北海道のビール【ノースアイランドビール】カナダ仕込みのクラフトビール

北海道のビール【ノースアイランドビール】カナダ仕込みのクラフトビール
出典 : 254957155

「ノースアイランドビール」は、北海道札幌に工場を構えるクラフトビールの新鋭。札幌市内のバーを中心に人気が高まりつつあり、今後ますます普及していく可能性を秘めた地ビールです。そんな「ノースアイランドビール」の魅力とラインナップを紹介します。

  • 更新日:

「ノースアイランドビール」はカナダ修業を経て産まれたビール

「ノースアイランドビール」はカナダ修業を経て産まれたビール

Nordroden/ Shutterstock.com

「ノースアイランドビール」は、カナダで修行を行ったブルーマスターが、現地で教わった「Beer is Art」を実践すべく、ほとんどの工程を手作業で行っている、こだわりの地ビールです。

2003年に札幌市内でビール醸造を開始した頃は、ビール工場というよりも、「工房」と呼ぶにふさわしい小規模なものでした。2009年には、より多くの人々にこだわりのビールをたのしんでいただけるよう、工場を江別市に移転。1,000リットル規模の醸造設備を導入するなど、生産規模を拡充しました。

直営の「ビアバーノースアイランド」で提供するほか、札幌市や江別市など、道内各地の飲食店や酒屋さんでも取り扱っており、その販路は着々と拡大中。今後は目にする機会がさらに増えていくことが期待できます。

「ノースアイランドビール」6種類を飲みくらべ

「ノースアイランドビール」6種類を飲みくらべ

Room 76/ Shutterstock.com

「ノースアイランドビール」は、レギュラービールのほか、季節限定ビールも積極的に開発に取り組んでおり、多種多様な味わいがたのしめる豊富な種類が魅力。飲むたびに新しいおいしさを発見できる地ビールといえるでしょう。
「ノースアイランドビール」の定番となる、6種のレギュラー商品を紹介しましょう。

ピルスナー

ピルスナーは国内でポピュラーなビールのスタイル。軽めの飲み口ながらアロマホップの香りをしっかりと残し、味わい豊かなピルスナーに仕上げています。

ブラウンエール

香りと味わい、コクのバランスがよいブラウン色のビール。豊潤な香りを感じながらたのしみたい大人向けの商品です。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識