こだわりのそば焼酎は長野で探そう!

こだわりのそば焼酎は長野で探そう!

  • 更新日:

長野のそば焼酎

neconion/ Shutterstock.com

信州グルメと言えば、やっぱり「そば」ですよね。 長野県は冷涼な気候が栽培条件に適していることから、良質のそばが生産されています。その生産量も全国で4位(2016年産そばの都道県別収穫量及び割合による/農林水産省)にランクインし、また、江戸時代の俳句集にそばに関する記録があるなど、古くから「信州そば」として全国的にも知られています。

ところで、そば焼酎を飲んだことがありますか? そば焼酎はそばの実を主原料とし、ほのかにそばが香る、さっぱりした口当たりが特徴です。

ほかの焼酎に比べ、じつは歴史が浅いそば焼酎。1973年、宮崎県の「雲海酒造」がそばを原料としたそば焼酎「雲海」を日本で初めて販売しました。現在は、九州地方以外にも北海道や岩手、茨城、兵庫といった全国の「そば処」でも生産されています。

宮崎県に遅れること数年、長野県でもそば焼酎が誕生しました。
北を浅間山連峰、東を関東山地、西を八ヶ岳連峰で囲まれ、その中央を雄大な千曲川が流れる佐久盆地。ここに蔵を構える橘倉酒蔵が1975年、そば焼酎「峠」を販売開始。いまでは長野県佐久市は、そば焼酎造りが盛んな地域として知られています。

ほかの焼酎と同じようにストレートやロック、水やお湯で割ってもいいのですが、そば焼酎にはもうひとつ、特別な飲み方があります。おそば屋さんで最後に出されるそば湯(そばを茹でた時にできる、白くとろみのあるお湯)で割っても、風味が倍増し、よりそばの味わいをたのしめます。

コンクールの優勝経験多数の実力派「天山戸隠」

finallast/ Shutterstock.com

千曲川にほど近い長野県佐久市に1887年に創業された醸造元。蔵のシンボルである花の名前を冠した清酒「金宝芙蓉」でも知られています。信州そば焼酎「天山戸隠」は、清酒蔵ならではのきめ細かい技術を用いて醸した一本。そばのほのかな香りと柔らかな味わいは、全国酒類コンクールでも優勝したほどの折り紙付きです。

天山戸隠の詳細はこちら
http://www.fuyou.org

オーク樽で貯蔵熟成した「極上しな野」はコクが決め手

Kondor83/ Shutterstock.com

風光明媚な長野県佐久市に蔵を構え、酒造業の歴史は江戸時代にまでさかのぼります。酒造好適米である「美山錦」を自家精米して使用した日本酒「千曲錦」はベストセラーブランドです。そば焼酎「極上しな野」はそばを約80%使用した、芳醇な味と香りが自慢。オーク樽で貯蔵熟成し、まろやかでほんのり甘みのある口あたりに仕上がっています。お湯割り、またはそば湯で割って飲むのがおすすめです。

極上しな野の詳細はこちら
http://www.chikumanishiki.com/

芳醇な香りの「峠 40°」はストレートで味わいたい

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識