京都初のウイスキー蒸溜所から生まれた「京都ウイスキー」がアメリカ最高峰コンペティションで高評価を獲得

京都初のウイスキー蒸溜所から生まれた「京都ウイスキー」がアメリカ最高峰コンペティションで高評価を獲得

京都酒造(京都府船井郡)の「京都ウイスキー西陣織紫帯」が、アメリカで開催された蒸溜酒コンペティションUSC(Ultimate Spirits Challenge)2021において92点評価を獲得し、ファイナリストに選出されました。

  • 更新日:

「京都ウイスキー」西陣織シリーズより、紫帯がファイナリストに

「京都ウイスキー」西陣織シリーズより、紫帯がファイナリストに

京都酒造(京都みやこ蒸溜所)の「京都ウイスキー西陣織紫帯」が、アメリカで開催された世界的な蒸溜酒のコンペティションである、USC(Ultimate Spirits Challenge)2021において92点評価を獲得し、ファイナリストに選出されました。

今回ファイナリストとなった「紫帯」は、確かなモルトの香味に、スモーキーさと甘みでバランスの良さが演出された蒸留酒。卓越したブレンド技術により、厳選されたモルト原酒本来の味わいを感じることができます。
そしてもう一つの魅力は、一枚ずつ手作業で職人が作成したという、存在感抜群の京都西陣織ラベル。ウイスキーと京都伝統工芸の素晴らしさを同時に堪能できる、なんともおしゃれで贅沢な一品です。

USC(Ultimate Spirits Challenge)とは

USC(Ultimate Spirits Challenge)とは

USC(Ultimate Spirits Challenge)は、ニューヨークに基盤を置き、ウイスキー評論の世界的権威である F.ポール・パカルト氏が創始者、かつ審査委員長を務める蒸溜酒コンペティション。ウイスキー、スピリッツ評論家によって審査員が構成され、世界的なブラインド審査を経て最高評価を獲得した製品は、その製品カテゴリーにおいて最高の一品とみなされる世界的な品評会です。

京都みやこ蒸溜所について

京都みやこ蒸溜所について

京都酒造の京都みやこ蒸溜所は、京都府の中部に位置する丹波高原の広大な自然に囲まれた京丹波町にあります。「酒造りを通じて日本から世界へ」を経営理念とし、5年後、10年後も愛される企業を目指し挑戦を続けているという京都みやこ蒸溜所。SNS、Facebook Liveでは、臨場感あふれる「京都みやこ蒸溜所バーチャルツアー」が開催され、蒸溜所設備や製造工程等をライブでたのしむことができます。
なかなか遠出がしづらい今、ちょっとした旅行気分とともに新しいウィスキーの世界を体験してみてはいかがでしょうか。

商品概要

京都ウイスキー西陣織 紫帯

商品概要

価格:4,950円(税込)
容量:700ml
アルコール度数:43%

 

京都ウイスキー西陣織 黒帯

商品概要

価格:4,400円(税込)
容量:700ml
アルコール度数:46%

 

京都ウイスキー西陣織 赤帯

商品概要

価格:1,980円(税込)
容量:700ml
アルコール度数:40%
※現在、販売は京都府限定です。

会社情報

京都酒造は、長老ケ岳をはじめとする山々に囲まれた丹波高原にあり、蒸溜所のすぐそばには鮎の漁場として知られる由良川が流れる自然豊かな環境でウイスキー造りを行っています。

「ジャパニーズウイスキー」や「日本」というブランド力では無く、味・品質で世界に勝負することを標榜し、京都で初めてのウイスキー蒸溜所「京都みやこ蒸溜所」を運営。

会社名:京都酒造株式会社
所在地:京都府船井郡京丹波町坂原南林11番

>> 会社ホームページ
>> Facebook
>> Instagram
>> Twitter

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識