クラフトビール王国ポートランドでオススメのマイクロブルワリー

クラフトビール王国ポートランドでオススメのマイクロブルワリー

  • 更新日:

クラフトビール王国ポートランド

アメリカ、オレゴン州にある都市ポートランド。全米でもっとも住みやすい都市(「マネー」2000年、「メンズジャーナル」2006年より)に選ばれています。数々のショップが並ぶダウンタウンから1時間以内に、ワイナリー、キャンプやスキーなどアウトドアがたのしめる大自然が広がり、都会の生活も大自然も満喫できる、人や環境にやさしい、今注目の都市です。

このポートランド、じつは「世界のBESTビール都市」第1位(Beer Connoisseur誌)になったこともあるビール王国。市内に70カ所以上の醸造所があり、そのほとんどがマイクロブルワリー(小規模醸造所)です。ポートランドの郊外は農地とファーム、深い自然に囲まれ、都会でありながら農産物が豊富な都市。だから麦やホップ、水など良質な素材が豊富に手に入ります。地元のものを使って地元で作る地産地消のコンセプトがポートランドに根づいているのも、地元産のクラフトビールが多数誕生している理由でしょう。

アメリカのビールスタイルとポートランド

MaxyM/ Shutterstock.com

アメリカのビールといえば、飲みやすい淡色のピルスナースタイルのライトビールを思い浮かべる人が多いでしょう。実際、アメリカで親しまれているビールは、喉ごしがよく苦味も少ない下面発酵ビール(ラガー)のピルスナーです。バドワイザーやミラーなどの大手ビール会社が造るビールがそれです。

しかし、近年ではマイクロブルワリーが国内に2000以上誕生し、特徴のあるクラフトビールが人気を集めています。

中でも、ポートランドのクラフトビール市場はアメリカ最大。市内にもビア・パブが多数あり、春から夏にかけてはビールイベントも各地で開催され大変にぎわいます。ポートランドの醸造所の数や多様な味わいに「ビアバーナ(ビール天国)」というニックネームまでついているそうです。

ポートランドのマイクロブルワリー

Joshua Rainey Photography/ Shutterstock.com

マイクロブルワリーがひしめくポートランド。数ある中からいくつか紹介します。

◆ブリッジポート・ブルーイング/
オレゴン州の中でも長い歴史のある1984年にオープンしたブルワリー。19世紀の元工場の建物を改装した建物内には、レストランとバーエリアがあります。

◆ヘア オブ ザ ドッグ ブルワリー/
店名は「二日酔いの迎え酒」の意味。アルコール度数の高いボトル熟成のビールが有名で、ファンの多いブルワリーです。2010年にテイスティングルームを設け、行列のできる店として有名です。

◆ホップワークス・バイクバー/
2008年に誕生したブルワリーは、オーガニックビールを醸造。醸造所やパブ内は100%再生エネルギーを利用しています。パブでは、2台設置された固定自転車のペダルを漕ぐと、店内に電力を供給できる仕組みです。

このほか気になる多数のブルワリーがあるポートランド。ブルワリーを巡るツアーに行ってみたくなりますね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識