高級ウイスキー【白州(はくしゅう)】 標高約700メートルの「森の蒸溜所」がふるさと

高級ウイスキー【白州(はくしゅう)】 標高約700メートルの「森の蒸溜所」がふるさと
出典 : サントリー社サイト

「白州」は、サントリーが日本を代表するシングルモルトウイスキー「山崎」に続いて送り出した、もうひとつのシングルモルトウイスキーです。南アルプス山麓の「森の蒸溜所」で育まれた、新緑を思わせる爽やかなウイスキー「白州」の魅力を紹介します。

  • 更新日:

白州、それはウイスキーに理想の水を求めてたどりついた地

白州、それはウイスキーに理想の水を求めてたどりついた地

出典:サントリー社サイト

「白州」を生んだサントリー白州蒸溜所は、世界でも稀な、約700メートルの高地に位置する「森の蒸溜所」です。

白州蒸溜所が建設されたのは、サントリーが日本初の国産ウイスキーをつくりはじめた1923年から数えて、ちょうど50年目の節目にあたる1973年のこと。
南アルプスの麓にあるこの地が選ばれた理由は、「ウイスキーづくりの命」といわれる「水」にありました。

日本最古のモルトウイスキー蒸溜所である山崎蒸溜所に続く、第二の拠点を求めて、日本全国の名水の地を巡った末に、たどりついたのがこの地、山梨県北杜市の白州町でした。

白州という土地の水の特徴は、南アルプスの花崗岩層を通るなかで磨かれた、ほどよいミネラルを含むキレのよい軟水にあります。
ミネラルバランスに優れたやわらかな水を仕込み水として使うことで、「白州」の軽快でさわやかな口当たりが生まれるのです。

白州の味わいは、世界でも稀な「森の蒸溜所」が生んだもの

白州の味わいは、世界でも稀な「森の蒸溜所」が生んだもの

出典:サントリー社サイト

「白州」は、単一の蒸溜所のみでつくられたシングルモルトウイスキーであり、その新緑の思わせるようなさわやかさは、白州蒸溜所の個性そのものといえます。

白州蒸溜所は、豊かな森林に抱かれた、約82万平方メートルもの広大な森にたたずむ蒸溜所です。まさに「森の蒸溜所」と呼ばれるにふさわしい、自然豊かな環境でウイスキーづくりを行っています。

「ウイスキーづくりは自然と人間の共作」ともいわれるように、ウイスキーは、さまざまな面で自然の力を借りて育ちます。

白州の自然の滋味あふれる香りや味わいをもたらしているのは、名水だけではありません。昔ながらの「木桶発酵」による森の乳酸菌の働きが、白州の深い風味をもたらします。また、清澄な空気のなかで長時間掛けて熟成することで、豊かな香りと味わいが育まれていきます。

水、森、空気・・・といった豊かな自然環境すべてが、白州の魅力を支えており、この地ならではの「森に育てられたシングルモルト」という個性が、白州の価値を高めているのです。

「白州」は雄大な自然の結晶。そのふるさとを訪ねてみよう!

「白州」は雄大な自然の結晶。そのふるさとを訪ねてみよう!

出典:サントリー社サイト

白州の清涼感あふれる味と香りは、南アルプスの豊かな自然が与えてくれたもの。
だからこそ、サントリーは自然への感謝を忘れることなく、この地の豊かな自然を守り続けています。

白州蒸溜所では、豊かな森の象徴である野鳥を保護するため、広大な敷地内に「バードサンクチュアリ」を設けています。これは、民間工場としては日本初の試みです。
さらに、蒸溜所の敷地内だけでなく、約180ヘクタールにわたる周辺の森で、森林保護活動を続けています。

豊かな森を守ることが、質の高い水を守ることに、そして、世界に誇るウイスキーをつくり続けるための環境を守ることにつながっているのです。

白州蒸溜所は、所内のガイドツアーを実施しており、森と調和したウイスキー造りを、実際に体感することができます。ウイスキー好きなら、一度は訪ねてみたいものですね。

森に育てられたシングルモルトとして、世界でも脚光を浴びる「白州」。新緑の季節に、ぜひ、飲みたい逸品です。

※「白州 12年」は現在、販売休止中です。

製造元:サントリー
公式サイトはこちら

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識