ウイスキーの「シングルモルト」について学ぶ

ウイスキーの「シングルモルト」について学ぶ

各蒸留所の考え方や個性がストレートに味わえるのがシングルモルトのよさ。原料、環境、年月をかけて造られた複雑な味わいをよりしっかり味わえるウイスキーの種類のひとつです。

  • 更新日:

シングルモルトとはどんなウイスキーか?

Razoomanet/ Shutterstock.com

ウイスキーは主に、大麦麦芽のみで作る「モルトウイスキー」と、大麦麦芽にトウモロコシや小麦などの穀物を加えて作る「グレーンウイスキー」とに分けられます。

前者のモルトウイスキーのなかでも、ひとつの蒸留所で作られたウイスキーのみを瓶詰したものが“シングルモルト”。単一の蒸留所でつくられた原酒を瓶詰したボトルは、当然のことながら蒸留所の個性が色濃く反映される一本に。もともと伝統的なスコッチは基本的にはすべてがシングルモルトでしたが、製造技術の進化でグレーンウイスキーがつくられるようになるとモルトウイスキーとグレーンウイスキーをまぜたブレンデッドウイスキーが誕生。これを機に飲みやすいブレンデッドが世界中に広がっていきましたが、時計の針は一巡して元に近い所まで戻り、現在は個性の際立ったシングルモルトがウイスキー通に好まれています。近年のウイスキー人気を支えているのが、この“シングルモルトブーム”です。

スコッチのシングルモルトを味わう~ザ・マッカラン

blaskor/ Shutterstock.com

現在のシングルモルトブームを牽引しているのはやはり、元祖ともいえるスコッチのシングルモルト。その代表的な銘柄のひとつが、スコッチ最大の生産地・スペイサイドの名酒「マッカラン」です。マッカランはウイスキーが密造されていた18世紀後半から創業者一族の領地で収穫した大麦を使ってモルトウイスキーを製造。その後、1824年にザ・グレンリベットに続いて政府公認第二号蒸留所として正式に創業すると、スペイサイドモルト特有の華やかな味わいと香りで世界中のウイスキー愛好者たちの憧れとなりました。マッカランは自社の農地で作られる独自の大麦を原料にしたり、自社で管理する森林で生育したオーク材でつくった樽をシェリーの熟成樽に使用したあとにウイスキー樽に転用したりするなど、製造工程ひとつひとつに強いこだわりを持っていることでも知られています。

徹底した“マッカラン流”からうまれたシングルモルトは、赤みがかったリッチな琥珀色、濃厚なシェリーとドライフルーツの香り、芳醇でスイートな味わいを持ち、“シングルモルトのロールスロイス”と評されています。

スコッチのシングルモルトを味わう~ザ・グレンリベット

mandritoiu/ Shutterstock.com

1824年に政府公認蒸留所のライセンスを一番に獲得し、以降一貫してモルトウイスキーの代名詞となった「ザ・グレンリベット」。グランピアン山脈などがもたらす冷涼な気候、良質な湧き水、豊富なピートといったウイスキーづくりに適した自然環境を持つスペイサイドに蒸留所を置き、このエリアならではの華やかで上品、かつバランスのとれたシングルモルトを作り続けています。個性が際立つことが良しとされるシングルモルトの世界ですが、ザ・グレンリベットは万人に愛される洗練された味わいで、初心者から愛好者まで幅広く愛されています。

自分好みのシングルモルトを見つけて、ストレートやロックでゆっくり味わいたいですね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識