アイリッシュウイスキーの魅力と、その歴史を知ろう

アイリッシュウイスキーの魅力と、その歴史を知ろう
出典 : monticello / Shutterstock.com

アイリッシュウイスキーは、世界5大ウイスキーのなかでも、日本では比較的なじみが少ないかもしれません。しかし、その歴史は古く、伝統に裏打ちされた魅力が近年、再評価されています。アイリッシュウイスキーの歴史とともに、その魅力を探ってみましょう。

  • 更新日:

アイリッシュウイスキーならではの奥深い魅力とは?

アイリッシュウイスキーならではの奥深い魅力とは?

Rybalchenko Nadezhda / Shutterstock.com

アイリッシュウイスキーは、世界5大ウイスキーのひとつに数えられ、「ウイスキーの代名詞」とも呼ばれるスコッチウイスキーと、ウイスキーの起源を争うほど、長い歴史を誇っています。

アイリッシュウイスキーを生んだアイルランドが、ウイスキー発祥の地とされる根拠は、1172年にイングランドがアイルランドに侵攻した際に、すでに大麦から蒸溜した酒が飲まれていた、という故事によりますが、残念ながら確証はありません。
スコットランド発祥説もあり、どちらが起源かという論争に決着はつきそうにありませんが、いずれも長い歴史をもつことに間違いはありません。

アイリッシュウイスキーは、その名のとおり、アイルランドで造られるウイスキーのことですが、この場合の「アイルランド」は国名ではなく、アイルランド島全域を指します。この島は英国領北アイルランドと、南部のアイルランド共和国に別れていますが、ことウイスキーに関しては「アイリッシュウイスキー」として統一されています。

アイリッシュウイスキーには法的な定義があって、以下の5つの条件を満たして、初めてアイリッシュウイスキーを名乗ることができます。
1・穀物類を原料とすること。
2・麦芽に含まれる酵素により糖化し、酵母の働きによって発酵させていること。
3・蒸留時にアルコール度数は94.8度以下であること。
4・木製樽に詰めること。
5・アイルランド共和国、または北アイルランドの倉庫で3年以上熟成させること。

こうした条件に加えて、アイリッシュウイスキーの伝統的な特徴としては、モルト(大麦麦芽)と未発芽麦芽、そのほかの穀物を加え、大きなポットスチル(単式蒸溜器)で3回蒸溜すること。また、スコッチウイスキーのように原料をピート(泥炭)で燻製しないことから、雑味が少なく、なめらかで穏やかな味わいが特徴です。

かつては生産量世界一を誇っていたものの、近代以降はスコッチウイスキーなどに市場を奪われて衰退していたアイリッシュウイスキーですが、その奥深い味わいに、近年は、愛好家が増えて復活の兆しが見えています。これまで、あまりアイリッシュウイスキーは飲んだことがないという人も、一度は味わってみるべきでは?

アイリッシュウイスキーが生産量世界一を誇っていた時代

アイリッシュウイスキーが生産量世界一を誇っていた時代

Cenz07/ Shutterstock.com

アイリッシュウイスキーが全盛だった18世紀ごろ、アイルランド全域に何百という蒸溜所が存在し、その数でも、そして生産量でもスコッチウイスキーを上回り、世界一を誇っていました。

なかでもウイスキー造りが盛んだったのが、現在はアイルランド共和国の首都であるダブリンです。
ダブリンのリフィー川の左岸にある、ボウストリートという通りでは、1757年創業の「トーマス・ストリート蒸溜所」に加え、18世紀末に「ボウストリート蒸溜所」「ジョンズレーン蒸溜所」「マローボーンレーン蒸溜所」という大型蒸溜所が次々と建てられ、「ダブリンビッグ4」と呼ばれていました。

このうち、ジョンズレーン蒸溜所だけで年間の生産量が約450万リットルを超えていたという記録が残っています。当時、スコッチウイスキーの蒸溜所の生産量は、平均して年間数万から数十万リットルといわれており、いかにダブリンビッグ4が巨大な存在だったかがわかります。

一時は世界のウイスキーの覇権を握ったアイリッシュウイスキーですが、二度にわたる世界大戦や、イギリスからの独立戦争、主な輸出先であったアメリカの禁酒法、さらには飲みやすいブレンデッドを主体としたスコッチウイスキーの普及など、さまざまな影響を受けて、次第に衰退するようになります。活況を呈していた蒸溜所が次々と操業を停止し、1974年のジョンズレーン蒸溜所の閉鎖を最後に、ダブリンの蒸留所は姿を消しました。

歴史の波に翻弄され、苦難の時期を迎えたアイリッシュウイスキーですが、長い伝統をもつウイスキー造りの灯が絶えることはありませんでした。アイルランドの造り手たちは、再び脚光を浴びる日を待ちながら、より豊かな味わいのウイスキー造りを追求し続けていったのです。

アイリッシュウイスキー蒸溜所の今昔物語

アイリッシュウイスキー蒸溜所の今昔物語

Anton_Ivanov / Shutterstock.com

アイリッシュウイスキーが衰退期を迎えていた1920年代。アイルランドで稼働しているのは「ブッシュミルズ蒸溜所」と「ミドルトン蒸溜所」の2つだけとなっていました。

厳しい時期でもウイスキー造りを続けてきた両蒸溜所は、今もアイリッシュウイスキーを代表する存在であり、閉鎖された蒸溜所から引き継いだ銘柄も含めて、愛好家から「これぞアイリッシュウイスキー」と賞賛されるウイスキーを提供しています。

ブッシュミルズとミドルトン、2つの蒸溜所が守り抜いてきたアイリッシュウイスキー造りの伝統は、20世紀後半になって、再び大輪の花を咲かせます。
1987年には、独立資本による新鋭「クーリー蒸溜所」が誕生し、2007年には、1757年創業という歴史をもつ古豪「キルベガン蒸溜所」も復活を果たしました。さらに、2014年には「タラモア蒸溜所」、2017年には「ティーリング蒸溜所」と、伝統ある銘柄が次々と復活。再び世界のウイスキー愛好家から注目を集めるようになりました。

アイリッシュウイスキーの歴史の厚みを感じさせる蒸溜所の復活により、注目度が増すのと比例するように、アイリッシュウイスキーの生産量も回復しています。日本で目にする機会も増えていますので、ぜひ、アイリッシュウイスキーを手にとってみてください。

アイリッシュウイスキー入門!「ブッシュミルズ」と「ジェムソン」を飲む

アイリッシュウイスキー再評価のカギはシングルポットスチル

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識