リキュールのおいしい飲み方【入門編】

リキュールのおいしい飲み方【入門編】
出典 : Pressmaster / Shutterstock.com

リキュールといえば、カクテルに欠かせない身近なお酒ですが、その定義をきちんと説明できる人は意外と少ないのでは? ここでは、リキュールをより深くたのしむための入門編として、その歴史や、多種多様なバリエーションについて説明します。

  • 更新日:

リキュールってそもそもどんなお酒?

リキュールってそもそもどんなお酒?

Shaiith / Shutterstock.com

リキュールといえば、カクテルに使われる洋酒のこととは知っていても、他のお酒とはどう違うのか、具体的な定義までは知らないという人も少なくないはずです。

一般的に「リキュール」とは、スピリッツにハーブ(薬草・香草)や果実などの香味を移したり、甘味を加えたりして仕上げたお酒を意味します。
スピリッツとは、ウイスキーやジン、ウオッカなどの蒸溜酒のこと。ビールやワインなどの醸造酒に香味や甘味を加えても、リキュールとはなりません。とはいえ、リキュールの細かな定義は国や地域によって異なり、たとえば日本では日本酒ベースのリキュールも販売されています。

「スピリッツに香味や甘味を加えたもの」と聞いて、かなりアバウトな定義だと思うかもしれませんが、その自由さこそがリキュールの魅力といえるでしょう。
世界には数え切れないほどたくさんのリキュールが存在しています。現在もなお、新たな香りや味を加えた新たなリキュールが生み出され、それらの組み合わせによって、新たなカクテルが創造されているのです。

リキュールの奥深い歴史に迫る

リキュールの奥深い歴史に迫る

markara / Shutterstock.com

リキュールという言葉は、もともとラテン語で「液体」を意味するリクォル、あるいは「溶かす」を意味する「リケファケレ」が、フランス風になまったもの。この語源からも、そもそもリキュールとは薬草や果実などの成分が溶け込んだ液体だということがわかります。

歴史上、リキュールを初めて生み出したのは、紀元前4世紀に活躍した古代ギリシャの医師ヒポクラテスだといわれています。当時のリキュールはワインに薬草を溶かしたもので、嗜好品ではなく薬酒として飲まれていたようです。

スピリッツをベースにしたリキュールが考案されたのは、それからかなり後、13世紀になってからのこと。当時のヨーロッパで活躍していた錬金術師たちが、やはり薬酒として用いていました。

リキュールが嗜好品としてたのしまれるようになったのは、ヨーロッパが中世から近世へと転換しつつあった15世紀後半になってから。当初は王侯貴族の間でたのしまれていたものが、次第に大衆にも広まっていきました。
大航海時代を迎えて、新大陸からさまざまな香料や香草がもたらされたことも、リキュールの発展に大きな影響を与えたと考えられています。

リキュールの種類はじつにさまざま

リキュールの種類はじつにさまざま

Africa Studio / Shutterstock.com

リキュールは、「スピリッツに香味と甘味を加えたもの」という定義のゆるさもあって、数え切れないほど多様な種類があります。
分類方も、原料となるスピリッツによるもの、製造法によるもの、といろいろあります。なかでもポピュラーなのが、香味成分による分類で、以下の4種類に分けられます。

【ハーブ・スパイス系リキュール】

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識