石川のビール【金沢百万石ビール】わくわく手づくりファーム川北が麦から手づくりするご当地ビール

石川のビール【金沢百万石ビール】わくわく手づくりファーム川北が麦から手づくりするご当地ビール
出典 : Alter-ego / PIXTA(ピクスタ)

「金沢百万石ビール」は、石川県の農業法人わくわく手づくりファーム川北が麦作りから手掛けるこだわりの地ビール。北陸の旨味がたっぷり詰まっています。ここでは、造り手の基本情報やビール造りのこだわり、「金沢百万石ビール」のおすすめ商品などを紹介します。

  • 更新日:

「金沢百万石ビール」は、平成24年(2012年)に販売がスタートした石川県の地ビールブランドです。その魅力をみていきます。

「金沢百万石ビール」は農業法人が手掛ける手造りビール

「金沢百万石ビール」は農業法人が手掛ける手造りビール

NOV / PIXTA(ピクスタ)

「金沢百万石ビール」は、石川県の農業法人わくわく手づくりファーム川北が原料の麦作りから手掛ける完全手造り地ビール。まずは、造り手の基本情報を紹介します。

「金沢百万石ビール」開発のきっかけは北陸新幹線

「金沢百万石ビール」を造るわくわく手づくりファーム川北は、加賀平野を流れる手取川右岸の扇状地に広がる石川県能美郡川北町で、異業種交流会のメンバーが平成10年(1998年)に立ち上げた農業法人。減反や農村の過疎化が進むなか、地域の活性化をめざして誕生しました。

当初は地ビールを細々と製造していましたが、北陸新幹線長野・金沢間の開業を見据えて高機能性ビール「金沢百万石ビール」を開発。北陸の特産物である六条大麦を使ったビールは、年間10万〜15万本を販売する大ヒット商品となりました。

一般的にビール造りに使用される二条大麦は、寒さに弱いのが難点。そこでわくわく手づくりファーム川北では、麦茶用に栽培されていた石川県名産の六条大麦の使用に舵を切ります。国産の六条大麦はビール原料には不向きと考えられていたなか、独自技術で量産化に成功。農林水産省六次産業のモデル事業としても注目を浴びています。

「金沢百万石ビール」は地元産ビール麦から醸造

わくわく手づくりファーム川北の地ビールは、「麦から手づくり」にこだわっています。「金沢百万石ビール」の原料である六条大麦をはじめ、ビール造りに使われるビール麦や副原料のお米などは、地元の契約農家や自社スタッフが休耕田を利用して栽培。わくわく手づくりファーム川北の施設にあるビールプラントで地ビールを醸造しています。

「金沢百万石ビール」の人気の秘密は低農薬の地元産原料とおしゃれなラベル

「金沢百万石ビール」の人気の秘密は低農薬の地元産原料

Alexander Chaikin / Shutterstock.com

「金沢百万石ビール」は、多くのビール好きに愛されています。その理由をみていきます。

「金沢百万石ビール」の原料は低農薬で安心

「金沢百万石ビール」の原料は、白山の麓で栽培される低農薬のビール麦。副原料のお米も同様に、地元産の低農薬コシヒカリを使用しています。
ていねいに育てられた国産の六条大麦と、ワンストップで醸造を行えるシステムが、品質面でも衛生面でも安心感を生み、ビールの味わいを支えています。

「金沢百万石ビール」はおしゃれなラベルもポイント

「金沢百万石ビール」は、デザイン面でも好評価を得ています。

2021年に旅行情報誌『じゃらん』(リクルート)が行った、ラベルがおしゃれな「ご当地クラフトビール」ランキングでは、「金沢百万石ビール」のラベルが第2位に選ばれました。

銘柄ごとに色合いが異なるカラフルなラベルはスタイリッシュな雰囲気を漂わせ、ビールを堪能するたのしみをよりいっそう引き立ててくれそうです。

(参考記事)
『じゃらん』ラベルがおしゃれな「ご当地クラフトビール」ランキング

「金沢百万石ビール」のおすすめラインナップ

「金沢百万石ビール」ラインナップ

Viiviien / Shutterstock.com

「金沢百万石ビール」のおすすめ商品を紹介します。

金沢百万石ペールエール

「金沢百万石ビール ペールエール」は、手づくり麦芽の旨味がダイレクトに味わえる人気の1本。琥珀色のビールは泡までおいしく、香ばしい香りやキレのよさも魅力です。

金沢百万石コシヒカリエール

「金沢百万石コシヒカリエール」は、石川県産のコシヒカリと六条大麦を使用した、黄金色に輝くビール。ほのかに香るお米のやさしい香りとスッキリとしたのどごしは、ビールが苦手な人にも親しまれています。

金沢百万石ダークエール

一般的なスタウトに比べて苦味が控えめで、あっさりした後味が特徴。赤ワインやバルサミコ酢を使ったデミグラスや、醤油を焦がした照り焼きなど、肉料理によく合います。グラスに注いだときにできるクリーミーな泡も魅力です。

金沢百万石ヴァイツェン

川北町産六条大麦と小松市産小麦を自社で麦芽にして醸造。バナナを想わせるフルーティーな香りとほのかなクローブの香りが特徴で、シルキーなのどごしをたのしめます。

金沢百万石IPA(インディア・ペールエール)

「金沢百万石ビール」は缶入り商品も人気です。
モルトもホップも通常の倍以上を使用した「金沢百万石IPA」は、柑橘と松脂のアロマがストレートにたのしめる濃褐色のビールです。
ホップはシトラ、カスケード、センテニアル、コロンバスの4種を使用。スパイシーな料理と合わせて、柑橘系の香りとIPAらしい苦味を堪能してください。

わくわく手づくりファーム川北では、ここで紹介した「金沢百万石ビール」のほかにも、「加賀棒茶エール」や「WHITE BEER」など、さまざまなビールを製造・販売しています。地域限定品や数量限定品もありますが、機会があったら飲み比べてみてくださいね。

「金沢百万石ビール」は、自家製ビール麦にこだわり、安心と飲みやすさをめざした地ビール。六条大麦を使った珍しい味わいを、ぜひ試してみてください。

製造元:農業法人有限会社わくわく手づくりファーム川北
公式サイトはこちら
オンラインショップはこちら
公式Facebookページはこちら

おすすめ情報

関連情報

ビア検(日本ビール検定)情報

ビールの基礎知識