ウイスキーの原酒ってどんなもの?

ウイスキーの原酒ってどんなもの?
出典 : El Nariz/Shutterstock.com

ウイスキーをより深く知るために知っておきたいのが、原酒の種類と、シングルモルト、ブレンデッドウイスキーの違いです。それぞれの特徴を理解すれば、ウイスキー選びにも役立つこと間違いなし。奥深いウイスキーの世界を知って、もっとウイスキーをたのしみましょう。

  • 更新日:

ウイスキーの原酒には2種類ある

Jozef Sowa/ Shutterstock.com

ウイスキーの原酒には、モルトウイスキー原酒とグレーンウイスキー原酒の2種類があります。これらの違いは、原料と製造方法にあります。まずモルトウイスキーは、麦芽(モルト)を発酵させて単式蒸留器で2回蒸留し、木製の樽で熟成したウイスキーです。スモーキーなフレーバーがあり、その強い個性から「ラウド・スピリッツ(声高な酒)」とも呼ばれています。

一方のグレーンウイスキーは、麦芽やトウモロコシ、ライ麦、小麦などを原料とし、連続式蒸留器で蒸留。さらに木製の樽で熟成したウイスキーです。モルトウイスキーよりも物静かな印象で、サイレント(静かな)スピリッツとも呼ばれています。

シングルモルトとブレンデッドウイスキーの違い

Maksim Fesenko/ Shutterstock.com

シングルモルト・ウイスキーとは、大麦からつくられるモルトウイスキーで、かつ単一の蒸留所でつくられたものをいいます。つくられる土地の風土や気候が味に影響するため、蒸留所ごとに個性が出るのが魅力です。

ブレンデッドウイスキーは、グレーンウイスキーという穀物からつくるグレーンウイスキーをベースにして、モルトウイスキーを数十種類混ぜてつくられるのが特徴。それぞれのウイスキーの長所をうまく引き出した味わいがたのしめるほか、シングルモルトよりも大量生産が可能なため、価格が手ごろな場合が多いのもうれしいポイントといえるでしょう。

ウイスキーの原酒の種類。そして、シングルモルトと、ブレンデッドウイスキーの違いを簡単に紹介しました。それぞれの違いに思いを馳せつつ、味わいの違いをたのしんでみてくださいね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識