賞味期限のないウイスキーをおいしく保存する方法

賞味期限のないウイスキーをおいしく保存する方法
出典 : Romanno/Shutterstock.com

  • 更新日:

ウイスキーに賞味期限がない理由

Igor Normann/ Shutterstock.com

かなり以前に買ったウイスキーが棚の中にある…という人も少なくないのではないかと思います。果たして、ウイスキーには賞味期限があるのでしょうか?

じつはウイスキーには賞味期限がありません。ウイスキーは蒸溜をしたアルコール度数の高いお酒のため、未開栓で保存状態が良ければ、長期間品質を保つことができるのです。

また、ウイスキーはワインなどと違ってビンの中で熟成が進むことはありません。かなり時間が経ったウイスキーを飲んでも体に害を及ぼすことはありませんが、古いウイスキーを開栓したら、まずは色や違和感がないかを確認してから飲みましょう。

また、コルク栓を使ったウイスキーの場合、長期保存によりコルクが劣化して中身が蒸発したり、漏れたりしてしまうこともあります。瓶は立てて保存し、なるべく早めにいただきましょう。

栓を開けていないボトルの保存

Leszek Czerwonka/ Shutterstock.com

開栓したウイスキーを保存するときは、その芳醇な香りと風味を失わないよう、細心の注意を払いたいものです。ウイスキーの品質を劣化させてしまう主な原因は、酸素や紫外線に触れることと、大きな温度変化。保存する際も、この点に注意することが大切です。

まず、ウイスキーを開けずに保存する場合は、直射日光の当る場所や温度が高くなる場所は避けることがポイントです。また、湿気の多い所や臭気の強いものがある場所も避け、コルク栓の収縮を防ぐために瓶は立てて保存しましょう。

中には、購入した際に箱に入っている場合もあると思います。ウイスキーの箱は紫外線を防ぐようにできていますので、基本的には箱に入れたまま保存しましょう。箱がない場合は、アルミホイルなどでビンを包んでから保存すれば、紫外線を防いで急激な温度変化の防止にもなります。

封を開けたら気を付けること

ZRyzner/ Shutterstock.com

開栓してから保存する場合は、未開栓の時と同じ保存方法を守りつつ、さらに不活性ガスをシュッとビンに吹き付けることで酸素とウイスキーを切り離す「プライベート・プリザーブ」 を使用するのも一つの手でしょう。このプライベート・プリザーブはワインや調味料などにも使えますので、一家に1つ備えておくと、何かと役立ちます。

また、長期間保存したい場合は、ワインの保存にも使用するパラフィルムでボトルの栓の周りを巻くことで、保存状態がかなりよくなります。こちらはバー等でも使われている手法なので、貴重なボトルを持っている人は試す価値があります。

おいしいウイスキーを手に入れた場合、開栓したら早めに飲む、飲むまでに時間がある場合は正しく保管して、蒸留所で造られたときの香りや味わいをしっかり感じられるようにしたいですね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識