火を使わないので暑い季節にぴったり「レンジで簡単スパサラ」

火を使わないので暑い季節にぴったり「レンジで簡単スパサラ」

【カンタンおつまみレシピ】ささっとおつまみを一品追加したい時には、レンジでパスタをゆでてみましょう。今回は、ゆでたパスタと和えるだけの2種類のスパサラを紹介します。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも参考にして!

  • 更新日:

レンジでパスタをゆでる時は加熱時間がポイント

おうちごはん用に手軽な乾麺のパスタを常備している方も多いでしょう。ですが、暑い季節にパスタをゆでるために湯を沸かすのはちょっと億劫になりますよね。そんな時はレンジを活用しましょう! 今回は耐熱保存容器を使用して、ゆでる、和える、作り置きまでできちゃうスパサラを紹介します。おつまみからふだんのランチまで応用がきくので、レンジの加熱ルールを覚えておくと便利ですよ。ぜひ挑戦してみてください。

材料と作り方

【材料/おつまみで1〜2人分】

スパゲティ…60g
水…500ml
塩…小さじ1
明太子…1本(1/2腹分)
マヨネーズ…大さじ2
醤油…少々
オリーブオイル…適量
大葉、ミョウガなど…適量

【作り方/15分】

【1】耐熱容器に水、塩、半分に折ったパスタを入れ、軽く混ぜたら、600Wのレンジでパスタのゆで時間+5分で加熱する。※この水分量でパスタ100gぐらいまでゆでられます。

材料と作り方

水分量(500ml)とパスタのゆで時間+5分の加熱ルールを覚えておきましょう。

【2】加熱している間に、明太子をほぐしてボウルに入れ、マヨネーズ、醤油と混ぜる。

【3】ゆで上がったパスタをざるにあげ、水気を切る。【2】に加えて混ぜる。

【4】器に盛り付け、オリーブオイルをかけ、お好みで千切りにした大葉やミョウガ、くし形切りにしたレモンなどの薬味を添えて出来上がり!

【アレンジ】

アレンジするなら、ツナたまごのスパサラを。ゆでたパスタに油分を軽く切ったツナ缶や粗みじん切りにしたゆでたまご、軽く塩もみした輪切りのきゅうり、マヨネーズなどを加えて混ぜるだけ。ミニトマトやコーン缶、角切りにしたチーズなど、お好きな食材を加えて作ってみてください。

材料と作り方

あと一品欲しいという時にも便利な、ツナたまごのスパサラ。

【関連記事】

明太子を使ったおつまみレシピ
https://tanoshiiosake.jp/search?word=%E6%98%8E%E5%A4%AA%E5%AD%90

お酒に合わせたアレンジ

ビールに合わせるなら

フライドオニオンやフライドガーリックをトッピングしても。

日本酒に合わせるなら

醤油をポン酢に代え、隠し味に柚子胡椒をきかせても。

ワインに合わせるなら

レモンを搾って香りよく仕上げてみましょう。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードスタイリストとして、テレビや雑誌、新聞、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は「turkフライパンクックブック」「使いやすい台所道具には理由がある」(共に誠文堂新光社)など。
2022年 フード イベントカレンダー【全国版】

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事