リキュールのおいしい飲み方【イエーガーマイスター編】

リキュールのおいしい飲み方【イエーガーマイスター編】
出典 : monticello/ Shutterstock.com

「イエーガーマイスター」は、パーティドリンクとして世界中のクラブで人気を集めている、ドイツ生まれのリキュールです。世界で愛されている理由とは? その素材は? 知れば、きっと飲んでみたくなることウケアイです。

  • 更新日:

イエーガーマイスターはカラダにやさしい素材をふんだんに使用

イエーガーマイスターはカラダにやさしい素材をふんだんに使用

Thomas Klee/ Shutterstock.com

イエーガーマイスターは世界90カ国以上で親しまれているリキュールです。販売ケース数でも世界ベスト10入りするほど、愛飲されています。

その人気の理由のひとつは、独特の風味でしょう。
イエーガーマイスターの原材料にはサフラン、シナモンの皮、根ショウガ、カルダモン、オレンジピールなど、じつに56種類ものハーブやスパイスが使われています。
多様な素材が醸し出す重層的で奥行きのある味わいに加え、ダークブラウンの色合いも、配合されている素材の多彩さを示しているかのようです。

イエーガーマイスターが発売されたのは1935年ですが、レシピが考案されたのはその前年の1934年。以来80年以上にわたり、配合する素材は変わっていないそうです。また、原液をオーク樽で1年間熟成させるなど、こだわりの製法も多くの人に支持される理由でしょう。
健康によいといわれるハーブやスパイス。それをたっぷりと使い、ていねいに造られているのがイエーガーマイスターなのです。

イエーガーマイスターでカンタンにたのしめるカクテル

イエーガーマイスターでカンタンにたのしめるカクテル

Hakan Tanak/ Shutterstock.com

イエーガーマイスターの初心者なら、まずはコーラなど、身近な炭酸飲料で割ったカクテルがおすすめ。甘味のあるさわやかな炭酸飲料と組み合わせると、イエーガーマイスター独特のほろ苦さや風味がやわらいで、飲みやすくなるからです。

コーラを使った「イエーガー・コーラ」のほか、ジンジャーエールと組み合わせた「イエーガー・ジンジャー」、さっぱりしたトニックウォーターと合わせる「イエーガー・トニック」などが、定番のカクテルとしてよく知られています。

作り方はとてもカンタン。いずれも、氷を入れたタンブラーに、イエーガーマイスターと炭酸飲料を1対3の割合で注ぎ、軽くかき混ぜて、絞ったレモン汁を加えるだけです。レモンの風味でさわやかさがアップします。

イエーガーマイスターはストレートもおすすめのリキュール

イエーガーマイスターはストレートもおすすめのリキュール

Ogovorka/ Shutterstock.com

イエーガーマイスターはカクテルでもたのしめますが、じつは、もっともポピュラーな飲み方が「ストレート」です。
常温だと独特の風味が強すぎるかもしれませんので、冷蔵庫でキンキンに冷やして口当たりをよくした「アイス・ショット」にして味わうのがおすすめです。

ショットグラスに好みの分量を入れて冷やすだけなので、カクテルよりカンタン。急ぐ場合は、冷凍室で冷やしてもよいでしょう。アルコール度数が高いので、凍ってしまうことはなく、とろりとした飲み口になります。

「ストレートはキツそう」という人は、オレンジジュースで割ったカクテル「イエーガー・オレンジ」はいかがでしょう。フルーティで飲みやすいのに、イエーガーマイスターの風味もしっかり感じられる1杯です。オレンジジュースとイエーガーマイスターの比重の違いから、オレンジジュースが上に浮いて、見た目もきれいです。
作り方は、氷を入れたロックグラスにオレンジジュースを注いだ後、ジュースの3分の1のイエーガーマイスターを加えます。

ストレートでも、カクテルでも、とても気軽にたのしめるイエーガーマイスター。ホームパーティでも活躍しそうです。ぜひ1本、手に入れて、味わってみてください。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識