米穀店の現当主、保喜博(たもつ・よしひろ)氏が開発したクラフトビール。大のビール好きの氏が、自身の理想とするクラフトビールを追い求めた結果、生まれたビールです。
ある日、大阪港から夕日を眺めていたときにアイデアが浮かんだという「天保山」ビールは、通常の2倍のホップを使ったIPA(インディア・ペールエール)で、さわやかでいてガツンとくる飲みごたえが特徴のビール。また、兄弟ブランドとなる「大阪港ビール」は、通常の3倍ものホップを使用した苦味の強い辛口のビールです。

大阪のビール【天保山ビール】 「大のビール好き」が造るこだわりのクラフトビール

温泉施設に併設された個性派ブルワリー【市岡ビール工房】

「市岡ビール工房」の最大の特徴は何といっても、同じ敷地内に温泉施設があって、温泉とクラフトビールの両方がたのしめる、全国でも珍しいブルワリーだということ。併設されたレストラン「地底旅行」を利用すれば、たった200円で温泉に入ることもできます。
ビール工房で造られるクラフトビールには、大阪の地底深く、約1万年前の地層から湧き出る温泉水が使われていて、独特のまろやかさが特徴です。

大阪のビール【市岡ビール工房】 温泉水を使った下町の個性派ビール工房

老舗蔵元が生んだ大阪発の地ビール【大阪國乃長ビール】

「大阪國乃長ビール」は、大阪で初めて、全国でも9番目となるブルワリーで、製造元となる壽酒造は、文政5年(1822年)に創業した老舗の蔵元です。
約200年におよぶ日本酒造りの技を活かした独自の地ビールとして誕生した「大阪國乃長ビール」は、阿武山山系の伏流水を仕込み水として使用し、厳選されたカナダ産の麦芽とドイツ産のホップ、上面発酵酵母を使用して醸造する麦芽100パーセントの地ビールです。また、清酒の仕込み水の一部に酒そのものを用いる貴醸酒の手法をビール造りに応用した独自のビールも開発しています。

大阪のビール【大阪國乃長ビール】 老舗の蔵元が造る大阪初の地ビール

食にうるさいといわれる大阪では、今も個性豊かなブルワリーが続々と誕生しています。みなさんも、大阪に行くときは、他では味わえない大阪ならではのクラフトビールを、ぜひ試してみてください。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識