【ついに実現した日本酒製造の新規参入!】こだわりの酒造りで挑戦を続ける代表の思いとは

【ついに実現した日本酒製造の新規参入!】こだわりの酒造りで挑戦を続ける代表の思いとは

日本酒およびその他の醸造酒の製造免許を新規に取得し、2021年12月から酒づくりを開始したLAGOON BREWERY。清酒製造免許が輸出限定ながら解禁されたことを機に老舗酒蔵の社長から転身した田中代表の、日本酒への熱い思いをお届けします。

  • 更新日:

規制緩和を機に一念発起!日本酒製造における新たな歴史の幕開け

規制緩和を機に一念発起!日本酒製造における新たな歴史の幕開け

酒蔵が生まれた自然豊かな福島潟

日本酒業界では、日本酒の製造免許を新規で取得することが法的な要件から実質的に不可能だったため、ながらく新規参入がほぼない状態が続いていました。
そんな中、当時新潟市にある老舗酒蔵の社長を務めていたLAGOON BREWERYの田中代表は、「新規参入の波が起きれば日本酒はもっと楽しくなる!」常にそう感じていたといいます。そして2021年4月、マーケットが拡大している”海外向け”であれば日本酒製造免許を新規で取得できる規制緩和が。これを機に田中代表は、日本酒業界における新規参入の流れを促進すべく老舗酒蔵の社長を退任し、自ら新しい酒蔵を創業しました。自然豊かな潟のほとりにたたずむ小さな酒蔵。LAGOON BREWERYの誕生です。

思いの詰まったこだわりの酒を日本国内でも

規制緩和がされたとはいえ、許されているのは“輸出用”の日本酒製造のみ。そのため、LAGOON BREWERYで造られる日本酒は日本国内で販売することはできません。
しかし、「国内の皆さまに期待を持っていただきたい!」そんな思いから『その他の醸造酒』という酒類の製造免許を取得した田中代表。この製造免許では、日本酒の祖先とも言うべき『どぶろく(にごり酒)』や、日本酒づくりの工程の中で原料や製法に創意工夫を凝らしたユニークで多様なお酒(SAKE)を造ることができ、国内でも販売が可能です。

思いの詰まったこだわりの酒を日本国内でも

LAGOON BREWERYの新銘柄「翔空」

LAGOON BREWERYで大前提としているのは、米麹を自社で造ること。そして、米や米麹を主な発酵原料とすること。そんな情熱とこだわりから生まれる日本酒をベースとして、国内向けには『その他の醸造酒』にカテゴライズされるSAKEが、海外向けにはそれに加えて日本酒が、展開されます。

より自由な日本酒製造の実現に向けて

より自由な日本酒製造の実現に向けて

田中代表が見据えるのは、自社が作った日本酒を日本でもたのしんでもらうことができる未来です。「日本酒については国内で飲むことができない現状を多くの方に知っていただくことでムーブメントのキッカケをもたらし、いつの日か、日本国内でも販売できる日本酒製造免許が取得できる日が来るよう寄与していきたいです」。
そう語る田中代表。夢の実現に向けたLAGOON BREWERYの酒造りは、これからも続いていきます。

会社概要

会社名:LAGOON BREWERY合同会社(ラグーン・ブリュワリー)
所在地:新潟県新潟市北区前新田乙576−1
代表者:田中洋介
設立年:2021年
>> 会社ホームページ
事業内容:酒類製造(日本酒・その他の醸造酒)

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識