揚げたて熱々が醍醐味!「自家製フライドポテト」

揚げたて熱々が醍醐味!「自家製フライドポテト」

【カンタンおつまみレシピ】熱々の状態で食べられるのがおうちおつまみの醍醐味ですよね。フライドポテト(フレンチフライ)は、買ってくるのもよいですが、ぜひおうちで作って揚げたてを味わってみませんか? ビール、日本酒、ワインによく合うアレンジのコツも紹介します!

  • 更新日:

オイルとスパイスの組み合わせで、アレンジも自在!

フライドポテトはお店で食べるもの、テイクアウトして食べるもの、または冷凍のものを加熱して食べるもの、といったイメージがありますが、じつは生のじゃがいもからおうちでカンタンに作れちゃいます。一度作り方さえマスターしてしまえば、オイルとスパイスの組み合わせで、そのときどきのお酒に合わせたポテトをたのしめるので、お酒を準備しながら作り、熱々で乾杯してみてください!

材料と作り方

【材料/2~3人分】

じゃがいも…2〜3個
ニンニク…3かけ
ハーブ…適量 ※タイムやローズマリーなどを2枝ほど
オリーブオイル…適量 ※サラダ油などでもOK
塩…適量
ライムやレモン、サワークリームなど…適量

【作り方/25分】

【1】じゃがいもはよく洗い、キッチンペーパーでしっかり拭いて、皮付きのまま1センチ強の角切りにする。

【2】鍋に【1】のじゃがいも、皮をむいたニンニク、ハーブ(今回はタイム使用)を入れて、その上からひたひたになる程度にオリーブオイルを注ぐ。

材料と作り方

オリーブオイルの量は、写真のように材料がひたる程度が目安です。

【3】火にかけて中〜弱火で、ときどきかき混ぜながら、18〜20分ほどゆっくり揚げていく。※ある程度時間が経過したら、じゃがいもを一つ取り出してみて、竹串がすっと通ればOKです。

【4】油をよく切り、塩をふる。お好みでライムやレモン、サワークリームなど添えて出来上がり!

【アレンジ】

アレンジするなら、サラダ油+ゴマ油で風味よく揚げ、山椒塩をふり、すだちを添えた和風バージョンを作ってみましょう。

材料と作り方

オイルとスパイスを工夫して、お酒に合わせたアレンジをたのしんで。

お酒に合わせたアレンジ

ビールに合わせるなら

ニンニクを多めに入れて作り、チリパウダーや黒胡椒をふりかけて。

日本酒に合わせるなら

山椒塩のほか、わさび塩や藻塩、柚子胡椒マヨネーズなどと合わせてみましょう。

ワインに合わせるなら

ちょっぴりおしゃれにトリュフ塩を添えてもよいですね。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードスタイリストとして、テレビや雑誌、新聞、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は「turkフライパンクックブック」「使いやすい台所道具には理由がある」(共に誠文堂新光社)など。
2022年 フード イベントカレンダー【全国版】

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事